東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
強く付いたしわも簡単に伸ばせるオープンハンドル式コードレスアイロンの発売について

2002年6月11日

コードレスアイロン「TA-FV3(V)」

 当社は、コードレスアイロン「とっても(取っ手も)LaCoo(ラクー)」シリーズの新製品として、スチームの吹き出し量とかけ面温度の持続時間の向上を図ることで、衣類に付いた強いしわを簡単に伸ばすことができる「TA−FV3」など2モデルを商品化し、7月1日から発売します。

 新製品は、使いやすさを高めるための「オープンハンドル」の採用に加えて、スチームの勢いを約50%アップ(当社従来比)するとともに、マイコン制御によって、かけ面の適温持続時間を150秒と1.5倍(当社従来比)に延長しており、強く付いたしわまで簡単に仕上げることができます。
 また、アイロンを立てた状態で強力なスチームを出せるため、アイロンをかけにくいスーツなどの立体的な衣類のシワをハンガーにかけたままで取ることができます。さらに、新製品は、新たに「霧吹き機能」を搭載(「TA−FV3」のみ)しているため、綿や麻の素材のシワ伸ばしにも利用することができます。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 アイロンがけは、主婦の嫌いな家事の代表となっている中で、ここ数年、市場では小型軽量で疲れないことや細かい部分もかけやすいといった理由からコンパクトアイロンの伸長が著しく、市場全体の4割強を、特にコードレスタイプでは5割以上を占めるまでに伸長しています。
 一方、外観はコンパクトでも機能はパワフルなものが求められるとともに、繊維の種類や加工の多様化にともない、それぞれの素材にあったスチームや機能が求められています。

 当社は、このようなニーズに対応し、使いやすさとともに基本機能の向上を図った新製品を商品化するものです。

新製品の主な特長

1. 持ちやすいからアイロンがけしやすい「オープンハンドル」を採用
ハンドルがオープンになっているため、使う人やアイロンがけの部位ごとに持ちやすい握り方で使用することができます。また、左右の持ち替えや置き台への着脱もスムーズに行うことができます。
   
2. パワーアップした「ショット機能」
スチームの勢いを約50%アップ(当社比)したスチームを一時に出して、強く付いたしわ伸ばしやウールのふっくら仕上げを実現できる「倍増ショット」や、アイロンを立てた状態でも同様の強力スチームを出し、ウールなど立体的でアイロンがけしにくい衣類のしわや匂いを手軽にとることができる「吊るしてショット」など、布地への浸透効果をアップさせるとともに、しわ伸ばし効果をアップさせています。
   
3. かけ面の温度も長持ち
マイコン制御方式の採用により、かけ面の適温時間を150秒に延長(当社従来比1.5倍)するとともに、当社独自の「置くたび適温機能」により、かけ面の温度を細かく補正するため、かけ面温度の低下を気にせず、使用することができます。
   
4. 綿や麻もしっかり伸ばせる「霧吹きショット」(「TA−FV3」のみ)
スチームより水の粒子の大きい霧を吹き出す「霧吹きショット」を搭載しているため、綿や麻など、繊維の目の粗い衣類のしわをしっかりと伸ばすことができます。
   
5. 気になる水あかをスッキリ洗い流せていつまでも快適スチーム
スチーム孔の目詰まりを簡単に手入れできるように、スチーム孔部を取り外して水洗いできる設計としており、スチームの出はいつまでも快適です。
   
6. 給水に便利なカセットタンク式採用
オープンハンドル式で初のカセットタンク式を採用しているため、給排水が楽になり、使い勝手をさらに向上させています。また、「TA−FV3」ではタンクを抗菌加工しており、タンク内の水のぬめりなどを気にせず使用することができます。
   
7. アイロンがけを楽しくするカラフルなボディ
アイロンがけをより楽しくするために、本体のカラーリングもカラフルに仕上げています。また、透明部材を多く使い、より軽さを感じさせるデザインを採用しています。
   
8. その他の機能
(1) あて布なしでスチームがけOK「全温度スチーム」
(2) すべりが軽い「チタンダイヤモンドコート」
(3) 切り忘れを自動で防止「オートパワーオフ」

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様

お問い合わせ先

新製品に関するお客様からの
お問い合わせ先
家電機器社
リビングソリューション部
TEL 03(3257)5864


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright