東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
液晶テレビおよびプラズマテレビ新製品の発売について

2002年9月19日

デジタル無線伝送により家中どこでもテレビを楽しめる
フリースタイルを実現した「液晶"FACE"ワイヤレス」など

 

 当社は、モニターに映像や音声をデジタル無線伝送することで、ダイニングや寝室、テラスなど、家の中の好きな場所で、テレビ番組やDVDの映像を高画質で楽しむことができるワイヤレス液晶テレビ「液晶"FACE"ワイヤレス 20LF10」など3モデルを商品化し、11月10日より順次発売します。

 新製品「液晶"FACE"ワイヤレス」は、映像・音声を送信するワイヤレスステーションと、送られた映像・音声を受信するモニターとで構成されています。ワイヤレスステーションにテレビアンテナを接続し、内蔵の地上波チューナーで受信したテレビ番組を、MPEG2のデジタルデータに圧縮して、モニターに送信するので、モニターにはアンテナ線を接続する必要がありません。
 また、ワイヤレスステーションに接続したDVDプレーヤーやCSチューナー、ビデオデッキなどの映像・音声も伝送し、お手元のモニターで楽しむことも可能です。
 さらに、「リモコンパススルー」機能を搭載しているので、DVDプレーヤーなどのリモコンをモニターに向けて操作することで、離れた場所に置いたプレーヤー本体などを操作することも可能です。

 また、当社は今回、画質と音質を追求したBS・110度CSデジタルプラズマテレビ 「プラズマ "FACE"」の新製品3モデルについても商品化し、11月1日より順次発売します。
 新製品は、新開発の高輝度・高コントラストプラズマパネルを搭載し、業界トップクラス*1のセット輝度420cd/m2*2を実現しているほか、1チップ化によりノイズの発生を抑えた当社独自開発のフルデジタル処理LSI「CONQUEST II」と、プラズマパネルのクオリティーを充分に引き出すプラズマテレビ専用の映像処理回路「プラズマピクチャープロセッサー」の搭載により、色鮮やかでダイナミックな高精細映像を忠実に再現します。

*1 プラズマテレビとして。2002年9月現在。
*2 35P3000にて実現

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 今年度の国内のテレビ市場に占める薄型テレビの割合は、9%、出荷台数は85万台に達するものと予想されるなど、薄型テレビの需要はますます高まりを見せています。これは、薄型テレビの「ブラウン管テレビと比べて薄く、軽く、寸法が小さい為、どこにでも置きやすい」といった設置性の良さが多くのユーザに認知されてきていることを示しています。
 このような中、当社は、薄型テレビの設置性のよさを充分に引き出すために、デジタル無線伝送で映像・音声を送受信して家の中の好きな場所でテレビを楽しむことができるフリースタイルを実現した液晶テレビと、省スペースに配慮したスタイリッシュデザインのプラズマテレビの新製品を投入し、薄型テレビのラインアップを拡大することでシェアアップを図っていきます。

新製品の主な特長

<「液晶"FACE"ワイヤレス」「液晶"FACE"」の特長>

1. 電源コード1本で楽しめるフリースタイルなテレビを実現*1
ワイヤレスステーションにテレビアンテナやDVDプレーヤーなどを接続しデジタル無線伝送することで、モニターには電源を接続するだけでテレビやDVDを楽しむことができるフリースタイルを実現しています。普通のテレビを見るのと同じ感覚で付属のリモコンを操作するだけで、モニターにはアンテナの接続をすることなく、部屋を自由に移動してテレビを楽しむことが可能で*2、液晶テレビ本来の特長である軽さと設置性の良さを十分に活かしています。
*1 20LF10、14LF10で採用
*2 周囲の環境や場所により電波の届かない所があります。
   
2. DVDやCSチューナーのリモコンとモニターだけで楽しめる「リモコンパススルー」機能*1
リモコン信号を無線で伝送する「リモコンパススルー」機能を搭載しており、ワイヤレスステーションに接続したDVDプレーヤーやCSチューナーを、それらのリモコンをモニターに向かって押すことで操作することができます。例えば2階の寝室にモニターとDVDプレーヤーのリモコンを持って上がれば、寝室から1階のリビングにあるDVDプレーヤーを操作することができます。*2
*1 20LF10、14LF10で採用
*2 周囲の環境や場所により電波の届かない所があります。
   
3. すっきりとしたコスメティックコンセプトデザイン
ニュートラルでありながらさりげなく上品に存在感をアピールするコスメティックコンセプトデザインを採用。化粧品ケースのような上品な質感をもったデザインは、リビングはもちろん、ダイニング、寝室など、どんなお部屋にもマッチします。また、オプションのフロアースタンドでお部屋の中を自由に持ち運ぶことや、取り付け金具で壁にかけて映像を楽しむこともできます。さらにリモコンもすっきりとした上質な仕上げを施し、インテリアになじむコンセプチャルなデザインとしています。
   
4. 高画質・高音質
(1) 業界トップクラスの液晶応答速度*116msでキレのある映像を再現
動きの速い映像もくっきりと表示する16msの業界トップクラス*2の液晶応答速度を実現したハイスピードレスポンスパネルを採用しています。これまで液晶テレビが不得意としていた動きの速いシーンの多いスポーツ番組も切れのあるダイナミックな映像で楽しむことができます。
*1 映像を黒から白、白から黒に切り換えるのに要する時間の合計
*2 14V、20V型液晶テレビとして。2002年9月現在。
(2) 高輝度と広視野角、高コントラストを同時に実現した新開発液晶パネルを搭載
業界トップクラスの高輝度450cd/mと上下・左右160度の広視野角を実現し、外光の映り込みを低減する「NEWブラックコート」を採用することで高コントラストを実現した新開発の液晶パネルを搭載し、自然で美しい映像を再現します。
14V、20V型液晶テレビとして。2002年9月現在。
(3) ボックスタイプ大口径スピーカーユニットを搭載
2つの大口径スピーカーを専用のボックスユニットに収納し、モニター下部に配置しています。スリムな外観で、クリアな音声を楽しむことができます。

<プラズマ"FACE"の特長>

1. 高画質映像
(1) 新開発高輝度&高コントラストXGAハイビジョンプラズマパネル搭載*1
50V形、42V形、35V形すべてのモデルに、今回新たに開発した高輝度高コントラストプラズマパネルを搭載し、業界トップクラス*2のセット輝度420cd/mを実現しています*3。さらに、発光セル間に微細な黒印刷をすることで黒を引き締める「ブラックストライプ」、RGBそれぞれの発光セルに適切なフィルター処理を行い自然な色を再現する「3原色カラーフィルター」を採用し、明るい部屋でも鮮やかな映像を楽しむことができます。
*1 XGAハイビジョンパネルは50PS300、42P3000に搭載
*2 プラズマテレビとして。2002年9月現在。
*3 35P3000にて実現
(2) 新開発1チップフルデジタル映像処理LSI「CONQUEST II」による高精細映像処理
当社が新たに独自開発したフルデジタル映像処理LSI「CONQUEST II」を搭載。従来3つのLSIで処理していた映像処理を1チップに集積し、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送から地上波アナログ放送までの全ての映像信号をフルデジタル処理します。これにより目障りなノイズや輪郭のザラつきを抑え、デジタルハイビジョン放送の映像をくっきりと高精細に映し出します。また、NTSC信号をプログレッシブ信号に変換するデジタルSプログレッシブ方式を採用し、DVDや地上波アナログ放送も鮮やかに表現します。
(3) 大画面を高精細に色鮮やかに写し出す「プラズマピクチャープロセッサー」
新開発のプラズマパネルのクオリティーを充分に発揮するため新たにプラズマテレビ専用のデジタル映像処理システム「プラズマピクチャープロセッサー」を採用。ハイビジョン映像を更に高精細な1125プログレッシブ映像に処理した後スケーリング処理する「YC動き適応ハイビジョンプログレッシブスケーリング処理」、暗いシーンでも深みのある階調で再現できる「デジタルスムースグラデーション処理」、3原色カラーフィルターの高い色再現範囲を更に改善し自然でピュアな美しい色を再現する「ベクトル色補正処理」などの採用で、高精細で色鮮やかな映像をダイナミックにお楽しみいただけます。
(4) ゴーストリダクション
 気になる地上波放送のゴースト(多重映り)を抑制し、輪郭をくっきり鮮やかに映し出します。
   
2. 高音質
(1) ピュアツイン"バズーカ"システム
2本のバズーカウーハー、左右の2wayスピーカー、デジタル位相補正システム、総合音声出力37Wの大出力デジタルアンプで構成されたピュアツイン"バズーカ"システムを搭載しました。バズーカの重低音から2wayスピーカーとデジタル位相補正システムによるクリアな中高音までクリアな臨場感あふれるサウンドを楽しむことができます。
42P3000、35P3000に搭載
(2) デジタルサラウンド再生
TruSurround Digital5.1CH方式の採用と、ピュアツイン"バズーカ"システムとの相乗効果で、本体のスピーカーだけで包み込むような立体感のあるサラウンド空間を再現し、臨場感あふれる音声を楽しむことができます。
(3) "RI EX" オーディオコントロールシステム対応
"RI EX"対応AVアンプと接続することにより、テレビのリモコンを使ってAVアンプの電源や音量をコントロールすることができます。本格的ホームシアターをあたかも内蔵システムのように便利に使えます。
"RI EX"オーディオコントロールシステムはオンキョー株式会社製アンプで採用されています。
(4) 光デジタル音声出力端子
BSデジタル放送の最大5.1chのデジタルサラウンド音声を、AAC対応AVアンプとスピーカーシステムとの組み合わせによって、本格的に楽しめます。
(5) フリースピーカーレイアウト
2wayスピーカーはモニターの下・横どちらにも配置できるうえ、バズーカウーハー、2wayスピーカーとも本体から分離して設置することが可能なので、お部屋にあわせた自由なレイアウトをとることができます。また、今回オンキョー株式会社と共同で開発したオプションのフロアースタンドスピーカー、スタンドスピーカーと組み合わせることで、さらに充実したAVシアターを構築することができます。
42P3000、35P3000で採用
   
3. リビングを華麗に演出する美しいフォルム「オールインワン・ブラックサーフェスデザイン」
モニターとチューナーを一体化したコンパクト設計で、お部屋のコーナーに設置する際の奥行きは35V形の「35P3000」で21形のブラウン管テレビ以下、42V形の「42P3000」でも25形のブラウン管テレビ以下を実現しています。また、画面に集中できる「ブラックサーフェスデザイン」は、落ち着いた印象で、リビングにも華麗にすっきりと設置できます。なお、本体デザインに合わせたオープンタイプの専用台も用意しています。
42P3000、35P3000で採用
   
4. BSデジタル放送と110度CSデジタル放送に対応
ハイビジョン放送、ラジオ放送、データ放送などが行われるBSデジタル放送、専門性の高いテレビ放送やラジオ放送,データ放送が行われる110度CSデジタル放送のサービスに対応しています。
蓄積型データ放送には対応していません。
   
5. デジタルスマートリモコン
従来の地上波チャンネル(12ポジジョン)、BSデジタル放送チャンネル(11ポジション)のダイレクト選局ボタンに加え、データ放送や電子番組表などの操作ボタンをグルーピングした、使いやすいレイアウトを採用しています。
更に2003年から開始予定の地上波デジタル放送に備えて今後商品化予定の当社地上波デジタルチューナーの選局などの操作が可能なボタンも設けています。
   
6. AVデジタルネットワークに対応
(1) スマートメディアTMスロットとSDメモリカードスロット搭載
スマートメディアTMスロットとSDメモリカードスロットを搭載しており、デジタルカメラで撮影した映像を、テレビ画面に高画質で再生できます。
(2) i.LINK端子を装備
デジタル記録・再生機器とケーブル1本で簡単に接続できるi.LINK端子を2端子装備しています。D−VHSビデオなどと接続することで、BSデジタル放送・110度CSデジタル放送をデジタル信号のまま記録、再生することができます。また、テレビに表示されるコントロールパネルを使って、テレビのリモコンでD−VHSビデオなどの操作が可能です。
   
7. アナログ字幕放送対応
デジタル放送の字幕放送のみならず、地上波アナログ放送で行われている字幕放送にも対応しており、自動字幕モードにしておけば字幕放送が始まると自動的に映像と一緒に字幕を表示することができます。
   
8. デジタル放送の多彩な選局方式
(1) 電子番組表(EPG)
デジタル放送で送られてくる1週間分のデジタル放送の番組表を表示します。映画やスポーツなどのジャンル別の色分けも可能で、多チャンネルでもすばやく見たい番組を探し出せます。また、i.LINKを使ったD−VHSビデオへのデジタル録画や、ビデオコントロール機能を使ったVHSビデオへのアナログ録画予約も、この電子番組表から簡単に行えます。
(2) ジャンル検索
映画やスポーツ、音楽、ドラマなどのジャンルをアイコン(絵文字)表示しており、アイコンを選択することで、ジャンルごとに番組を探し出すことができます。
(3) 番組チェック
現在放送中の番組をリスト表示します。また、次の番組も表示できますので、確認、選局、予約などを簡単に行えます。
(4) お気に入り
5つのカテゴリーにテレビ放送だけでなく、ラジオ放送,データ放送も含め最大40チャンネルを登録しておくことができ、お気に入りの番組を簡単に選局することができます。
電子番組表で表示できる日数は電波で送られてくる情報で決まります。
   
9. 二画面機能
BSデジタル放送・110度CSデジタル放送と、地上波アナログ放送を二画面で表示することができます。チャンネルリスト表示で簡単な選局を可能にし、使い勝手を高めています。
   
10. D4端子
D4端子を2系統搭載しており、デジタル放送の信号フォーマット(525i、525p、1125i、750p)に対応しています。

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様

液晶テレビ用別売オプション機器

<フロアースタンド>

<壁取り付け金具>

プラズマテレビ用別売オプション機器

<テレビ台>

<スピーカーシステム>

お問い合わせ先

お客さまからの商品に関する
お問い合わせ先
映像ネットワーク事業部 TEL 03(3257)6028


  • RI EXは、オンキョー株式会社の商標です。
  • TruSurround DIGITAL 5.1CH方式は、SRS Labs. Inc の商標です。
  • スマートメディアTMは、株式会社 東芝の商標です。
  • i.LINKは、商標です

別紙

デジタル無線伝送 概念図

リモコンパススルー機能 概念図


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright