東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
大容量288メガビットNetwork FCRAM(TM)の発売について

2002年9月30日

業界最速のランダムアクセス20ナノ秒を実現したネットワーク向けメモリ

「TC59LM818DMB」

 当社は、スイッチやルーターなどのネットワークシステムにおいて、大容量、高速メモリシステムの構築に最適な288メガビット ネットワーク・ファーストサイクルRAM (Network FCRAMTM)の新製品として、業界最速のランダムアクセスタイム20ナノ秒を実現した「TC59LM818DMB」を開発し、10月からサンプル出荷を開始します。

 Network FCRAMTMはSRAMの性能にせまる大容量メモリをDRAMの技術をさらに発展させて実現したもので、低消費電力化を実現するとともに既存のDRAM製品に対して2倍以上速いランダムサイクルタイムを実現できます。新製品は、最先端0.13マイクロメートル微細加工技術を採用するとともに高速化回路技術の最適化を図ることで、業界最速ランダムアクセスタイム20ナノ秒、並びにランダムサイクルタイム20ナノ秒、最大データ転送速度666Mbps(333MHz動作時ダブルデータレート転送、DDR-II667の最大データ転送速度に相当)を実現しています。また、メモリ構成は、エラー検出/修正用としてパリティビットを2ビット追加しているため、4メガワードX4バンクX18ビット構成となっています。

 新製品は、韓国Samsung社のNetwork DRAMTMと共通仕様になっています。また、当社は、36ビット構成のNetwork FCRAMTMの仕様共通化についても韓国Samsung社と合意しており、2003年第2四半期のサンプル出荷に向けて開発中です。さらに、次世代400MHz超クロック動作を目指したNetwork FCRAMTMについても、2004年の製品化を目標に仕様の共通化を進めています。

新製品の概要

新製品の概要

開発の背景とねらい 

 インターネットやLANなどネットワーク機器の急速な進展にともない、データの処理量が膨大になってきているため、高性能なネットワークシステムを構築するにはスイッチやルータシステムに大容量で高速なメモリが必要とされます。また、これらのデータを短時間で処理するためには、大容量で高速なメモリシステムを搭載したサーバが必要になってきています。今後さらにブロードバンド化が加速されるのにともない、それを支えるネットワークシステムが要求するメモリの大容量化、高速化はますます高まります。

 当社はすでに、ランダムアクセスタイム25ナノ秒、最大データ転送速度400Mbps(200MHz動作時ダブルデータレート転送、DDR-II400の最大データ転送速度に相当)の256メガビットNetwork FCRAMTMを量産していますが、さらなる大容量化、高速化のニーズに対応するために、業界最高速20ナノ秒の288メガビットNetwork FCRAMTMをラインナップし商品化しました。

新製品の主な特長 

1. 0.13マイクロメートルプロセスのFCRAMコア技術を採用することで、既存のDRAM製品に対して2倍以上となる業界最高速20ナノ秒のランダムサイクルタイムを実現しました。また、高速化回路技術の最適化により最大データ転送速度666Mbpsを実現しました。
   
2. ライトバースト長をライトコマンドで制御するバリアブル・ライトレングス・コントロール機能を採用しています。またライトレイテンシをCASレイテンシ−1としたことでターンアラウンドタイムを短くでき、高いバス効率が実現できます。
   
3. データ・ストローブ信号は、ライトデータ用(DS)とリードデータ用(QS)を分離させています。
   
4. 電源電圧は2.5V、インターフェースはSSTL-1.8ならびにHSTL(VddQ=1.9〜1.4V)を採用しています。
   
5. パッケージは60ボール mBGAタイプ(15X4列、1.0mmX1.0mmピッチ)を採用しています。
   
6. 内部のレジスタ(Extended Mode Register)により、出力ドライバの強度を3段階から選択可能です。

シミュレーションモデルについて

 本製品は、米国デナリソフトウエア社の協力により、高性能シミュレーションモデル(SOMAライブラリ)をホームページにて提供します。 デナリソフトウエア社のメモリモデリングツール「Memory Modeler AV」とメモリの仕様を記述したSOMAライブラリを使用して、各社のVHDL、Verilog、及びCレベルのシミュレータにリンクしてシミュレーションを行うことが可能になります。(URL : http://www.semicon.toshiba.co.jp/prd/memory/ft_memory.html)

 米国デナリソフトウエア社(Denali Software, Inc.)はメモリサブシステムの設計IP、メモリのシミュレーションモデル及び検証ツールを提供するEDAベンダです。
(URL:http://www.denalisoft.com, http://www.eMemory.com)
国内連絡先:デナリソフトウエア株式会社
(email:info@denalisoft.co.jp, URL:http://www.denalisoft.co.jp)

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様

お問い合わせ先

新製品についてのお客様からのお問い合わせ先
技術に関する内容について セミコンダクター社
カスタムメモリマーケティング部
TEL 045(890)2713
技術以外の内容について セミコンダクター社
カスタムメモリ営業担当
TEL 03(3457)3460


  • FCRAMは、富士通株式会社の登録商標です。
  • Memory Modeler AVは、米国Denali Software Inc.の登録商標です。
  • Network DRAMは韓国Samsung社の登録商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright