東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
IAサーバ「MAGNIA(マグニア)」のラインアップ強化について

2002年9月18日

インテル社最新「XeonTM」プロセッサ搭載の2−Wayおよび4−Wayサーバ

東芝IAサーバー「MAGNIA3300(左)、7200(右)」

 当社は、IA(インテル・アーキテクチャ)サーバのエントリクラス、ハイエンドクラスのラインアップ強化を目的として、インテル社の最新CPU「XeonTMプロセッサ2.80GHz」を最大2つ搭載(2−Way)可能な「MAGNIA3300」と「XeonTMプロセッサMP」を最大4つ搭載(4−Way)可能な「MAGNIA7200」の新製品2機種を商品化し、本日から営業活動を開始します。

 エントリクラスの新製品「MAGNIA3300」は、インテル社の「XeonTMプロセッサ」を最大2つまで搭載可能で、ハイパー・スレッディング・テクノロジやNetBurstTMマイクロアーキテクチャなどの新技術により、部門サーバ・アプリケーションなどのマルチスレッド処理をはじめ、優れた処理能力を発揮します。
 また、1000BASE−Tと100BASE−TXの2ポートをオンボードで標準装備し、高速なネットワーク通信を実現しているほか、当社独自開発の高性能RAIDコントローラを搭載することにより、高速・高信頼のディスクアレイシステムが構築できます。
 さらに、メモリの複数ビット障害を自動的に修正するChipkillTM機能に対応したDDRメインメモリや、ホットプラグ対応のハードディスクと電源ユニット、冗長構成可能な冷却ファンとLANカードなどを採用することで可用性を向上させているほか、Webベースで運用状況を見守るサーバ監視ソフト「HarnessEye/web」を標準で搭載し、遠隔地の管理者端末から複数のMAGNIAサーバをブラウザ上で一括監視可能とするなど、優れた運用性を備えています。

 ハイエンドクラスの新製品「MAGNIA7200」は、インテル社の「XeonTMプロセッサMP」を最大4つまで搭載可能なほか、ハードディスクは最大1,460GB、メモリも最大12GBと優れた拡張性を持っています。さらにPCIスロットと冷却ファンのホットプラグにも対応し、大量・高速なデータ処理や高い可用性を必要とする基幹システムに最適なサーバとなっています。

商品化の背景と狙い

 最近のソリューションビジネスの現場では、いかに効率よく、効果的なソリューションを導入するかが焦点となっており、企業内の部門サーバなどの中小規模の業務システムから、インターネットを利用したネットビジネス向けシステム、基幹業務など企業の中核を担うサーバにいたるまで、さまざまな規模、形態において高性能、高信頼かつ高可用なサーバが求められています。
 当社は、こうした市場のニーズに対応し、「MAGNIAシリーズ」に、最新の高性能CPUを採用した新機種「MAGNIA3300」および「MAGNIA7200」を加えることで、ラインナップを強化し、一層の拡販を図ります。

新製品の概要

新製品の概要

新製品の概要

*1 最小システム出荷構成の価格
*2 「Windows(R) 2000 Server(5CAL付)」
*3 「Windows(R) 2000 Advanced Server(25CAL付」

新製品の主な特長

<MAGNIA3300>

1. インテル社の最新CPU「XeonTM(2.80GHz)」を最大2つまで搭載可能です。ハイパー・スレッディング・テクノロジ、NetBurstTMマイクロアーキテクチャの採用と、400NHzのフロントサイドバスに対応したチップセットを採用することにより大量・高速なデータ処理が可能です。
   
2. ディスクアレイ装置ArrayFortシリーズの高信頼RAID装置のノウハウと、当社独自のRAID高速化技術を搭載したRAIDコントローラを採用。高速・高信頼のディスクアレイシステムを提供します。
   
3. 1GB以上のメモリユニットにはメモリの複数ビット障害を自動的に修正するChipkillTM機能を搭載。メモリの信頼性を格段に向上しました。また最大6GBの高速DDR200メモリをサポートしており、大規模なアプリケーションにも余裕をもって対応します。
   
4. エントリクラスながらハードディスク、電源ユニット、冷却ファン、LANカードの冗長構成に対応。高い信頼性と可用性を実現しています。さらにハードディスクと電源ユニットはホットプラグにも対応。サーバ運用中でも交換が可能です。
   
5. Ultra320 SCSIに対応した146GBのハードディスク(11月下旬リリース予定)を最大で6台まで(合計876GB)搭載でき、高速性・拡張性に優れています。
   
6. Gigabit Ethernet対応LANを標準装備。さらに100BASE-TX/10BASE-Tも標準装備しており、オンボードの2つのLANポートで冗長構成をとることも可能です。
   
7. 拡張I/OスロットではPCI−Xに対応。64bit/100MHzで動作し、最大800MB/sの高速データ転送速度を実現します。PCIカードは合計6枚まで搭載でき、拡張性も十分です。
   
8. ツールレスで簡単に筐体を開けることができるので、ハードディスク、拡張カードの増設や保守時の運用性に優れています。
   
9. タワー型は、筐体を横置きにしてラックに収納することで、スペース効率と操作性の向上が図れるラッカブル筐体を採用しており、設置状況に応じたフレキシブルな対応が可能です。
   
10. 「Windows(R) 2000 Server」OSのインストールや初期設定を簡単に行うことが可能な「SetupInstructor」を標準で装備し、スムーズなセットアップが可能です。
   
11. クライアントからサーバ電源をオンできる「リモートWake Onツール」を標準装備。
   
12. 遠隔地の管理者端末からWebベースで複数のサーバの障害監視をすることができる、サーバ監視ソフト「HarnessEye/web」を標準装備しています。情報はEメールでも送信可能で、携帯電話などでも通知を受けることができます。また、ハードディスク障害予知などができ、十分なシステムの可用性を備えています。

<MAGNIA7200>

1. インテル社の最新CPU「XeonTM MP」を最大4つまで搭載可能です。ハイパー・スレッディング・テクノロジ、NetBurstTMマイクロアーキテクチャの採用と、400MHzのフロントサイドバスに対応したチップセットを採用することにより大量・高速なデータ処理が可能です。
   
2. ディスクアレイ装置ArrayFortシリーズの高信頼RAID装置のノウハウと、当社独自のRAID高速化技術を搭載したRAIDコントローラを採用。高速・高信頼のディスクアレイシステムを提供します。
   
3. メモリの複数ビット障害を自動的に修正するChipkillTM機能を搭載。メモリの信頼性を格段に向上しました。また最大12GBの高速DDR200メモリをサポートしており、大規模なアプリケーションにも余裕をもって対応します。
   
4. 冗長電源、冗長ファンを標準装備。高い信頼性と可用性を実現しています。さらにハードディスク、電源ユニット、冷却ファン、PCIスロットはホットプラグにも対応。サーバの運用中でも交換が可能です。
   
5. Ultra320 SCSIに対応した146GBのハードディスクを最大10台まで(合計1460GB)搭載でき、高速性・拡張性に優れています。
   
6. Gigabit Ethernet対応LANを標準装備。さらに100BASE-TX/10BASE-Tも標準装備しており、オンボードの2つのLANポートで冗長構成をとることも可能です。
   
7. 拡張I/OスロットではPCI−Xに対応。64bit/100MHzで動作し、最大800MB/sの高速データ転送速度を実現。PCIカードは合計8枚まで搭載でき、高い拡張性を備えます。
   
8. メンテナンス性を考慮した筐体構造にすることで、本体オプションの取り付け・交換を容易にしています。
   
9. タワー型は、筐体を横置きにしてラックに収納することで、スペース効率と操作性の向上が図れるラッカブル筐体を採用しており、設置状況に応じたフレキシブルな対応が可能です。
   
10. 「Windows(R) 2000 Server」「Windows(R) 2000 Advanced Server」OSのインストールや初期設定を簡単に行うことが可能な「SetupInstructor」を標準で装備し、スムーズなセットアップが可能です。
   
11. クライアントからサーバ電源をオンできる「リモートWake Onツール」を標準装備。
   
12. 遠隔地の管理者端末からWebベースで複数のサーバの障害監視をすることができる、サーバ監視ソフト「HarnessEye/web」を標準装備しています。情報はEメールでも送信可能で、携帯電話などでも通知を受けることができます。また、ハードディスク障害予知などができ、十分なシステムの可用性を備えています。

お問い合わせ先

新製品に関するお客様からの
お問い合せ先
PCサーバ事業部 TEL 03(3457)3019
MAGNIAシリーズ ホームページ URL http://www.magnia.toshiba.co.jp


  • MAGNIAは、(株)東芝の商標です。
  • Xeonは米国Intel Corporationの登録商標です。
  • Microsoft ,Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
  • Chipkillは米国IBM Corporationの商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright