東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
インバータ家電向け大電力トランジスタドライバ用フォトカプラの新製品発売について

2002年5月14日

業界トップレベルの低消費電力を実現した光複合デバイス

「TLP351」

 当社は、エアコンなどのインバータ家電に搭載される大電力トランジスタドライバ用フォトカプラの新製品として、Bi−CMOSプロセスを採用することにより業界トップレベルの低消費電力を実現した「TLP351」を製品化します。新製品のサンプル出荷は6月から行い、8月から月産100万個規模で量産を開始します。

 フォトカプラは、一つのパッケージの中に発光、受光素子を組み込み、電気的に絶縁したまま光によって信号伝達を行う光複合デバイスです。主にACアダプタやバッテリチャージャ、家電製品などの電位の異なる回路間で使用され、外来ノイズからデバイスを保護するものです。

 新製品は、工業用ロボットや家電製品のインバータ回路に用いる大電力トランジスタであるパワーMOS FET(電界効果トランジスタ)、IGBT(絶縁ゲートバイポーラトランジスタ)のドライバIC出力フォトカプラです。当社従来製品に比べ供給電流を約80%低減していますので、周辺部品の小型化や省スペース化、コストダウンを促進することができます。また、動作温度範囲も従来製品より拡大しており、100℃までの動作が可能です。

新製品の主な概要

新製品の主な概要

新製品の開発の背景

 近年、家電製品では低消費電力がキーワードとして大きく取り上げられており、その対応としてより細かい制御が可能なインバータ化を進める動きが強まっています。それにあわせてインバータに使われるデバイスにも低損失で高速かつ、広い動作温度範囲を持つものが求められています。特に、省エネ法の改正によりトップランナー方式が導入されるエアコンにおいては、低消費電力に対する要求が一層高くなっています。

 当社はこうしたニーズに対応し、従来品に比べ大幅に消費電力を低減し、動作温度範囲を拡大した新製品を開発しました。新製品の採用により省エネ化や周辺部品の小型化、省スペース化を促進します。

新製品の主な特長

  1. Bi−CMOSプロセスの採用により、供給電流を業界最小レベルの約1mA(実力値、最大2mA)まで大幅低減しました。これは当社従来品「TLP251」に比べ、約80%の削減となっています。

  2. 低消費電力化とともに内部回路の最適化をおこない、動作温度範囲を従来品より大幅に拡大しています。
    新製品の主な特長

  3. 従来品とピンコンパチブルですので基板を変更することなく置き換えが可能です。また、チャージポンプ用コンデンサの小型化も容易になります。

  4. 高絶縁耐圧タイプであり、今後、海外安全規格対応を順次行っていく予定です。

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様

お問い合わせ先

お客様からの
お問い合わせ先
ディスクリート半導体事業部
オプトデバイス企画営業担当
TEL 03(3457)3431


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright