東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
業界初のファインセラミック剛熱鍛造厚釜を採用したIH保温釜新製品の発売について

2002年8月6日

内釜のフッ素樹脂加工は3年間の保証付き

IH保温釜「RC−10GW」

 当社は、業界で初めて外周に断熱ファインセラミック加工を施した厚釜を採用し、IHの強火(熱)を外に逃がさずに一気に沸騰して強い対流を起こすことで、炊きムラがなくお釜のどこをよそっても一粒一粒芯までふっくらと美味しいご飯を炊き上げることのできるIH保温釜「RC−10GW/18GW」など、3機種6モデルを商品化し、9月1日から発売します。
 新製品では、こびりつきを防ぎご飯をきれいによそい取ることができる、内釜のフッ素樹脂加工の耐磨耗性を高めています。長く安心してお使いいただけるとともに、内釜のフッ素樹脂加工には3年間の無償交換保証を付けました。

 新たに採用した「ファインセラミック剛熱鍛造厚釜」では、「厚み」と「丸み」が特長の鍛造厚釜の外周に、断熱ファインセラミックをプラズマジェット製法で溶射することで、従来以上に内釜の保熱性を高めています。内釜自身が発熱して炊飯するIH式の特性を活かし、IHの熱を外に逃がさないことで一気沸騰と従来より強い対流を可能にしました。内釜全体に均一に熱を伝え、どこの部分でもお米の一粒一粒芯までふっくら炊き上げます。

 新製品は、丈夫で長く清潔にお使いいただけるカラーステンレス素材を採用しました。また、棚においてもキッチンファニチャーに入れてもボタン操作がしやすく、表示も見やすいよう、大型カラー液晶を採用しパネルの位置形状を工夫しました。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 2002年度の保温釜の需要は、買替えを中心に前年比103%伸長の約628万台が見込まれており、このうち約53%をIH方式が占めると予測されます。保温釜の買替えサイクルは6〜7年で、需要のピークであった1996年の685万台のユーザーが買替え期に入っており、今後の伸長が期待されます。またマイコンヒーター式からの買替えユーザーに加え、おいしさにこだわったIH式からの買替えユーザーが見こまれます。
 また近年の米食の傾向として、1人あたりの米の消費量は年々減少傾向にありますが、一方で、(1)おいしさへのこだわりから米の銘柄へのこだわりが強いこと、(2)健康へのこだわりから玄米や分づき米に加え発芽玄米が脚光を浴びている、(3)働く女性が増え帰宅後炊飯をするとき手間なくご飯を炊きたいというニーズから無洗米の売上が伸びている、など様々な変化があります。
 食べる米も様々、おいしさへのこだわりも様々、デザインへのこだわりも様々です。また本物の道具は長く使いたいとの愛着心から、素材へのこだわりもあります。
 6〜7年もの長期間毎日使用することもあり、マイコンヒーター式に比べ価格が高くても美味しくご飯が炊け、炊き分けなど機能が豊富で、本体や内釜の材質にこだわったIH保温釜へのニーズは根強いものがあります。また、最近は内釜でお米が研げますか?万が一フッ素樹脂加工がはがれても体に害がありませんか?といったお問合せも聞かれます。
 当社は、このようなニーズに対応し、新開発のファインセラミック剛熱鍛造厚釜「剛熱かまど炊き」の採用により炊飯能力の向上を図るとともに、本体にお手入れ簡単なカラーステンレスを採用し内釜フッ素樹脂加工の3年間無償交換保証を採用することで、高付加価値商品への買替え需要を喚起していきます。

新製品の主な特長

内釜の特長

1−1. 業界で初めて、厚釜の外周に断熱ファインセラミック加工を施した「ファインセラミック剛熱鍛造厚釜」を採用しました。断熱ファインセラミックをプラズマジェット製法で溶射し、保熱性をさらに高めています。ヒーター式が外部から熱伝導するのに対し、IH式は内釜自身が発熱しますが、このIH式の特性を活かし、IHの熱を外に逃がさないことで、一気沸騰と、従来より強い熱対流を起こすことを可能にしました。内釜全体に均一に熱を伝えることができ、内釜のどこをとっても十分なお米のα化が進み、お米の一粒一粒芯までふっくら炊き上げることができます。
(RC−10GW/18GW、RC−10GX/18GX)
1−2. 内釜の内面底に「WAVE加工」を施し、溶湯鍛造製法ならではの底厚に凹凸の変化を設けることで、沸騰時に内釜の中心部から高熱の泡を数多くわき出させます。熱の通り道となる無数の泡でお米を弾ませるように対流させ浸水性を高めます。さらに、従来の外から中への対流に加え、内釜の真ん中から真上に吹きあがる対流を起こすことで、熱の伝わりにくい内釜中心部まで十分加熱することで炊きムラを抑えます。
1−3. 内釜の発熱体ステンレスに「打ち出しディンプル加工」を施し、表面積を大きくすることで発熱効率と熱伝導を良くしています。
(RC−10GW/18GW、RC−10GX/18GX)
1−4. 「釜底厚7ミリメートル」と「丸底角度60。」の鍛造厚釜を採用することで、釜内の熱対流を増やし、米の含水率ムラを抑えた炊飯を実現しています。
*RC−GGは釜底厚5mm
1−5. こびりつきを防ぎご飯をきれいによそい取ることができる、内釜のフッ素樹脂加工の耐磨耗性を高めています。長く安心してお使いいただけるとともに、内釜のフッ素樹脂加工には「3年間の無償交換保証」を付けました。顔料などを含まないピュアなフッ素樹脂(4フッ化エチレン)を下塗り層として追加使用することで密着性を向上し、従来、プライマー層とトップコートの2層だったものを3層にしました。また表面のトップコートに耐磨耗性の高いPFA(ポリパーフルオロアルコキシ)樹脂を採用しました。

その他の特長

2. 保温時にも炊き立てのおいしさをより長く保つためには、むらしから保温初期は余分な水分を適度に放出して内鍋や内蓋に付着する水滴をなくす必要があります。
蒸気弁を使用した「調圧大型蒸気口」*1や内釜上部を加熱してつゆ付きを抑える「フランジヒーター」、内蓋のつゆ付きを抑える「ステンレス遠赤内蓋」*2採用などによって、釜内の湿度・温度の最適なコントロールを実現しており、保温時のご飯の鮮度を従来より高めています。
*1 RC−10GG/18GGは調圧弁なし。
*2 RC−10GW/18GWのみ。
   
3. 当社独自の「ファインセラミック剛熱鍛造厚釜」の持つ高い熱伝導、蓄熱効果を最大限に活かすために、業界トップクラスの高火力1400W(消費電力)を採用し、沸騰まで一気に立ち上げることで煮崩れを防ぎ、一粒一粒しっかり炊き上げます。
(RC−18GW、RC−18GX)
   
4. 丈夫で長持ちいつまでも清潔にお使いいただける「カラーステンレス」を本体と蓋に採用し、棚においてもキッチンファニチャーに入れてもボタンが押しやすく、表示が見やすい「大型カラー液晶」採用の本体斜めパネルで、シンプル且つコンパクトで、キッチンにぴったりマッチするソフトなデザインを実現しています。
   
5. インバータ制御により、炊飯時の火力を5段階に調節し、我が家好みのおいしさに合わせた炊き分けや、銘柄に合わせた炊き分けでおいしくご飯を炊き上げることができます。高性能PF&VFインバータにより、安定した火力を実現しています。
   
6. 蒸し台を付属し専用の蒸しコースを設けることで、本格蒸しおこわや冷凍ご飯のあたため、シューマイも簡単に蒸すこともできます。
(RC−10GW/18GW)
   
7. 玄米ご飯やおかゆなどの従来の健康メニューに加え、最近話題の発芽玄米が手軽においしく炊ける発芽玄米コースや、炊き込みご飯、おこわなど多彩なメニューを搭載しています。また最近需要の高まっている無洗米も手軽においしく炊ける「無洗米コース」も採用しています。
   
8. 置き場所に合わせて使いやすい位置が選べる「マグネットしゃもじ受け」、表面に凹凸を付けた使いやすい「こびりつかないしゃもじ」を採用しています。
*RC−10GW/18GWのみ

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様
*本体色: (N)プラチナゴールド、(S)ダイヤモンドシルバー、(P)スパークリングピンク

「プラズマジェット製釜法」

IHの高火力を活かすための鍛造製法
1.アルミ溶湯を下型に入れる。
1.アルミ溶湯を下型に入れる。
2.高圧力で成形
2.高圧力で成形
3.鍛造厚釜完成
3.鍛造厚釜完成
さらに断熱効果をさらに強化プラズマジェット製法
4.セラミックをプラズマジェット溶射
4.セラミックをプラズマジェット溶射
5.セラミックが高温で高密着
5.セラミックが高温で高密着
6.ファインセラミック剛熱鍛造厚釜 完成
6.ファインセラミック剛熱鍛造厚釜 完成

お問い合わせ先

新製品に関するお客様からの
お問い合わせ先
家電機器社 
クッキング ハウスホールド 
クリエーション部
TEL 03(3457)3565


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright