東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
最小・最軽量(*1)のボディに最大の画面と最高の性能を搭載したPocket PC「GENIO e」の発売について

2002年4月18日

東芝Pocket PC「GENIO e550G」
東芝Pocket PC「GENIO e550G」

 当社は、Pocket PCとして最小・最軽量*1のボディに、最大の4型低温ポリシリコンTFT液晶を搭載し、インテル社の最高速CPU「Intel(R) PXA250アプリケーション・プロセッサ 400MHz」を採用することで、基本機能を大幅に向上したPDAの新製品「GENIO e550G」など2機種を商品化し、5月下旬より発売します。

 新製品は、Pocket PCとしては最小(125mmX76.5mmX15.9mm)・最軽量(約170g)*1のコンパクトなボディに、当社独自開発のフロントライト付き4型低温ポリシリコンTFT液晶を搭載しており、動画やインターネットの画面などを屋内外を問わず鮮明に再現できます。従来モデルと比べて、約1.3倍となる大画面は業界最大で、見やすく、入力もしやすくしています。
 また、「Intel(R) PXA250 アプリケーション・プロセッサ400MHz」は、携帯機器用としては現在最高速で、OSやアプリケーションソフトの動作が速くなるほか、マルチタスク処理時も快適に操作することができます。
 さらに、別売りの「バッテリ拡張ユニット」を使用すれば、本体と併せて最大約20時間*2(CPUを400MHzで駆動させた場合。200MHz駆動時は約25時間)の連続使用が可能となるほか、同じく別売りの「PCカード拡張ユニット(バッテリ付き)」を装着して、本体と合わせて3スロットを同時に使用することで、拡張性をさらに高めることができます。「GENIO e550G」は、USBホスト機能も搭載しており、「FOMA」電話機などとも接続できます。

 新製品のソフトウェアは、Personal JavaTM にも対応し、JavaTMで開発されたゲームやコンテンツを楽しむことができます。また、標準アプリケーションの他、地図データ「モバイルアトラス for GENIO e」や、i-modeサイトの閲覧やi-アプリを動作させる「i-navigator」、「i-enabler」、Macromedia Flash向に作成されたコンテンツを再生する「Flash Player」など、ビジネスからエンターテイメントまで、豊富に内蔵・バンドルしています。

 なお、当社は4月27日より5月26日まで、「今だけ!ご予約プレゼントキャンペーン」を実施します。期間中に「GENIO e550G」、「GENIO e550G/MD」のいずれかを店頭にて予約したユーザにもれなく、FIFATM公認サッカーゲーム「FIFA 2002 Pocket PC 日本語版」をプレゼントします。

*12002年4月18日現在、日本国内販売のPocket PCにおいて
*2フロントライトOFFで、新規メモ画面を連続して表示した状態、周囲温度が25℃の場合

新製品の概要

新製品の概要
* 1GB マイクロドライブTM搭載モデル

新製品の概要

新製品の主な特長

  1. 明るく見やすい大画面4型低温ポリシリコン液晶ディスプレイ搭載

    当社独自の大画面4型低温ポリシリコン液晶ディスプレイは、アモルファス(非晶質)シリコンに比べ、画素の開口率を高くすることが可能なため、美しく明るい高精細な画像を再現します。また、シリコン多結晶の基板で形成される低温ポリシリコン液晶ディスプレイは、電子の移動速度が速いため、液晶画面を制御する周辺回路の主な部分をガラス基板上に直接形成できるという特長があります。このため、接続ピン数を大幅に削減して信頼性の向上を図るとともに、接続部を1辺に集めて、3辺フリー設計を採用することが可能となり、周縁部がスッキリとした洗練されたデザインとなっています。Pocket PCとしては最大の4型画面を搭載することで、見やすさ・入力しやすさが格段に向上しました。

  2. 携帯性に優れた薄型・軽量ボディ

    従来モデルよりもさらに薄く(15.9mm)・軽量化(約170g)されたコンパクトなボディは、Pocket PCとしては最小・最軽量で、文字通り、毎日ポケットに入れてスマートに持ち歩くというスタイルを実現可能です。さらにオプションの拡張ユニットを装着した状態でもコンパクトな形状にできるため、拡張性と携帯性を両立することができます。
    2002年4月18日現在、日本国内販売のPocket PCにおいて

  3. 「Intel(R) PXA250アプリケーション・プロセッサ400MHz 」による高速処理能力

    現在、携帯機器用としては最高速の「Intel(R) PXA250アプリケーション・プロセッサ400MHz 」を搭載しており、ビジネスアプリケーションソフトやマルチメディア機能も軽快に使用できます。また、駆動クロック周波数を可変に設定できるほか、CPUの負荷に応じてクロック周波数を自動的に切り替えるオートモードも用意していますので、バッテリを重視する際には低クロック周波数で駆動させるなど、用途に合わせた使い方が選べます。

  4. SD*1とCF−IIの2スロットに加えて、PCカード拡張ユニット(別売り、バッテリ付き)を使用することで、PCカードにも対応し、拡張性を向上

    新製品はSD*1とCF-IIの2スロットを本体に内蔵し、優れた拡張性とネットワークへの高い親和性を実現しています。例えば、CF-II対応のPHS通信カードと、音楽ファイルを入れたSDメモリカード*2を組み合わせて使えば、音楽を聴きながら、ネットサーフィンやメールチェックをするなどインターネットへの接続を楽しむことができます。また、「PCカード拡張ユニット」*3(別売り、バッテリ付き)を使用することで、モバイルディスク(PCカード型)から読み出した資料を、RGB出力カード(CF-II対応)で液晶プロジェクターに接続してプレゼンテーションを行いながら、BluetoothTMSDカードをセットしてインターネットや社内メールへアクセス*4することも実現できます。
    *1「GENIO e 」のSDスロットは、SDIO規格にも対応しています。
    *2セキュリティ機能に対応した機器で暗号化されたデータは使用できません。
    *3PCカード拡張ユニットで使用可能なPCカードは、モデムカード・メモリカード/HDDカードなどです。動作確認済み機については、GENIO eホームページにてご確認ください。
    *4BluetoothTM内蔵の携帯電話などが必要となります。

  5. マイクロソフト社の最新OS「Microsoft(R) Pocket PC 2002 Software」を搭載。

    OSに、に搭載したマイクロソフト社の「Microsoft(R) Pocket PC 2002 Software」は、「Windows(R) XP」に準じた、親しみやすいインタフェースを持ち、パソコンと非常に親和性が高く、本体付属のクレードルでスケジュールや仕事、アドレス帳などの情報を、デスクのパソコンと自動的に同期させることができます。
    また、「Windows(R) Media Player Ver.8」によりビデオストリーミングを可能にするなど、ユーザーの利便性を向上しているほか、パスワードシステムの強化によるセキュリティ機能や、VPN(Virtual Private Network)のサポートによる、ワイヤレスLAN経由の社内データベースへのアクセスなど、企業向け機能も強化されています。また、ビジネスに必須の「Pocket Excel」、「Pocket Word」や「Pocket Internet Explorer」、MSNメッセンジャーサービスに対応した「MSN Messenger」も標準で搭載しています。

  6. 64MBの大容量メモリを搭載。

    PDAのメモリは、PCにおけるHDDと主メモリの両方の役割を果たしています。新製品は、64MBの大容量メモリを搭載することで、快適な操作性と、十分なデータ保存領域を確保しています。

  7. 内蔵バッテリで連続使用約10時間、バッテリ拡張ユニットで約20時間の連続使用を実現

    小型ながら長時間の使用を実現するアドバンストリチウムイオンバッテリを内蔵し、コンパクトなボディながら約10時間(CPUを400MHzで駆動させた場合。200MHz駆動時は約13時間)の連続使用を可能にしています。さらに、バッテリ拡張ユニット(別売り)を装着すると、内蔵バッテリと併せて約20時間(CPUを400MHzで駆動させた場合。200MHz駆動時は約25時間)の連続使用が可能で、モバイルの利用シーンを広げることができます。また、モバイルバッテリチャージャ(別売り)を使用すれば、外出中にバッテリが切れても乾電池で充電することができます。
    フロントライトOFFで、新規メモ画面を連続して表示した状態、周囲温度が25℃の場合

  8. 豊富なアプリケーションを搭載

    標準アプリケーションのほか、地図データ「モバイルアトラスfor GENIO e」、PowerPointの書類が読める「ClearVue Office」、i-mode(非公式サイト)の閲覧やi-アプリを動作させる「i-navigator」「i-enabler」、 電子本ビューアソフト「T-Time for PPC2002」、画像ビューアソフト「Easy Viewer for GENIO e」、経路検索ソフト「JRトラベルナビゲータ」、英和・和英・国語辞書ソフト「辞スパ」、メールや電子ブックの音声読み上げを行う「GENIO-SPEECH」、Macromedia Flash向に作成されたコンテンツを再生できる「Flash Player」など豊富なソフトをバンドルしています。また、Personal JavaTMにも対応し、JavaTMで開発されたゲームやコンテンツを利用することも可能です。

  9. 大容量のデータも持ち歩ける1GBのマイクロドライブ

    1GBのマイクロドライブを搭載した上位機種「GENIO e550G/MD」では、データベースはもとより、動画や音声といった大容量データをそのまま持ち歩くことも可能です。

  10. 充実したオプションアイテム

    BluetoothTM SDカードや、リモコン付きイヤホン、モバイルバッテリチャージャ、着せ替え用4色サイドパネル、オリジナル高級本革ケース、オリジナルカジュアルケースなど、「GENIO e」を便利に楽しく使うためのオプションも充実しています。

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様

お問い合わせ先

お客様からの製品についてのお問い合わせ先
東芝 Pocket PCカスタマセンタTEL 043−279−2631
受付時間 毎日 9:00 〜 17:00
(年末年始および東芝特別休日を除く)

「GENIO e」ホームページ
URL http://genio-e.com/


  • 商品の名称はそれぞれ各社が商標として登録している場合があります。
  • Microsoft、ActiveSync、Outlook,、Pocket Outlook、Windows 、MSNロゴは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • インテルは、米国およびその他の国におけるインテルコーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です。
  • Java及びJava Poweredロゴは米国およびその他の国における米国Sun Microsystems,inc.の登録商標または商標です。
  • ClearVueはWESTTEK,L.L.C.の登録商標です。
  • WESTTEKとWTロゴはWESTTEK,L.L.C.の登録商標です。
  • Jeodeは米国およびその他の国における米国Insignia Solutions,Inc.の登録商標または商標です。
  • Macromedia、Flash及びMacromedia FlashはMacromedia, Inc.の米国及び全世界における商標です。
  • コンパクトフラッシュは、米国SanDisk Corporationの登録商標です。
  • マイクロドライブTMは、IBMの登録商標です。
  • 「FOMA/フォーマ」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
  • (C)Electronic Arts Inc. Licensed by ZIO Interactive, Inc. Published by NEC Interchannel, Ltd. 


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright