東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
国内初の家庭用自走式クリーナーの発売について

2002年9月5日

ロボットクリーナー「ECL−TR1(R)」

 当社は、"Electrolux by TOSHIBA"シリーズの新製品として、国内初の本格的家庭用自走式クリーナー「ECL−TR1(R)(愛称:トリロバイト*1)」を10月1日から発売開始します。

 新製品は、ニッケル水素電池を搭載したバッテリータイプのコードレスクリーナーで、自動運転により掃除を行うことができます。標準運転コースでは、まず、掃除する部屋の壁に沿って1周して部屋の広さを認識し、適切な運転時間を計算して掃除を開始します。このとき、部屋の中に障害物があっても、本体に搭載した超音波を発信・受信するセンサーで感知して、障害物をよけながら運転をすることができます。掃除が終わると、自分で専用充電台に戻り*2、自動充電を行います。

 当社は、世界最大の白物家電機器メーカーであるスウェーデンのElectrolux社と家電分野で包括的な提携関係にあり、この一環として、当社は、Electrolux社がデザインしたヨーロピアンテイストの家電製品を"Electrolux by TOSHIBA"シリーズとして、日本市場向けに2001年6月から順次、投入しています。
 このような中、当社は、本シリーズの商品ラインアップのひとつとして、Electrolux社が2001年11月からスウェーデンをはじめとするヨーロッパ各国で展開している自走式クリーナーを日本市場に初めて投入するものです。

*1: トリロバイト(Trilobite)=三葉虫。 海の汚れをきれいにしていた古代の海底生物にちなんでいます。
*2: 運転コースや充電台の位置によっては、自動で戻らない場合があります。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景

 家事の手間を省き、ゆとりある暮らしを人々に提供することがElectrolux社の自走式クリーナーのコンセプトです。Electrolux社は自走式クリーナーの開発に数年間を費やしてきましたが、その過程で、1997年に自走式クリーナーのプロトタイプ器を開発し、ヨーロッパの市場から良い反応を得ることをできたことが、最終的な製品化につながりました。

新商品の主な特長

1. コンパクトボディ
高さ13cm、直径35cmのコンパクトボディであり、ベッドやテーブルの下も掃除することができます*1
   
2. 高感度超音波センサー
超音波を用いた高感度センサーによって、家具やソファーなどの障害物を素早く認識し、障害物をよけて掃除を行います。
   
3. オートマティックバッテリーチャージ
バッテリーの充電レベルが低くなると、自動で充電台に戻って充電を開始します。掃除時間が終了していない場合は、充電が済むと再び掃除を行います*2

*1: 幅39cm高さ15cm以上のスペースが必要です。
*2: 運転コースによっては充電台を発見できないこともあります。その際は部屋のどこかに停止します。

新製品の主な機能

1. 標準運転コース
最初に掃除する部屋の壁際を周回し、部屋の広さを認識したうえで運転時間を自動計算します。その後、自動的に運転を開始し、掃除する部屋の壁に充電台が設置されていれば、運転終了後、充電台に戻り、自動充電を行います。
運転時間は最大60分で、障害物が全くない場合、40平方メートル(約24畳)を掃除することができます。
   
2. クイック運転コース
部屋の広さを認識せず、タイマーで設定された時間、自動運転を行います。運転時間は、5分/10分/20分/40分/60分の設定が可能です。
   
3. スポット運転コース
スタート位置の周囲1平方メートルを掃除するコースで、運転時間は約2分です。

新製品の主な仕様

<本体部>
新製品の主な仕様<本体部>

<充電器部>
新製品の主な仕様<充電器部>

Electrolux社概要

本社 スウェーデン
売上高 約1,358億SEK(スウェーデンクローネ)(約153億ユーロ)
代表 Hans Straberg(President&CEO)
従業員数 約8万7千人
取扱品目 冷蔵庫、洗濯機、クリーナー、調理機器などの家庭用および業務用機器、アウトドア製品、産業用機器他
販売地域 世界150ヶ国以上
ブランド Electroluxはじめ、AEG、Zanussi、Eureka、Frigidaire、Kelvinatorなど

お問い合わせ先

新製品についてのお客様からの
お問い合わせ先
家電機器社
HAクリエーション部
TEL 03(3457)3592


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright