東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
香水ビンのようなスタイリッシュデザインを採用したデジタルスチルカメラの発売について

2002年6月5日

手描きができるペイント機能など、液晶タッチパネルで軽快に操作可能

デジタルスチルカメラ「sora T20」

 当社は、香水ビンをイメージしたスタイリッシュデザインを採用するとともに、新たに手描きができるペイント機能などを搭載し、液晶タッチパネルによる軽快な操作性をさらに充実させたデジタルスチルカメラ「sora(ソラ) T20(形名:PDR−T20)」を3色(シルバー、シャンパンゴールド、ピンク)のカラーバリエーションで6月下旬から発売します。

 新製品は、スタイリッシュデジタルスチルカメラ「sora」の新ラインナップとして、美しさと使いやすさを追求し、洗練されたフォルムとタッチパネル液晶による軽快な操作で、誰でも簡単に撮影を楽しむことができます。今回、新たに、画像を指先操作でズーム再生し見たい部分に軽快にスクロールできるズーム再生機能や、撮影した画像に手描き感覚でカラーキャプションやイラストを書きこめるペイント機能などを搭載し、soraシリーズの特徴である液晶タッチパネルの操作性をさらに充実させています。
 また、新製品は、有効画素数201万画素CCD、光学2倍ズームを採用しています。さらに、パソコンインタフェース用専用USBケーブル、SDメモリカード、画像管理・編集ソフト(CD−ROM)、タッチパネルを操作できるスタイラス付きのおしゃれなネックストラップ、ACアダプター、ACコード、専用リチウムイオン充電池など、必要なアクセサリー類を同梱したオールインワンパッケージとしています。

新製品の概要

新製品の概要

新製品開発の背景

 2002年度のデジタルスチルカメラの国内市場は、前年度比約25%増の年間約600万台(当社調べ)と、新規需要を中心にさらに伸長するものと予想されます。このような中、自分の生活スタイルにマッチした、手軽に撮影できるデジタルスチルカメラに対するニーズが更に高まっております。
 当社は、こうしたニーズに対応し、ファッション性と簡単な操作性、気軽に持ち歩ける携帯性を追求したsoraのラインナップモデルとして、新製品を開発・商品化しました。

新製品の主な特長

1. 3色のカラーバリエーション
洗練されたフォルムを兼ね備えたシルバー、シャンパンゴールド、ピンクの3色をラインナップしています。
   
2. タッチパネルによる簡単操作を更に充実。
soraT10で好評のタッチパネル機能を更に充実させました。
撮影時には ディスプレイ上のアイコンを指先などでタップするだけで、8種類のシーン別オート撮影モード(オート、風景、人物、スポーツ、マクロ撮影、人物+風景、人物+夜景、16マルチ)から最適なモードを選べるほか、ストロボモード、セルフタイマーモードの設定も簡単です。
再生時には、再生画像に指先で触れ上下左右にスライドさせるだけで、画像送り、一覧表示、ズーム再生が可能です。ズーム画像も指先で自由にスクロールできます。
(左右方向:画像送り、下方向:一覧表示、上方向:ズーム表示)
   
3. 手描き感覚のペイント機能搭載 
撮った画像にカラーパレットとスタイラスでイラストやキャプションを手描き感覚で書き込むことができるペイント機能を搭載しました。撮った画像をその場で見るというデジタルスチルカメラならではの楽しみ方をさらに広げる、クリエイティブな機能です。
   
4. 有効画素数201万画素CCD・光学2倍ズーム搭載
画像を取り込む撮像素子には有効画素数201万画素(1/2.7型)CCDを搭載し、高精細な写真を撮影できます。最大で1600X1200ピクセルサイズの撮影ができるほか、目的に応じて1024X768ピクセル、640X480ピクセルサイズの撮影も選択できます。
また、簡単な操作でズーム撮影ができる光学2倍ズーム機能を搭載しています。さらに、デジタルズームを併用すれば、4倍までのズーム撮影が可能です。
   
5. 高精細で色鮮やかな1.5型低温ポリシリコンTFT液晶搭載
低温ポリシリコンTFT液晶を使用しており、1.5型ながら約11.8万画素の高精細で
深みのある色鮮やかな画像を実現しています。また、アナログ方式のタッチパネル搭載により、
透明性が高く、撮った画像の品位を損ないません。
   
6. さらに便利な撮影/再生メニュー
撮影モードでは、モノクロ/セピア撮影、ISO感度設定、ホワイトバランスのマニュアル設定、16分割連続撮影等、撮りたい被写体に応じた豊富な撮影メニューで、撮影することができます。
再生モードにはスライドショーや6画面マルチ再生など、多彩な機能を備えています。また、表示言語は日本語のほか英語/フランス語/ドイツ語/スペイン語/中国語(繁体字)/中国語(簡体字)から選択することもできます。
   
7. 画像編集・管理ソフト「ACDSeeTM」を付属
パソコンへの画像取り込みは、付属の専用USBケーブルでパソコンと接続し、USBドライバーソフトをインストールすれば、すばやく簡単に行えます。
付属しているアプリケーションソフト「ACDSeeTM」を使えば、カメラの画像をパソコン上で、高速閲覧表示できるほか、赤目修整、レタッチ等の画像加工も簡単に行え、その加工した画像をそのままカメラ本機へコピーすることもできます。また、電子メール機能も装備しておりますので、思いのままにアルバム管理が可能です。(但し、Machintoshの場合は画像管理のみと仕様が制限されております)
「Windows(R)98/2000/ME/XP」プレインストールパソコン、USB搭載のMacintosh(Mac OS9.0以上)に対応。(すべての機種での動作を保証するものではありません。)
   
8. 標準規格Exif2.2に対応。
Exif2.2(通称:Exif Print)対応プリンターを使用すれば、画像データの撮影情報をプリンターが利用して最適な画像処理がおこなわれ、高画質なプリントが簡単に得られます。
対応プリンターについてはプリンターメーカーへお問い合わせください。
   
9. 買ってすぐ使えるオールインワンパッケージ
デジタルカメラを初めて使う方でも、買ってすぐにデジタル写真を楽しめるように必要なアクセサリーを付属しています。撮影した画像を記録するSDメモリカード(8MB)、パソコンに接続して画像をダウンロードするための専用USBケーブルやUSBドライバーソフト、アルバム管理できるアプリケーションソフト(ACDSeeTM)、タッチパネルを操作できるスタイラス付きネックストラップ、専用リチウムイオン充電池、ソフトケースなどを備えたオールインワンパッケージです。

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様

お問い合わせ先

お客様からの新製品についての
お問い合わせ先
モバイルAVサポートセンター TEL 0570(05)7000


  • Windows(R)は、米国Microsoft Corporationの登録商標です。
  • Macintoshは米国Apple Computer社の商標です。
  • ACDseeTMは、カナダ ACD Systems社の商標です。
  • DCFは、主としてデジタルカメラの画像ファイルを、関連機器間で簡便に利用し合うことを目的として制定された(社)電子情報技術産業協会(JEITA)の規格『Design rule for Camera File system』の略称です。
  • DPOFはデジタルカメラで撮影した画像の中からプリントしたい枚数等の指定情報を直接記録メディアに書き込むための規格「Digital Print Order Format」の略称です。
  • 仕様は予告なく一部変更になる場合があります。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright