東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
60ギガバイトの大容量を実現した2.5型薄型磁気ディスク装置の発売について

2002年4月9日

2.5型薄型磁気ディスク装置「MK6021GAS」

 当社は、2.5型で厚さ9.5ミリメートルの薄型磁気ディスク装置の新製品として、60ギガバイトの大容量を実現した「MK6021GAS」を開発・商品化し、5月末から量産を開始します。

 新製品は、新開発の高感度ヘッドを搭載することなどによって、磁気ディスク装置として世界最高の面記録密度75.5メガビット/平方ミリメートル(48.8ギガビット/平方インチ)を達成しています。これらによって、新製品は、ディスク1枚で30ギガバイトの記憶容量を実現しており、ノートPCなどのモバイル機器の内蔵ストレージに求められる薄型軽量化と大容量化を両立した記憶装置です。
 また、新製品は、流体軸受モータの採用などにより、アイドル時平均24dBと静音化を図っています。さらに、プリント基板材料には焼却時にダイオキシンの発生を抑制するハロゲンフリー基板を、プリント基板への実装には鉛フリーはんだを採用するなど、地球環境に配慮した設計です。

新製品の概要

新製品の概要

新製品の主な特長

  1. 世界最高の面記録密度を達成

    メディアや信号処理技術、サーボ技術などでの要素技術開発とともに、新開発の高感度ヘッドを搭載することによって、磁気ディスク装置として世界最高の面記録密度75.5メガビット/平方ミリメートル(48.8ギガビット/平方インチ)を達成しました。この技術により、2.5型のディスク1枚あたり30ギガバイトの大容量を実現しました。

  2. 静音化設計

    流体軸受モータの採用など、動作振動を抑制する設計により、アイドル時平均24dBと静音化を図っています。

  3. 環境に配慮した設計

    プリント基板材料として、焼却時にダイオキシンの発生を抑制するハロゲンフリー基板を採用するとともに、プリント基板への実装には鉛フリーはんだを採用するなど、地球環境に配慮した設計としています。

  4. 高い耐衝撃性

    非動作時7,840m/s(800G)の高い耐衝撃性を実現しており、各種モバイル機器などの利用にも適しています。

  5. 薄型軽量設計

    本体の厚さ9.5ミリメートル、質量99gと薄型軽量設計としています。

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様

お問い合わせ先

お客様からの商品に関する
お問い合わせ先
ストレージデバイス事業部 TEL 03(3457)2445


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright