東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ワイヤレスLAN搭載の液晶データプロジェクター新製品の発売について

2002年7月22日

液晶データプロジェクター「TLP-T701J」

 当社は、専用ソフトウェアによる簡単な設定でワイヤレスプレゼンテーションができるワイヤレスLAN(IEEE802.11b準拠)搭載液晶データプロジェクターの新製品「TLP−T701J/T700J」の2モデルを商品化し、8月26日より発売します。

 新製品「TLP−T701J/T700J」では、同梱の専用ソフトウェア「ワイヤレスユーティリティ」を無線LAN対応PCにインストールすることで、ワイヤレスプレゼンテーションを行ないます。本ソフトウェアは、IPアドレスの入力設定を不要(アドホックモード時)とするなど、初期設定を簡素化していますので、誰でも簡単にワイヤレスLAN接続を完了できます。
 また、複数のPCから1台のプロジェクターにワイヤレス接続することができるほか、1台のPCから最大4台のプロジェクターにワイヤレス接続することも可能で、ケーブルの長さや取りまわしを気にすることなく、プレゼンテーションの規模に合わせて、PCとプロジェクターを自由にレイアウトすることができます。
 さらに、「TLP−T701J」には短焦点レンズを採用した当社独自の書画カメラを搭載しており、A4サイズの書類を映写することができるほか、書画カメラで撮った映像をPCに取り込んで保存することもできます。

 なお、今回当社は、普及タイプの液晶データプロジェクターとして、リアルXGA対応、明るさ1600ANSIルーメンの「TLP−T401J/T400J」についても合わせて発売します。

新製品の概要

商品化の背景とねらい 

 液晶データプロジェクターの世界市場は、2002年度で175万台が見込まれています。主流となるモデルは、XGAの高解像度を備えた重さ5kg以下のポータブルタイプであり、最近では、これらの基本性能に加えて、プレゼンテーション時の使い勝手の良さを求める声が高まっています。
 当社は、このようなニーズに応えて、ケーブル無しでPCと接続できるワイヤレスLANを搭載した新製品を商品化します。新製品は、ユーザーの使い勝手に配慮して、専用ソフトウェアによりIPアドレス入力設定などの設定作業を簡素化し、誰でも簡単に、ケーブルをつなぐようにワイヤレスLANの設定ができる仕様としています。

新製品の主な特長 

T700シリーズの特長

1. 簡単な設定でワイヤレスプレゼンテーションが可能なワイヤレスLAN搭載モデル。
IEEE802.11b準拠のワイヤレスLANを搭載し、ケーブル無しでワイヤレスプレゼンテーションが可能です。また、複数のPCから1台のプロジェクターにワイヤレス接続することができるほか、1台のPCから最大4台のプロジェクターにワイヤレス接続することも可能です。さらに、専用ソフトウェア「ワイヤレスユーティリティ」は、IPアドレスの入力設定を不要とするなど初期設定を簡素化していますので、誰でも簡単にワイヤレス接続を行なえます。
   
2. PCカードスロットを標準装備。
PCカードスロットを標準装備していますので、メモリーカードに保存したデータをPCカードスロットから読み込んで、PCを使わずにプレゼンテーションすることができます。
   
3. 81万画素書画カメラを搭載。
81万画素書画カメラを搭載し(「TLP−T701J」)、書画カメラで撮影した映像を映写するだけでなく、その場でメモリーカードへ保存することができます。また、ワイヤレスLAN機能により、PCに転送して保存することも可能です。
   
4. 高輝度2000ANSIルーメンで、3.4kgのコンパクトサイズ。
2000ANSIルーメンの高輝度モデルながら、3.4kgのコンパクトサイズに収めています(「TLP−T700J」。書画カメラ付きの「TLP−T701J」は4.1kg)
本体のデザインもワイヤレスを意識し、ワイヤレスLAN接続時には使用しない接続端子部分を、カバーで隠すことができるスマートな外観に仕上げています。

T400シリーズの特長

1. 重さ3.3kgのコンパクトサイズ。
1600ANSIルーメンの高輝度、リアルXGA対応モデルながら、移動して使用することにも十分な小型軽量3.3kg(「TLP−T400J」。書画カメラ付きの「TLP−T401J」は4.0kg)に仕上げています。
   
2. 81万画素書画カメラを搭載し、立体物の投影も可能。
 「TLP−T401J」に搭載した81万画素書画カメラは、書類だけでなく、立体物を投影することもできます。商品サンプルなどを投影して、プレゼンテーションを多彩に演出することが可能です。
   
3. 静音設計32dB(Lowモード時)
Lowモードを選択した場合、運転音を32dBに抑える静音設計としています。

新製品の主な仕様

*1 「ANSI IT7.228」に規定される測定法に基づく測定値。画面全体を白表示し画面を9分割したそれぞれの中心の明るさの平均値をとるもので、画面の平均的明るさの指標です。(ANSI : American National Standards Institute)
*2 SXGAの入力画面において一部情報が欠落したり、画質が劣化する場合があります。

お問い合わせ先

お客様からの商品に関する
お問い合わせ先
映像ネットワーク事業部
映像システム部
TEL 03(3457)8428


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright