東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
業務アプリケーションに翻訳機能を組み込める英日/日英翻訳サーバの発売について

2002年8月28日

グローバルビジネスにおける翻訳ソリューションを実現

 株式会社東芝 e−ソリューション社(カンパニー社長:河村進介)は、高い翻訳品質を実現するとともに、英日双方向の翻訳機能をサーバマシン(SolarisまたはWindows環境)上で稼動する各種の業務アプリケーションに組み込んで利用することのできる英日/日英翻訳ソフト「The翻訳サーバV2」を、8月30日から販売します。また、業務アプリケーションへの翻訳機能組み込みのための支援から導入、保守まで一貫したサポートサービスを、あわせて提供します。

 新商品は、文献検索・閲覧システム、情報配信システム、メールシステムなど、サーバマシンで稼動する各種の業務アプリケーションに英日双方向の翻訳機能を組み込んで、業務アプリケーションから翻訳機能の利用を可能にするものです。業務アプリケーションに組み込むことで、利用者と業務アプリケーションとの間で受け渡される英語の情報を日本語に、日本語の情報を英語に翻訳することができます。これにより、例えば英文の検索システムにおいて、これまで英語でしか検索できなかったものが日本語を入力して検索することが可能になり、さらに、検索結果も英語の原文でなく、日本語の翻訳結果で読むことが可能になります。

「The翻訳サーバV2」は、業界最大クラスの130万語の基本辞書を搭載し、定評のある翻訳品質を実現しています。基本辞書のほかに、オプションとして、16分野200万語以上の専門用語辞書も組み込むことができます。また翻訳機能として、ホームページ翻訳、メール翻訳、テキスト翻訳があります。さらに「クライアント翻訳オプション」を使用することにより、ビジネスシーンで使用されることの多いMicrosoft OfficeおよびAdobe Acrobatからの連携翻訳も可能になります。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 グローバル化の進展とネットワーク化により、ビジネス活動がボーダーレスで行われるようになっていますが、その一方で、個々の地域の事情に合わせたローカライゼーションの必要も高まっています。これに伴い企業が自社の業務アプリケーションに翻訳機能を組込むニーズが徐々に増大してきており、これに対応できる翻訳システムが求められていました。

 当社は、このようなニーズに応えるため、業界最大クラスの130万語の基本辞書を搭載し、各種業務アプリケーションへ翻訳機能の組み込みが容易なAPIを提供、しかも翻訳ソフトの一元管理により運用が容易な「The翻訳サーバV2」を商品化します。またオプションとして16分野200万語以上の「専門用語辞書オプション」、ビジネスシーンでよく使われるMS-Office連携翻訳、Adobe Acrobat連携翻訳ができる「クライアント翻訳オプション」を提供します。これらにより、企業向け業務アプリケーションと連動し、翻訳精度の一層の向上と翻訳機能の拡充を図ります。

新製品の主な特長

1. 業界最大の130万語の基本辞書を搭載
英日65万語、日英65万語に増加しました。また構文解析、訳語選択、訳し分け規則等の改善により翻訳精度を向上しました。サーバ内に辞書を共有することで、利用者は均一の高い品質の翻訳結果が得られます。
   
2. 業務アプリケーションへ翻訳機能組込が容易
APIを提供することで、各種の業務アプリケーション(文献検索システム、情報配信システム等)に翻訳機能を容易に組み込めます。
   
3. 翻訳ソフトの一元管理により運用が容易
ソフト管理や辞書整備が一元管理でき、運用コストの低減が図れます。
   
4. 業務アプリケーションに組み込むための支援サービスの提供
APIを提供するため、APIコンサルテーション、開発支援サービス等各種の充実したサポートサービスを提供します。
   
5. 導入から保守までのサポートサービスの提供
導入前から運用・保守に至るまで利用者のシステムに合わせた環境設定、負荷分散、運用教育の他にスタートアップ、クライアントインストール、APIコンサルテーション、辞書構築、カスタマイズ等各種の支援をサポートサービスメニューにより利用できます。
   
6. 専門分野の文書翻訳に役立つ専門用語辞書
オプションの「専門用語辞書パック」を追加することにより、英日/日英16分野 203万語を収録した「The翻訳専門用語辞書V3.0」と同等の辞書データとなります。
   
7. 便利な翻訳機能
Webブラウザ上に表示されたホームページの翻訳やテキストの翻訳を行ったり、メールで原文を送信し、翻訳した結果を返信させることが可能です。
   
8. ビジネスツールとの連携翻訳
オプションの「クライアント翻訳オプション」を使用することにより、ビジネスシーンで使用されることの多いMicrosoft OfficeおよびAdobe Acrobat(*1)からの翻訳要求が行えます。翻訳結果のレイアウトは崩れませんので、会議資料などの翻訳にも利用できます。
(*1) 場合により一部反映できない情報もあります。

機能一覧

機能一覧
(a) 対象ツールの詳細は動作環境を参照
(b) 別売の「クライアントオプション」が必要

システム構成

<サーバ>
システム構成<サーバ>

<クライアント>
システム構成<クライアント>

注意事項
上記ツールは本製品には含まれません。
上記ソフトウェアは全て日本語版です。SDKなどで改造したツール,β版プレリリース版での動作は保証いたしません。
Acrobat Readerとの連携はできません。
本製品の仕様は予告なく変更される場合があります。

お問い合わせ先

お客様から商品に関する
お問い合わせ先
e−ソリューション社
コンピュータ・ネットワーク
プラットフォーム事業部
TEL 03(3457)2725

新商品情報は「The翻訳」シリーズのホームページ(http://www.hon-yaku.toshiba.co.jp/)でも提供します。


  • Microsoft、Windows、Windows NT は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • Solaris, iPlanetは米国及びその他の国における米国SUN Microsystems, Inc.の商標または登録商標です。
  • Adobe、Adobe Acrobatは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。
  • The翻訳は株式会社東芝の日本における商標です。
  • その他、本文中の商品名称はそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright