東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
PDA/電子辞書向け32ビットマイクロプロセッサの発売について

2002年8月19日

豊富な周辺回路を内蔵した携帯情報端末向けワンチップマイクロプロセッサ

「TMP92CH21FG」

 当社は、PDAや電子辞書などの個人用携帯情報端末向け32ビットワンチップマイクロプロセッサの新製品として、豊富な周辺回路を内蔵し部品点数の削減を実現できる「TMP92CH21FG」を開発しました。サンプル出荷は9月から行い、12月から月産10万個規模で量産を開始します。

 新製品は、カラーLCDコントローラ、USBコントローラ、NAND型フラッシュメモリコントローラなど豊富な周辺回路を内蔵していますので、PDA、携帯電話、電子辞書など多機能化が進む個人用携帯情報端末機器などに適しています。また、低消費電力・高性能のオリジナル32ビットCPUコア「TLCS−900/H1」を搭載していますので、業界最小クラスの消費電力75ミリワットを実現しています。

新製品の主な概要

新製品の主な概要

開発の背景と狙い 

 近年、性能が急激に向上している個人向け携帯情報端末においては、データを大量に高速で処理し、かつ、低消費電力で駆動するマイクロプロセッサへのニーズが高まっています。

 当社は、こうしたニーズに対応し、高速動作可能でかつ低消費電力を考慮したCPUコア 「TLCS−900/H1」を搭載し、豊富な周辺回路を内蔵した新製品を商品化しました。新製品の採用により、機器の設計を容易にするとともに、消費電力、部品点数の削減を実現できます。

新製品の主な特長

1.

豊富な周辺回路を内蔵していますので、多機能化が求められる携帯情報端末に最適です。
(1) 256/4096色、STN/TFT対応のLCDコントローラを内蔵し、クオリティの高いカラー表示を容易に実現できます。
(2) ビット単価のコストパフォーマンスに優れた、SDRAMやNAND型フラッシュメモリコントローラを内蔵し、セット価格を押さえた商品開発にすぐれています。
(3) SDRタイプのSDRAMコントローラを内蔵しデータRAM、液晶表示用のRAMに対応しています。また、SDRAMからプログラムを実行することも可能です。
(4) 4エンドポイントに対応した、USB1.1(12Mbps)のコントローラを内蔵し、PCとの通信を高速に行うことができます。

   
2. 当社のオリジナル32ビットプロセッサコア「900/H1コア」を搭載することで、外部の最大動作周波数10メガヘルツで内蔵PLL回路により内部動作周波数20メガヘルツの高速処理動作を実現しています。
   
3. 内蔵されたブート専用の8キロバイトのROMにより、外付けのNAND型フラッシュメモリから内蔵RAMへデータを転送し、内蔵RAMからのブートが可能です。また、USB、UART通信機を使ってPCから内蔵RAMへのデータ転送・ブートも可能です。
   
4. 当社のオリジナル16ビットプロセッサコア「900/L」、「900/L1」、「900/Hコア」と命令コード完全互換です。また、当社のCコンパイラによるプログラムのコード効率も良く、従来のTLCS−900系と同等です。さらに、開発環境は、当社製RTEモデル25/15コントローラが使用可能です。

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様

お問い合わせ先

新製品についてのお客様からの
お問い合わせ先
セミコンダクター社
マイクロプロセッサ統括部
TEL 03(3457)3459


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright