東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ビジネスプロセス管理技術を用いた運用支援/ビジネス支援システムの発売について

2002年8月27日

 株式会社東芝 e−ソリューション社(カンパニー社長:河村進介)は、ビジネスプロセス管理(BPM*1)技術を用いた運用支援/ビジネス支援システム(OSS/BSS*2)ソリューションの設計・構築・運用サービスを本年12月から開始します。

 当社のOSS/BSSは、従来互換性のなかったデータベースや自製アプリケーション等の間でデータ交換することが可能となるので、受発注、設計、製造、出荷といった各種業務システムを連動させることができます。また、Web技術によって、業務システム利用者のパソコン画面には業務の進行状況や異常の発生といった本当に必要な情報だけを表示することができるため、業務システム利用者は人間の介在が必要な例外・異常処理だけに専念することができます。これらにより業務効率が向上すると共に、利用者全員の意思決定の速度を速めることができるので、現在のITシステムを顧客志向の真の戦略的道具へと変革することが可能です。
 本ソリューションでは、OSS/BSSに加え、当社が永年に亘り蓄積した業種・業務ノウハウとBPM、運用管理の技術蓄積を活かして体系化した、OSS/BSS企画・設計サービス、構築・展開サービス、運用・保守サービスが提供されることで、信頼性・拡張性のあるOSS/BSSシステムを短期間で構築することが可能になります。

 本ソリューションは、ビジネスプロセス管理に日本ティブコソフトウェア社のワークフロー「TIB/InConcert」や「The Information Bus」を、システム運用管理に日本ヒューレット・パッカード社 の「OpenView」をそれぞれ採用し、東芝の技術・ノウハウを結集して実現したものです。定評ある両製品に関し、日本でのサポートでは当社が多くの実績を積んでおり、これらを組み合わせて一層の効果を発揮させることができます。

 当社は通信キャリアのほか、電力、製造、流通、公共、金融等、幅広い企業に本ソリューションを提供し、販売開始後1年で12億円の売上を目指します。

商品化の背景と狙い

 近年、競争の激化により、これまで企業起点であったビジネスプロセスの流れが、顧客起点に変化しました。これにより多くの企業にとって、コストアップを抑えつつ、顧客満足度を高める優れた商品・サービスの提供が課題となっています。そのため、ITをビジネスの戦略的道具として使うことが求められており、以下の資質が期待されています。

  • 企業内の全ての活動が、顧客へ、競業他社よりも迅速に、最善の商品・サービスを提供するという目的に向かって為されること。
  • 特に迅速さは企業の勝敗を決するので、ビジネス上ある事象(イベント)が発生した場合、それに関連する全ての処理が、連鎖的に即座に実行されること。
  • 道具で解決できることは道具に任せ、有能な人材は道具では処理できない「例外事象・異常事象」の解決を本務とできること。
  • 将来事業戦略や市場の変化により業務の手順が変更されても、柔軟に対応できること。
  • ビジネスが一時の停滞もなく、安定して為されること。
  • 最小の投資で、最大の効果が得られること。

 しかしながら、企業経営責任者の方の多くが、現状のITシステムが上述の期待に応えていないという苛立ちを感じておられます。

 この問題の解として、今までのシステムを全て捨て、新しいシステムを導入するという選択もあり得ますが、過去の資産を廃却して新たに設備を導入するという二重の投資が必要になることとに加え、一時もビジネスの停滞は許されないということからも、現実的な解ではありません。

 このような背景のもと当社は、企業における業務の自動化や、アプリケーション統合を実現する技術であるビジネスプロセス管理を導入することで、現状のシステムをできるだけ利用しながら、上述の資質を満たしつつ新たなシステムに移行する「OSS/BSSソリューション」を提案します。

東芝OSS/BSSの特徴

1. ワークフロー/アプリケーション間連携による業務手順の自動化
企業内アプリケーション統合(EAI*3)技術により、受注→在庫確認→発送といった業務手順をワークフローに登録しておくことで、各種アプリケーション間で情報交換を行いながら、あらかじめ決められた手順に従って処理を自動的に行うことができます。業務のスピードアップと共に、人手によるミスを減らすことが可能になり、仕事の手順を変えなければならない場合の対応も容易です。また、既存のシステムに必要な機能だけを追加して新たなシステムを構築することが可能になり、導入コストを最小限に抑えます。
   
2. WebTopによる情報共有
業務の進捗状況やシステムの稼動状況は随時Webに表示されます。必要な情報だけが自動的に自分のWebtopに表示されるため、従業員の生産性を向上させ、スピーディな意思決定を可能にします。またWebで顧客にタイムリーな情報発信を行うことで、顧客満足度を高めます。
   
3. 強力な運用管理機能
ネットワークやサーバの障害をいち早く検出し、問題箇所を特定することで、ダウンタイムを短縮します。さらに、障害の発生する予兆を検出し、実際に障害が顕在化する前に対処することで、ビジネスへの影響を最小限に留めます。
   
4. サポート・サービス
OSS/BSSの企画・設計サービス、構築・展開サービス、運用・保守サービスを用意し、熟練した技術者がシステムの設計から構築、導入後の保守までを一貫してサポートします。これにより短期間で高品質なシステムの構築が可能になり、安心して導入いただけます。

*1) BPM:Business Process Management
*2) OSS/ BSS:Operations Support System / Business Support System
*3) EAI:Enterprise Application Integration

お問い合わせ先

システムに関する
お問い合わせ先
e−ソリューション社 
ネットワークインテグレーション・
サービス事業部
TEL 03(3457)3886


ツール提供パートナー様からの賛同のコメント


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright