東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
無停止型IAサーバ「MAGNIA(マグニア) FTシリーズ」のラインナップ強化について

2002年5月16日

Windows(R)2000ベースで高信頼・高可用システムの構築を実現する無停止型IAサーバをプラットフォームインテグレーションサービスとともに提供

「MAGNIA FT3220」

 株式会社東芝 e−ソリューション社(カンパニー社長:河村進介)は、Windows(R)2000ベースのアプリケーションに変更を加えることなく高信頼・高可用システムの構築を実現する無停止型(フォールト・トレラント)IAサーバのラインナップ強化として、エントリクラスの「MAGNIA FT3220」を商品化し、本日より営業活動を開始いたします。
 当社は、新製品を当社製ディスクアレイ装置「ArrayFortシリーズ」やクラスタソフトウェア「DNCWAREClusterPerfect」、データベース管理システム「Oracle 9i Database」をはじめとしたミドルウェア、さらにはシステムの企画・設計から構築・展開、保守・運用までをカバーしたプラットフォームインテグレーションサービスと組み合わせ、高可用システムの基盤として提供いたします。

 新製品「MAGNIA FT3220」は、CPUに「Pentium(R)III プロセッサ(800MHz)」を最大2つ搭載可能で、CPUボックス(CPU、メモリ、電源を実装)、PCIスロット、HDD等のハードウェアコンポーネントを2重化しています。このため、ハードウェアに障害が発生しても、障害部分を切り離して処理を継続することができます。また、システムを停止せずに障害部分を交換することが可能です。ハードウェアの2重化の仕組みはアプリケーションには影響を与えない形で実現されています。したがって、Windows(R)2000ベースのアプリケーションを本製品向けに変更を加えることなく、通常のIAサーバと同じように扱うことが可能です。

 当社は、昨年8月にWindows(R)2000搭載のミッドレンジクラス無停止型IAサーバ「MAGNIA FT5200」を商品化し、24時間365日の連続稼動を可能にする保守サポートサービスとともに提供してきました。
 新製品「MAGNIA FT3220」は最新のオープン環境であるWindows(R)2000をベースに、高い信頼性と可用性を実現するシステムを容易に構築したいとするニーズに応えるもので、高信頼・高可用システム構築の中核サーバとして積極的に販売していきます。

無停止型(フォールト・トレラント)IAサーバ:耐障害性を備え、ハードウェアの故障が起こっても正常に動作し続けられるサーバ

商品化の背景と狙い

 ネットビジネスの進展にしたがって性能の向上するIAサーバは、企業の部門業務向けだけでなく、ミッションクリティカルな業務に適用されるケースが増えています。この結果、企業活動におけるサーバの停止が業務に与える影響は大きくなっており、信頼性、可用性に優れ、24時間365日の運用に耐えうるサーバへのニーズが高まっています。
 当社ではこうした高信頼・高可用システム構築へのニーズに対応するため、最新のオープン環境であるWindows(R)2000をベースに、システムを容易に構築したいとするユーザを対象としたエントリクラスの無停止型IAサーバ「MAGNIA FT3220」を商品化します。

新製品の概要

新製品の概要
適用OS:Windows(R)2000 Advanced Server

新製品の主な特長

  1. ハードウェアによるフォールトトレランス(耐障害性)実現

    連続可用性のための障害検知メカニズムを組み込み、各ハードウェアコンポーネント(CPU、メモリ、HDD等)の2重化でフォールトトレランスを実現しています。このため、ハードウェアに障害が発生しても、障害部分を切り離して処理を継続するため、システムが停止することはありません。また、システムを停止することなく障害部分を交換することができます。

  2. アプリケーションの互換

    Windows(R)2000ベースのアプリケーションからはハードウェアコンポーネントの2重化の仕組みは見えないようになっています。そのため、Windows(R)2000のアプリケーションを変更する必要はありません。また、クラスタシステムのように特別なスクリプトを作成する必要もないので、通常のIAサーバと同じように運用・管理が可能です。

  3. ディスクアレイ装置、ミドルウェア、プラットフォームインテグレーションサービスを新製品と組み合わせて提供

    新製品は当社製ディスクアレイ装置「ArrayFortシリーズ」と、当社製クラスタソフトウェア「DNCWAREClusterPerfect」、オラクル社のデータベース管理システム「Oracle 9i Database」を始めとした主要ミドルウェア、さらにはシステムの企画・設計から構築・展開、保守・運用までをカバーする高度なインテグレーションサービスと組み合わせ、提供してまいります。
    これによりユーザは安心・確実に高信頼・高可用システムを構築することができます。

お問い合わせ先

新製品に関するお客様からの
お問い合わせ先
e−ソリューション社
コンピュータ・ネットワーク
プラットフォーム事業部
TEL 03(3457)2725
「MAGNIAシリーズ」ホームページ:http://cn.toshiba.co.jp/prod/iaserver/index_j.htm


  • Pentiumは米国Intel Corporationの登録商標です。
  • Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright