東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
1チップフルデジタル映像処理LSIを搭載したテレビ デジタル"FACE"の発売について

2002年8月28日

ピアノフィニッシュ仕上げのスタイリッシュデザインに一新

BS・110度CSデジタルハイビジョンテレビ デジタル"FACE"(左)36D3000 (中)32D3000 (右)28D3000

 当社は、新開発の1チップフルデジタル映像処理LSI"CONQUESTII"を採用した映像処理回路により、自然な色合いで高画質を実現するとともに、当社独自のピュア・"バズーカ"システムを搭載し、重低音から高音までクリアな音声を再現できる、BS・110度CSデジタルハイビジョンテレビ「デジタル"FACE"32D3000」など3機種を10月1日から順次発売します。
 新製品ではデザインを一新し、透明感あるピアノフィニッシュ仕上げの黒フレームで画面を引き立てる、フラッシュサーフェス&"ポスターフレーム"デザインを採用しています。*1

 新製品は、従来複数のLSIで処理していたBSデジタル放送、110度CSデジタル放送から地上アナログ放送までの全ての映像信号を1チップでフルデジタル処理する新開発デジタル映像処理LSI"CONQUESTII"を搭載しています。周辺回路を含めたシステム全体の最適化により、赤色をより自然に再現し、暗いシーンでの表現力が増すなど、高画質を実現しています。

 また、当社独自の"バズーカ"に、録音スタジオなどに取り入れられているデジタル位相補正システムを組み合わせて、迫力の重低音から中高音まで原音に近いピュアな音声を再現できるピュア・"バズーカ"システムを採用するなど、音質の向上も図っています。

*1 32D3000、28D3000のみ

新製品の概要

新製品の概要

商品化の狙い 

 2000年12月に始まったBSデジタル放送を皮切りに、110度CSデジタル放送が今年の4月から開始され、さらには2003年には地上波デジタル放送の開始が予定されるなど、放送のデジタル化が進んでいます。 当社は、このような状況に対応し、デジタル放送をより高画質、高音質で表現できるデジタルハイビジョンテレビとして、新製品を商品化するものです。

新製品の主な特長

1. 高画質映像
(1) 新開発1チップフルデジタル映像処理LSI"CONQUESTII"を採用した映像処理回路
従来3つのLSIで処理していたBSデジタル放送、110度CSデジタル放送から地上波アナログ放送までの全ての映像信号を "CONQUESTII"1チップによるフルデジタル映像処理を実現しました。更に目障りなノイズや輪郭のザラつきを抑えるデジタルノイズリダクション(DNR)によりくっきりとした高画質映像を映し出します。また、NTSC信号をプログレッシブ信号に変換するデジタルSプログレッシブ方式を採用し、地上波アナログ放送も鮮やかに再現します。
更に"CONQUESTII"の周辺回路も含めたシステム全体の最適化により、赤色をより自然に再現可能となったとともに、暗部における階調表現力が増し暗いシーンもより詳細に再現します。
(2) ファインビームスーパーブライトロン管を採用
36・32形には電子銃のビームを絞ることで映像を精細に表現するファインビームスーパーブライトロン管を採用しており周辺部までフォーカスの均一化を図り高精細映像を再現しています。
さらに、36形においてはファインピッチブラウン管(センター部マスクピッチ 0.62mm)を採用しており大型画面でもきめ細かな映像を映し出します。
(3) デジタルハイビジョン映像を細部まで映し出すデジタルHDドライバー
ブラウン管のドライブ回路にデジタルハイビジョン放送の広帯域映像信号に余裕をもって対応するデジタルHDドライバーを採用しています。
(4) ゴーストリダクション
地上波放送の目障りなゴースト(多重映り)を抑制し、輪郭をくっきり鮮やかに映し出します。
   
2. 高音質
(1) ピュア・"バズーカ"システム
当社独自の重低音を再生する"バズーカ"にデジタル位相補正システムを採用することにより、重低音から中高音までクリアに再現し臨場感あふれるサウンドで楽しむことができます。
(2) デジタルサラウンド再生
TruSurround Digital5.1CH方式を採用することで、ピュア・"バズーカ"システムとあいまって本体のスピーカーだけで包み込むような立体感のあるサラウンド空間を再現し臨場感あふれる音声を楽しむことができます。
(3) RI EXオーディオコントロールシステム対応
テレビのリモコンを使ってRI EX対応AVアンプの電源や音量をコントロールすることができます。
(4) 光デジタル音声出力端子
BSデジタル放送の最大5.1chのデジタルサラウンド音声を、AAC対応AVアンプとスピーカーシステムとの組み合わせによって、本格的なデジタルサラウンドが楽しめます。
   
3. 映像を美しく浮かび上がらせるフラッシュサーフェス&"ポスターフレーム"デザイン
32・28形ではブラウン管とフレームの段差を極力減らすと共に細く透明感あるピアノフィニッシュ仕上げの黒フレームで映像を美しく浮かび上がらせたフラッシュサーフェス&"ポスターフレーム"デザインを採用。
本体デザインに合わせたオープンタイプの専用台も用意しました。
   
4. BSデジタル放送と110度CSデジタル放送に対応
ハイビジョン放送、ラジオ放送、データ放送などが行われるBSデジタル放送、専門性の高いテレビ放送やラジオ放送,データ放送が行われる110度CSデジタル放送のサービスに対応しています。
蓄積型データ放送には対応していません。
   
5. 業界トップクラスの消費電力実現
新開発1チップフルデジタル映像処理LSI"CONQUESTII"により32形で187Wの低消費電力を実現。さらに一定時間無操作時に電源待機状態にするなどの省エネモードも備えています。
8月28日現在 ハイビジョン表示のBS・110度CSデジタルブラウン管式テレビにおいて
   
6. デジタルスマートリモコン
従来の地上波チャンネル(12ポジジョン)、BSデジタル放送チャンネル(11ポジション)のダイレクト選局ボタンに加え、データ放送や電子番組表などの操作ボタンをグルーピングした、使いやすいレイアウトを採用しています。
更に2003年から開始予定の地上波デジタル放送に備えて今後商品化予定の当社地上波デジタルチューナーの選局などの操作が可能なボタンをデジタルスマートリモコンに設けています。
   
7. AVデジタルネットワークに対応
(1) スマートメディアTMスロットとSDメモリカードスロット搭載
スマートメディアTMスロットとSDメモリカードスロットを搭載しており、デジタルカメラで撮影した映像を、テレビ画面に高画質で再生できます。
(2) i.LINK端子を装備
デジタル記録・再生機器とケーブル1本で簡単に接続できるi.LINK端子を2端子装備しています。
D−VHSビデオなどと接続することで、BSデジタル放送・110度CSデジタル放送をデジタル信号のまま記録、再生することができます。また、テレビに表示されるコントロールパネルを使って、テレビのリモコンでD−VHSビデオなどの操作が可能です。
   
8. アナログ字幕放送対応
デジタル放送の字幕放送のみならず、地上波アナログ放送で行われている字幕放送にも対応しており、自動字幕モードにしておけば字幕放送が始まると自動的に映像と一緒に字幕を表示することができます。
   
9. 多彩な選局方式
(1) 電子番組表*1(EPG)
デジタル放送で送られてくる1週間分*2のデジタル放送の番組表を表示します。映画やスポーツなどのジャンル別の色分けも可能で、多チャンネルでもすばやく見たい番組を探し出せます。また、i.LINKを使ったD−VHSビデオへのデジタル録画や、ビデオコントロール機能を使ったVHSビデオへのアナログ録画予約も、この電子番組表から簡単に行えます。
(2) ジャンル検索*3
映画やスポーツ、音楽、ドラマなどのジャンルをアイコン(絵文字)表示しており、アイコンを選択することで、ジャンルごとに番組を探し出すことができます。
(3) 番組チェック*4
現在放送中の番組をリスト表示します。また、次の番組も表示できますので、確認、選局、予約などを簡単に行えます。
(4) お気に入り*5
5つのカテゴリーにテレビ放送だけでなく、ラジオ放送,データ放送も含め最大40チャンネルを登録しておくことができ、お気に入りの番組を簡単に選局することができます。
*1,3,4,5 BSデジタル放送・110度CSデジタル放送のみ。
*2 電子番組表で表示できる日数は電波で送られてくる情報で決まります。
   
10. 二画面機能
BSデジタル放送・110度CSデジタル放送と、地上波アナログ放送を二画面で表示することができます。チャンネルリスト表示で簡単な選局を可能にし、使い勝手を高めています。
   
11. D4端子
D4端子を2系統搭載しており、デジタル放送の信号フォーマット(525i、525p、1125i、750p)に対応しています。

[テレビ台(オプション)]

テレビ台(オプション)

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様

お問い合わせ先

お客さまからの商品に関する
お問い合わせ先
映像ネットワーク事業部 TEL 03(3257)6028


  • RI EXは、オンキョー株式会社の商標です。
  • TruSurround DIGITAL 5.1CH方式は、SRS Labs. Inc の商標です。
  • スマートメディアTMは、株式会社 東芝の商標です。
  • i.LINKは、商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright