東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
吸込み能力を約2倍に強化(*1)したコードレス式サイクロンクリーナー新製品の発売について

2002年8月5日

コードレスクリーナー VC−P10X

 当社は、掃除中のコードのわずらわしさがない充電式クリーナーの新製品として、当社従来機種と比較して約2倍に吸込み能力を強化*1したサイクロン吸塵方式のクリーナー「VC−P10X」など2機種を9月1日から発売します。

 新製品では、大径ファン採用の新型モーターと31.2Vの高電圧電池*2によりハイパワーを達成しました。あわせて、分離部と集塵部の2段式ダストカップで旋回気流を起こし、遠心力でゴミと空気をすばやく分離する「2段式マジックサイクロン集塵」方式を採用することで吸塵力のパワーを持続し、高い吸込み性能を実現しています。

 ヘッド部には、回転ブラシにマイナスイオンを発生させる「パワーイオンヘッド」を採用しており、プラスイオンを帯びたホコリなどの細かいゴミもきれいに掃除します。また、前に押したときはヘッド前面が開き壁際や隅のゴミの吸込みを良くする「新前取り構造」も採用するなど、ゴミ取り性能を向上しました。
 サイクロン吸塵方式のため、紙パックを使わず、スケルトンのダストカップでゴミのたまり具合を目視しながらお掃除でき、お手入れも容易です。また、排気風速を1m/秒程度に弱めて分散排気する「やわらか分散排気」、排気中の臭いや微細なホコリ、ホコリが放出するプラスイオンを吸着する「竹炭フィルター」「ヘパクリーンフィルター」を採用しており、クリーンな排気を実現し、肩掛けにして清掃する際も排気が気になりません。清掃中や充電中にも約30万個以上のマイナスイオンを放出するマイナスイオン発生器も搭載しています*3

*1 当社従来機種VC−M1Xとの、最大真空度の比較において
(最大真空度 VC−M1X 7,800パスカルに対し、VC−P10X 14,700パスカル、 VC−P8X 11,700パスカル)
*2 VC−P10Xの電池電圧。VC−P8Xは19.2V。
*3 マイナスイオン発生器はVC−P10Xのみ搭載、放出口から10cmの距離で測定。

新商品の概要

新商品の概要

開発の背景と狙い

 クリーナー市場は、年間550万台の規模で安定的に推移しています。中でも、ここ数年は、排気循環式、コードレス、サイクロン方式とお客様のニーズにきめ細かく対応した新しいジャンルの商品開発により、高級タイプの構成が急増しています。
 4万円以上の高級ゾーンを牽引しているのは、コードレス、サイクロン、排気循環式の3つの新カテゴリー商品です。中でも、紙パックを使わないサイクロン方式の伸長が著しく、02年度は、4万円以上の60%以上を占めると思われます。またコードレスクリーナーも約20%の構成で安定的に推移する見込です。
 新製品は、掃除中のコードのわずらわしさのないコードレスタイプのクリーナーで、集塵方式は紙パック不要のサイクロン方式を採用しており、幅広くユーザーニーズにお応えする商品です。「使い勝手のよさ」はそのままに、「さらにパワーアップ」を実現し吸塵力を向上し、メインクリーナーとしてのコードレス需要の高まりに対応し商品化するものです。

新製品の主な特徴

「しっかり取れる」

1. 大径ファンの新型モーターと新電池によりパワー約2倍(VC−P10X)*1
VC−P10Xは、高電圧ニッケル水素電池を採用。従来機種の19.2Vから31.2Vへ高電圧化し、大径ファンとの相乗効果により従来比、約2倍*1のパワーを実現しました。また、VC−P8Xも大径ファンの採用により約1.5倍*1にパワーアップしました。メインクリーナーとしての使用にも、しっかりした吸込み力でお応えします。
*1・・・従来機種VC-M1Xとの最大真空度比較
   
2. フローリングも拭いたように取れる「パワーイオンヘッド」
小型モーター内蔵のヘッド部分は、かき出しブラシにトルマリン(鉱石の一種)を含浸させ、床面との摩擦によってマイナスイオンを発生させることにより、プラスイオンを持った床面上の粉ゴミなども拭いたようにスッキリ取ることが出来ます。
また、壁ぎわ一発機構により、壁ぎわや隅のごみとれを向上するとともに、新前取り構造を採用し、ヘッドを前に押した時は大きめのごみとれを向上、引いた時はブラシ内の真空度を上げじゅうたん上などでのごみとれを向上します。
   
3. パワー長持ち「2段式マジックサイクロン集塵」
コードレスクリーナーの電池を有効に活用するために、ゴミがたまってもパワーが落ちにくいマジックサイクロン方式を採用しています。従来のVC-M1Xでは、分離部と集塵部が一体の一段式でしたが、よりハイパワー対応をするために交流式サイクロンクリーナーと同様の2段式を採用しました。もちろん、紙パックは不要で、異物を吸込んだ時の取り出しも楽です。

「クリーンさも向上」

4. 排気の風が気にならない「やわらか分散排気」
排気口を本体両サイドに大きく設置しました。さらに、排気口カバーに当てて分散し排気することにより従来比半分の約1m/秒の低速排気を実現しました。コードレスクリーナーは、本体を手で持って使ったり、肩に掛けて使ったりと、体の近くで使うケースが多くありますが、排気風も気になりません。
   
5. においもキャッチ、竹炭フィルター
モーターの前部分に、竹炭を砕いてフィルターに付着させた竹炭フィルターを設置しました。においや空気に含まれるホルムアルデヒドなども吸着し、排気に混ざって排出される量を抑えています。竹炭フィルターは、洗って繰り返しご使用いただけます。
   
6. プラスイオンや微細塵をキャッチするイオンヘパフィルター
微細なほこりが放出するプラスイオンを、トルマリン(鉱石の一種)を使用したイオンフィルターの発するマイナスイオンで吸着します。さらに、ヘパクリーンフィルターで、ほこりそのものをキャッチしますので、排気は清潔です。
   
7. マイナスイオン発生器搭載(VC−P10Xのみ)
VC−P10Xは放電式のマイナスイオン発生器を搭載しています。掃除中はもちろん、充電中や充電完了後にも、充電台の上にあればスイッチ操作で2時間マイナスイオンを放出することができます。またマイナスイオン発生中は、グリーンのLEDランプでお知らせします。

「使い勝手をさらに工夫」

高いところや、狭いところの掃除に活躍する「3段伸縮式すきまノズル」、角度が変わる「フリーアングルブラシ」を付属。
使う人に合わせて長さを変えられる「5段階伸縮式延長管」、握りやすくて手首の疲れにくい「エルゴグリップ」を装備。
着脱が容易になった「ワンタッチ式ショルダーベルト」付(VC−P10Xのみ)

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様

お問い合わせ先

お客様からの新製品に関する
お問い合わせ先
家電機器社
リビングソリューション部
TEL 03(3257)5864


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright