東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ATA/ATAPIコントローラ内蔵コンパニオンチップの発売について

2002年7月15日

HDD搭載のデジタル情報機器、ネットワーク機器の設計を容易に実現

TC86C001FG

 当社は、ハードディスク(HDD)の標準インタフェース規格であるATA/ATAPIコントローラを内蔵することにより、HDD搭載のデジタル情報機器、ネットワーク機器などの設計を容易に実現できるRISC(縮小命令セットコンピュータ)マイクロプロセッサ用コンパニオンチップ「TC86C001FG」を開発しました。新製品のサンプル出荷は9月から行ない、量産は2003年第1四半期から開始します。

 新製品は、ATA/ATAPIコントローラ、USBホストコントローラ、USBデバイスコントローラ、I2Cバス・インタフェース、PCIバス・インタフェースなど多くの周辺機能を内蔵していますので様々なシステム構成に対応できます。さらに、PCIコントローラを内蔵した当社RISCマイコン「TXシリーズ」との接続が可能なため、成長が見込まれるHDD搭載のPVR(Personal Video Recorder)の設計を容易に実現できます。また、新製品を搭載した評価ボード(PCIボード)も開発していますので、製品開発を容易に行うことができます。

 当社は、今後も各応用分野の機器メーカーへトータルソリューションを提案していきます。

PCI(Peripheral Component Interconnect): コンピュータにおけるバスアーキテクチャの1つ。

新製品の概要

新製品の概要

開発の背景とねらい 

 近年、映像や音楽などのデジタルコンテンツの急激な増加により、データを蓄積する媒体の市場が急速に成長しています。こうした動きに合わせ、大容量データ処理を行うデジタル情報機器や各種ネットワーク機器も増加する傾向にあり、ATAコントローラ、USBコントローラなどを容易に組み込むことが可能なチップセットが求められていました。

 当社は、このようなニーズに対応し、ATAコントローラ、USBコントローラを内蔵したコンパニオンチップ「TC86C001FG」を開発しました。新製品を当社製RISCマイコン採用により、HDD搭載のデジタル情報機器、ネットワーク機器の設計を容易に実現できます。

新製品の主な特長

1. 汎用バスであるPCIバス・インタフェースを内蔵していますので、当社PCIコントローラ内蔵RISCマイコン「TMPR3927」、「TMPR4927」、「TMPR4925」などとの接続が可能です。例えば新製品と当社RISCマイコン「TMPR4925」とMPEG2エンコーダー/デコーダーLSIとを組み合わせることでHDDを内蔵したPVRを容易に構成することが可能です。
   
2. ATAコントローラを内蔵していますので、大容量データを扱うデジタル機器やネットワーク機器などへのHDDの組み込みが容易です。
   
3. USB1.1ホストコントローラ、およびUSB1.1デバイスコントローラを内蔵していますので、様々な周辺機器を接続可能なデジタル機器やネットワーク機器などの開発が容易に実現できます。
   
4. I2Cバス・インタフェースを内蔵していますので、I2Cバス・インタフェースを内蔵した周辺ICとの相互コントロールを2線式のシリアルバスであるI2Cバスにて行うことにより、使用する端子数や基板上の配線数を削減することが可能です。

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様

お問い合わせ先

新製品についてのお客様からの
お問い合わせ先
セミコンダクター社
マイクロプロセッサ営業推進担当
TEL 03(3457)3491


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright