東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
家庭用全自動洗濯機の新製品の発売について

2002年6月12日

「除菌成分補充機能」と「槽洗浄機能」により洗濯槽の汚れを抑える

全自動洗濯機「AW−802HVP」

 当社は、家庭用全自動洗濯機の新製品として、除菌成分補充機能と槽洗浄機能を業界で初めて*1同時に搭載することで、洗濯槽への汚れ(カビや石鹸カスなど)の付着を抑えるとともに、衣類の除菌を通じていやなニオイの発生も抑える「AW−802HVP」など2機種を商品化し、7月1日から発売します。

 新製品は、除菌成分*2の入った「アクアコントローラー」を搭載しており、最後のすすぎ行程で「アクアコントローラー」経由で洗濯槽に水を注ぎ入れることによって、除菌成分を補充して雑菌の繁殖や、槽のカビの発生を抑えます。洗濯槽への汚れ(カビや石鹸カスなど)を除去する「槽洗浄コース」を併用すれば、更に、槽を清潔に保つことができます。
 また、「アクアコントローラー」の除菌効果によって、今まで気になっていた室内干し時や着用時のいやなニオイの発生を抑えるとともに、「ふろ水」を使用して洗濯する場合も、衣類を清潔に保ちます。
 さらに、洗濯水位のコントロールとDDインバーターによる押し洗い水流により、洗剤濃度を上げて皮脂汚れをおとす「濃縮パワー洗浄」を搭載し、衣類の洗浄力を当社従来機種に対して約10%*3向上しています。

*1 2002年6月12日現在。除菌成分内蔵方式の家庭用全自動洗濯機として。
*2 内蔵成分の溶解により生成された次亜塩素酸による除菌作用
*3 当社従来洗濯機「AW-801HVP」と「AW-802HVP」との比較による

新製品の概要

新製品の概要

開発の背景と狙い 

 近年、少子・高齢化が進む中、数々の除菌製品が製品化されるなど、消費者の清潔志向が高まりを見せています。洗濯に関する不満点としては、「槽の黒カビが気になる」「室内干しをしたときのにおいが気になる」といった声が多く聞かれるようになり、洗濯時の除菌という点に注目が集まっています。また、洗浄方式については、ライフスタイルの変化から、泥汚れなどの固形汚れから、皮脂汚れ等の油脂汚れに対応した洗浄方式が望まれています。
 今回、当社は、このような洗濯機の課題の解決を図るため、当社洗濯機の特長である「アクアコントローラー」による「除菌」に加えて、洗濯槽に付着している汚れ(カビや石鹸カス)も除去できる「槽洗浄コース」を採用し、洗濯時の清潔性をさらに追求するとともに、水位コントロールとDDインバーターによる押し洗い水流で、油脂汚れもよく落とすことが可能な「濃縮パワー洗浄」を搭載した全自動洗濯機の新製品を商品化します。

新製品の主な特長 

1.

水の除菌力を高め、衣類と槽を除菌する「アクア除菌」*1
従来の洗濯機は水流などで衣類に力を加えて汚れを落とすことで、見た目のキレイさを追求していましたが、新製品では、除菌成分を一定濃度に制御して補充する「アクアコントローラー」を搭載し、最終のすすぎ段階での水の除菌力を高め、衣類と槽をしっかり除菌し、槽の汚れ(カビや石鹸カス)の発生を抑えるとともに、室内干しをしてもいやなニオイの発生を抑えることができます。

*1 アクア除菌について
アクア除菌について
*2 内蔵成分の溶解により生成された次亜塩素酸による除菌作用

   
2. 槽洗浄コース
槽の汚れ(カビや石鹸カス)に対応した槽洗浄コースを搭載しており、塩素系漂白剤や洗濯槽クリーナーを利用することにより、簡単に槽の汚れ(カビや石鹸カス)を除去できます。
「アクア除菌」とのダブルの効果で槽を清潔に保つことができます。
洗濯槽クリーナー(塩素系) 東芝サービスステーション扱い(希望小売価格2000円) など


給水時に段階的に給水を止めて攪拌することにより、洗濯槽の汚れ(カビや石鹸カス)を落とします。
つけおき洗いにより、汚れ(カビや石鹸カス)を分解します。
水が溜まっている状態で脱水をかけることにより、脱水槽上部まで汚れ(カビや石鹸カス)を除去します。
全体をすすぐことにより、汚れ(カビや石鹸カス)を機外に除去します。

   
3. 濃縮パワー洗浄
洗濯の所定水位に達するまでの水位をコントロールすることで、標準洗剤量を増やすことなく、洗剤濃度を上げて運転する、油脂汚れに強い「濃縮パワー洗浄」機能を搭載しています。
従来当社機種に対して洗剤濃度が約30%高い*1濃縮洗剤液を、衣類全体に浸透させる浸透攪拌を洗い行程初期に行うことにより、洗浄力を約10%*1向上させています。
また濃縮洗剤液の浸透攪拌時は、衣類が傷まないようにDDインバーターのモーター制御により、衣類の汚れを押し出す押し洗い水流を採用しています。
*1 従来当社機種「AW-801HVP」と新製品「AW-802HVP」との比較による。

   
4. つけおきコース
衣類の黄ばみの原因となる、繊維に染み込んだ皮脂汚れをしっかり落とすコースです。洗剤の酵素を活かす洗剤濃度2〜3倍の高濃度つけおき洗浄によって、皮脂汚れをしっかり落とすため、衣替えシーズンに衣類をタンスにしまう前などにも有効です。つけおき時間は汚れにあわせて30分〜8時間で6段階に選択できます。
   
5. スピーディコース
軽い汚れの衣類を標準コースより短い時間で洗う洗浄コースです。
洗濯時間は標準コースに対して約35%短縮し、洗剤量は、標準コースに対して約半分で運
転し、環境にも配慮しています。
洗濯容量4kg運転時
   
6. 低騒音・低振動設計
DDインバータモータの特長であるセンター重心をはじめ、「からみまセンサー」による洗濯物の片寄り低減、ポンプアップ節水槽、吸音ハニカムベースなどにより、洗い時29dB、脱水時39dBと、洗濯の全行程を通じて40dBを切る低騒音を実現しています。また、ふろ水ポンプにも低騒音タイプを採用しています。
   
7. 設置性・洗濯物の取り出しやすさへの配慮
DDインバータモータを採用し洗濯槽の振動を低減したことで、槽と洗濯機本体との空間を最小化しています。これにより、高さ・横幅・奥行ともに省スペース化を実現。7.0kgタイプで、ボディ最大幅555mm、投入口高さ844mm、8.0kgタイプでもボディ最大幅555mm、投入口高さ872mm、のローボディ&コンパクトな設計とし、洗濯物の取り出しやすさに配慮しています。
   
8.

環境への配慮
電子ユニットの基板には鉛フリーはんだを全面採用し、環境へも配慮をしています。
さらに、9年前の当社同等機種と比較して「時間約半分・水約半分」機能を搭載。ポンプアップ節水槽により、大幅な節水・時間短縮を図るとともに、軽い汚れに対しては洗剤量が標準コースに対して約半分の「スピーディコース」を採用し、節洗剤への取り組みも行っています。

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様
*外形寸法:左から幅(ホース含む)、奥行、高さの順

お問い合わせ先

お客様からの商品についての
お問い合わせ先
家電機器社
リビングソリューション部
TEL 03(3257)6100


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright