東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
東芝・日本ベリサイン
電子証明書を格納したICカード統合ソリューションに関する協業について


2002年5月29日

株式会社 東芝
日本ベリサイン株式会社

 株式会社東芝(本社:東京都港区、取締役社長:岡村 正、以下 東芝)と日本ベリサイン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長兼CEO:川島 昭彦、以下 日本ベリサイン)は、電子証明書を格納したICカードの統合ソリューションについて協業することに合意し、本日から営業活動を開始します。

 協業内容は、世界的に実績・定評のある日本ベリサインの企業向け電子認証局構築サービス「VeriSign(R) OnSite(R)」と東芝の企業向け電子証明書用ICカード発行・管理システム「TARGUSYS(ターガシス)」を連携させ、電子証明書を格納したICカードの発行・管理を行うソリューションを提供するものです。

 電子証明書を発行する「認証局システム」には高度な信頼性が必要であり、この「認証局システム」と連携していないICカードの発行は、ユーザ(導入企業)の運用コスト増加を招いていました。
 本ソリューションでは、日本ベリサインの電子認証局構築サービスを利用することで、ユーザは認証局システムを構築するためのコストと技術的負担がなくなり、また東芝の電子証明書用ICカード発行・管理システムにより電子証明書を格納したICカードの発行管理を一元化できるので、ユーザは運用管理の負担を低減することができます。

 両社は、競争力あるソリューションを提供することによって、電子証明書用ICカード市場をリードし、市場規模の拡大を目指します。

背景

 近年、eビジネスの拡大、電子署名法の制定、e-Japan/電子政府計画の推進・普及と共に、ネットワーク上における利用者本人の確認手段として「電子証明書」を利用するケースが増大しています。
 これに伴い、「電子証明書」と対を成し、本人確認あるいは電子署名の根拠となる「秘密鍵」を安全に格納し、また持ち運ぶことができるICカードとの連携が望まれており、電子証明書を格納したICカードは、電子印鑑あるいは企業内の従業員証やパートナーカードとしての利用が急速に拡大しつつあります。
 しかしながら、電子証明書を発行する「認証局システム」の運用には高度な信頼性を保つために技術的ノウハウと高価なコストが必要であり、また電子証明書と連携しないICカードの発行は、導入企業の運用コストの増加を招いていました。
 このような背景をもとに、東芝と日本ベリサインは、両社の得意とする技術を持ち寄り、信頼性が高く、運用管理の負担の小さな、電子証明書を格納したICカード統合ソリューションを提供するものです。

「VeriSign OnSite」の概要と特長

概要

  • 顧客企業名での電子認証局(CA)を安全かつ容易に構築・運用するサービスです。
  • 顧客企業の管理者が、電子証明書発行における登録局(RA)の認証管理者として、資格審査し、利用者への証明書発行の可否判断、関連発行管理を行うことができます。
  • 電子証明書の発行局(IA)に必要な高度なセキュリティ技術・管理を備えた設備・運用は、実績あるベリサインの施設・システムで実施されます。
  • 利用者およびRA管理者の操作は、簡単なブラウザ操作で完了します。
  • 電子証明書記載内容、利用者が証明書発行を依頼する「登録処理画面」等さまざまなカスタマイズが可能です。

特長

  • 認証局構築に最小限必要なものは一般のブラウザだけです。
  • ベリサインが世界に誇る電子認証サービスを、顧客企業のブランドでの提供が可能です。
  • RAを顧客企業内におき、IAをベリサインが提供することで、投資効果の高い認証局を安全・確実・柔軟に構築することができます。

東芝「TARGUSYS(ターガシス)」の概要と特長

概要

  • 利用者本人を認証するために電子証明書およびICカードを利用した利用者認証システムです。
  • 電子認証局(CA)から発行された電子証明書は、利用者個人のICカードに格納され、ICカードに格納された電子証明書を使って、利用者のシステムログイン・ネットワークアクセスの確実な本人認証が可能になります。電子証明書とICカードを併用することで、確実・高度な安全性が確保できます。
  • 電子証明書入りICカード1枚で、PC・サーバ上のファイルセキュリティの確保、文書・メールへの電子署名の付与、文書・メールの暗号化、インターネットアクセス時のSSL・VPN機能の利用が可能です。
  • 利用者環境として全てオープンな標準仕様を前提としていますので、インターネットアクセス可能な業界標準ブラウザから利用することができます。
  • ICカード発行形態として、(1)ネットワーク経由で確実に本人のICカードに証明書を発行する「オンライン発行」、(2)お客様企業の管理部署サイトで証明書入りICカードを発行する「オンサイト発行」、(3)お客様企業の委託で東芝が一括発行代行する「一括発行」の3種類があり、選択可能です。
  • 認証局と連携した証明書・ICカードの統合発行管理サーバ機能、および、利用者操作ミス防止機構を施したICカードの提供により、初期発行・更新・再発行、および、利用者操作ミス問合せ対応、における管理者の負荷・負担が軽減されます。
  • 利用者個人を特定できるICカードですので、従業員証・会員証への利用、入退室管理等の物理的なセキュリティ確保を含めた応用が可能です。

特長

  • 一般のブラウザからの利用で、操作はとても簡単です。
  • 安全・確実・簡単に利用者の本人認証が可能です。
  • 世界的に実績・定評のあるベリサイン電子認証サービスとの連動が可能です。
  • ICカード内には用途に合わせて複数の証明書+秘密鍵の格納が可能です(最大5組)
  • お客様企業の管理・運用形態に合わせたICカード発行スキームの選択が可能です。

日本ベリサイン株式会社について

 1996年、VeriSign, Inc.(NASDAQ:VRSN)の最初の海外法人として設立された日本ベリサインは、ウェブサイト、エンタープライズ、Eコマース サービスそして個人に対してインターネット上の信頼を提供するリーディング・カンパニーです。同社はドメイン名、重要なウェブ・アイデンティティを提供するデジタル証明書サービス、そしてオンライン事業者が安全なEコマースと通信を展開するために欠かせない電子認証とトランザクションの基盤を提供します。日本ベリサインのサービスはウェブサイト(www.verisign.co.jp )あるいは営業部、日本ベリサイン販売代理パートナーからお届けしています。

お問い合わせ先

ソリューションに関するお問い合わせ先

株式会社 東芝
e−ソリューション社
ネットワークインテグレーション・
サービス事業部
TEL 03(3457)3886
Email:security-info@sid.toshiba.co.jp
日本ベリサイン株式会社
営業部
TEL 03(3271)7019
Email:onsite-info@verisign.co.jp


  • VeriSignはVeriSign, Inc.の登録商標、VeriSign OnSiteはVeriSign, Inc.のサービスマークです。
  • TARGUSYSは東芝の登録商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright