東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
長時間録音が可能なSDメモリカード対応ICレコーダの発売について

2002年5月14日

SDメモリカード対応ICレコーダ「IC−SD2」

 当社は、質量約57g(電池含む)と小型軽量で約16時間50分*1の長時間録音が可能なSDメモリカード対応ICレコーダ「IC−SD2」を商品化し、6月1日から発売します。新製品は、モバイルオーディオプレーヤーとしても利用することができ、付属のMicrosoft(R) Windows(R) XP対応「東芝オーディオマネージャー(CD−ROM)」を用いて、CDやインターネットからパソコンを経由して音楽を取り込んだり、曲目やアーティスト名などのプレイリストを作成することができます。

 録音時間は、64MBのSDメモリカード(付属)使用時で、標準(SP)モードで最大約16時間50分、高音質(SuperHQ(SHQ))モードで最大約3時間です。また、128MBのSDメモリカード(別売)にも対応しており、最長で約34時間*2の長時間録音が可能です。

*164MBのSDメモリカード(付属)使用で、SPモード録音時。
*2SPモード録音時。SHQモードで約6時間20分。

新製品の概要

新製品の概要
連続録音時間は、SPモードで約5時間30分です(単四型アルカリ電池X2本使用時)。

商品化の背景と狙い

 ICレコーダは、会議や講演会などでの録音の他、パソコンと連携した利用が可能なことから、急速に市場が伸長してきており、02年度も前年度比111%の40万台の需要が見込まれています。こうした中で、手軽に持ち運べる携帯性や長時間録音、高音質といった機能だけでなく、口述録音した内容をパソコンで保存・編集するなど、拡張性に対するニーズが高まってきています。一方、音楽配信サービスも普及してきており、本サービスに対応したオーディオプレーヤーの市場拡大も見込まれています。
 当社は、このようなニーズに対応し、長時間録音や高音質録音が可能で、パソコンとの連携が容易なICレコーダとしての機能と、携帯型のオーディオプレーヤーとしての機能を1台で実現した小型軽量の新製品を商品化します。

新製品の主な特長

  1. 小型軽量で最大16時間50分の長時間録音可能

    記録にSDメモリカードを採用しているため、カセット感覚で着脱ができるとともに保存も容易です。64MBのSDメモリカード(付属)使用時で、標準(SP)モードで約16時間50分(高音質(SHQ)モードで約3時間)の長時間録音ができます。別売の128MBのSDメモリカードを使用すれば、最長約34時間の録音ができます。
    本体サイズも容積53ccと、ワイシャツの胸ポケットなどにもすっきり納まります。
    標準添付の64MB SDメモリカードでは、SPモードで約16時間50分、SHQモードで約3時間の録音が可能。
    別売の128MBSDメモリカードでは、SPモードで約34時間、SHQモードで約6時間20分の録音が可能。

  2. 高音質録音

    当社独自の音声圧縮方式の採用により、SPモードでもクリアな音質で録音できます。さらに、SHQ(SuperHQ)モードではより高音質の録音が可能です。また、マイク感度の切替により、会議モードと口述モードの切替が可能。録音状況に合わせた最適モードで録音できます。

  3. Microsoft(R) Windows(R) XP対応のパソコン用アプリケーションソフト

    録音した内容をパソコン上で聞いたり、管理・編集できるソフト「東芝ボイスマネージャー」と、音楽CDからのデータをパソコンに取りこんだりSDメモリカードに転送するソフト「東芝オーディオマネージャー」を付属しており、パソコンとの連携が容易です。ソフトウェアは最新OS「Microsoft(R) Windows(R) XP Home Edition」「同Professional」に対応しています。

  4. ノイズを軽減するUV塗装

    本体は傷つきにくいUV塗装を施しており、滑らかな手触りにより手で操作する際やポケットの中での摩擦音を軽減し、録音ノイズを抑えています。さらに、表示窓枠はハーフミラーインクのコーティングとしており、高級感あるデザインとなっています。

  5. 音楽を楽しめるオーディオプレーヤー機能搭載

    サンプリング周波数16〜48kHz、ビットレート48〜192kbpsと高音質のオーディオ再生を楽しむことができます。オーディオプレーヤー機能は、「AAC」、「MP3」方式に対応しています。23mm大口径セラミックスピーカーの採用により、一緒に携帯している磁気カード類への影響がありません。

  6. その他の機能

    (1)録音した内容の「早聞き(約1.5倍)」、「遅聞き(約0.7倍)」再生機能を搭載。
    (2)大切な録音には「重要マーク」を付けることで不用意な消去を防止。
    (3)録音中の音声の確認ができる「録音モニター機能」採用。
    (4)音を感知したときだけ録音する「ボイススタート録音機能」採用。
    (5)録音した日時を記録する「タイムスタンプ機能」搭載。
    (6)指定した個所を繰り返し再生できる「リピート再生機能」搭載。
    (7)表示画面が見やすい「マルチカラーバックライト液晶」採用。
    (8)海外出張に便利な2都市の「世界時計表示」搭載。

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様

お問い合わせ先

新製品についてのお客様からの
お問い合わせ先
映像ネットワーク事業部 TEL 03(3257)6098


  • Microsoft、Windowsは米国Microsoft Corporationの米国及び他の国における登録商標です。
  • Windowsの正式名称はMicrosoft Windows Operating Systemです。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright