東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
PCとAVをワイヤレスブロードバンドで融合したワイヤレスホームメディアステーション「TransCube 10」の発売について

2002年5月20日

TransCube 10
TransCube 10
DynaBook V5/410PMEW

 当社は、ご家庭のノートPCと無線LAN接続することで、ワイヤレステレビ機能や、約72時間の長時間録画ができるHDDビデオレコーダ機能など、ノートPCの機能を様々に拡張することができる新しい情報機器として、ワイヤレスホームメディアステーション「TransCube(トランスキューブ) 10」を商品化し、5月23日から発売します。

 新製品は、ブロードバンドルータ、無線LAN(IEEE802.11b/2.4GHz)アクセスポイント、80ギガバイトHDD、テレビチューナー、MPEG2エンコーダ/デコーダLSI、可変ビットレート処理技術などを搭載しており、ご家庭のノートPCと組み合わせることで、

(1)新製品で受信したテレビ放送をリアルタイムでパソコンに無線AV伝送し、アンテナ接続の制約を受けずに、家中どこでもテレビを視聴できる。
(2)無線LAN環境で、家中どこでも複数のノートPCでインターネットを利用できる。
(3)PCからワイヤレスでHDDビデオレコーダ機能を操作して、「追っかけ再生」など、時間の制約を受けずにテレビタイトルを楽しむことができる。
(4)外出先からパソコンやiモードを使ってインターネット経由で録画予約ができる。
(5)ノートPCで編集した映像をテレビに映して楽しむことができる

等の様々な機能を実現できます。

 当社は、デジタル・モバイル分野における融合商品や新コンセプト商品の先行的・継続的な創出を図るため、昨年11月、東京・青梅地区に両分野に関わる技術者を集結しました。
 新製品「TransCube 10」は、集結した技術者のコラボレーションから生みだされた、ノートPCの技術と、映像技術の融合商品であり、ノートPCの可能性を広げ、ワイヤレスブロードバンド時代の新しいライフスタイルを提案するものです。
 当社は、今後も様々な技術を融合した新しい製品の商品化を図っていきます。

 なお、今回、無線LAN対応のノートPC「DynaBook V5/410PMEW」についても、合わせて発売します。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 昨今、パソコンの世帯普及率は50%を超え、ADSLなどのブロードバンド接続も急速に普及が進むなか、家庭におけるパソコンの機能に対するニーズは、ますます多様化しています。
 そのような中、当社は、ノートPCと組み合わせることで様々に機能を拡張できるワイヤレスホームメディアステーションを発売することで、パソコンの新しい使い方を提案し、新たな需要を掘り起こしていきます。
 将来は、ワイヤレスホームメディアステーションを発展させて、家庭内の機器をワイヤレスでつなぐ「ホームサーバ」を商品化し、安全で快適な、創造性に満ちた豊かな生活を実現したいと考えています。

新製品の主な特長

ワイヤレスホームメディアステーション「TransCube 10」

<ワイヤレステレビ機能>

  1. ノートPCでワイヤレスでテレビやビデオを楽しめる

    「TransCube 10」は、ワイヤレスLAN機能*1とテレビチューナ機能を備えており、ノートPC*2にテレビ放送や録画タイトルをワイヤレスで転送し*3、家中いろいろな場所で、テレビ放送やビデオを楽しむことができます。付属のアプリケーション「LIVE MEDIA for TransCube」により、PC上からもタイトルの録画、管理がスムーズに行えます。
    *1無線LANの電波の通信距離は、壁の材質・見通しの条件により異なります。隣接する部屋でも通信できないことがあります。通信距離についての保証はいたしかねますのでご了承ください。
    *2TransCube専用ソフトウェア「LIVE MEDIA for TransCube」を実行するためには、少なくとも次の環境が必要です。
    CPU:Celeron(R)700MHz、メモリ:128MB、HDD空き容量:500MB、OS:Windows(R)Millenium Edition
    快適にお使いいただくためには、次の環境を推奨します。
    CPU:Pentium(R)III933MHz、メモリ:256MB、HDD空き容量:1GB以上、OS:Windows(R) XP Home Edition, Windows(R) XP Professional
    *3ワイヤレステレビ機能は、1度に1台のノートPCでのみ使用可能です。(インターネットは同時に使用できます)

  2. ノートPCで映像を編集してテレビで再生

    「TransCube 10」のHDDに保存してあるテレビ番組やデジタルビデオカメラで編集した映像をノートPCにコピーして、添付の編集ソフト「PowerDirector 2.0(東芝版)」を使って編集。編集後の映像を再び「TransCube 10」にコピーして、TVで再生してみんなで楽しむことができます。

<ブロードバンドインターネット機能>

  1. ワイヤレスでインターネットにつながる

    ADSLやCATVなどのブロードバンド回線に対応した「TransCube 10」とノートPCをワイヤレスLANで繋いで、リビング、キッチン、寝室など好きな場所から、インターネットに接続できます。音楽データのダウンロード、ストリーミングによる映像配信など、ブロードバンドならではのコンテンツを楽しむことができます。ワイヤレスなので、家の中での配線は不要です。

  2. 複数のノートPCからインターネットに同時アクセス

    家族の誰かがインターネットにアクセスしていても、別のノートPCから同時にアクセスが可能です。
    Webの閲覧やメールチェックのために順番待ちをする必要はありません。

  3. テレビとインターネットが同時にチェックできる

    テレビ放送や録画した映像を見ながら、同じノートPCで同時にインターネットに接続し、欲しい情報を調べることもできます。
    大量のデータ通信を同時に行うと映像が乱れる可能性があります。

<HDDビデオレコーダ機能>

  1. 「ワンタッチ録画」「追っかけ再生」などHDD録画ならではの便利さ

    気になったシーンをすぐに録画できる「ワンタッチ録画」、録画中の番組を最初から見られる「追っかけ再生」、テレビ視聴を一時停止できる「お好み再生」など、便利な録画機能があります。また、録画済みタイトルもサムネイル付きで一覧表示できるので、簡単に再生、削除などの操作が行えます。1タイトル当たり、最長12時間の連続録画が可能です。さらに、長時間モード(約2Mbps)で最大約72時間の長時間録画ができます。

  2. iモードやPCからリモート録画予約ができる

    PCでインターネットテレビ番組表(iEPG)サイトにアクセスして、見たい番組の放送予定を検索。クリックするだけで、簡単に録画ができます。また、iモードからもiCommandを利用して、リモート録画予約を設定することができます。
    iモードから予約を行うには「TV王国」への会員登録が必要です。

<DynaBookユーザーにセットアップを無料サービス>

 対象の東芝ノートPCをお持ちのお客様には、ご購入時のセットアップにつきまして、無料にて出張サポートをします。
対象の東芝ノートPC、無料セットアップの作業範囲には限定があります。詳しくはトランスキューブセットアップ規約にて事前にご確認ください。

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様
*1録画時間はあくまでも目安です。
*2無線LAN転送での再生は2Mbps相当の画質になります。

個人・家庭向けノートPC「DynaBook V5/410PMEW」

 薄型のスタイリッシュなボディにワイヤレスLANとワイヤレスマウスを標準装備し、さらに約3時間の長時間バッテリ駆動の実現により、コードレスで持ち運んで、快適にブロードバンドを楽しめます。

新製品の主な仕様

お問い合わせ先

お客様からの製品についての
お問い合わせ先
東芝PCダイヤル
(http://dynabook.com/assistpc/index_j.htm)

なお、新製品情報は当社のPC総合情報サイト「dynabook.com」(http://dynabook.com/)でも提供します。


  • 本資料掲載の商品はそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。
  • Microsoft、Windows、は米国Microsoft Corporationの米国及び他の国における登録商標です。
  • Windowsの正式名称はMicrosoft Windows Operating Systemです。
  • TV王国は、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社が運営するテレビ番組情報です。
  • iCommandは、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社の商標です。
  • iモード/アイモードは株式会社NTTドコモの登録商標です。
  • PowerDirectorは、CyberLink Corpotaionの商標です。
  • XGAは米国IBM Corp.の登録商標です。
  • ハードディスクの容量は1GBを10億バイトで算出しています。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright