東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
デジタル情報機器向け64ビットRISCマイコンの発売について

2002年10月29日

PCIやDMAコントローラを搭載

TMPR4937XBG−300

 当社は、PCI*1コントローラやDMAコントローラ*2などを搭載することで、デジタル情報機器や各種ネットワーク機器における処理速度の高速化や機器の小形化を実現できる64ビットRISC(縮小命令セットコンピュータ)マイクロプロセッサ「TMPR4937XBG−300」を商品化します。サンプル出荷は本日から開始し、2003年2月には月産10万個の規模で量産を行う予定です。

 新製品は、0.13micronmプロセスの微細加工技術を採用した「TX49/H3」コアを搭載するすることで動作周波数300MHzおよび低消費電力化を実現しています。また、内蔵のSDRAMコントローラを高速化*3するなど、周辺機能を強化しており、様々なシステム構成に対応できます。さらに、CPUに大容量の命令キャッシュメモリ、データキャッシュメモリを内蔵*4しており、高速処理が求められる機器に適しています。

*1 PCI(Peripheral Component Interconnect)
コンピュータにおけるバスアーキテクチャの1つ。
*2 DMA(Direct Memory Access)コントローラ
CPUを介さずに外部メモリや周辺回路間でデータを転送する場合にそれを制御する回路。
*3 当社従来品TMPR4927ATBとの比較において、100MHzから133MHzに高速化。
*4 命令キャッシュは32Kバイト、データキャッシュは32Kバイト。

新製品の概要

新製品の概要

開発の背景とねらい

 デジタルテレビやレーザービームプリンタ(LBP)などのデジタル情報機器や各種ネットワーク機器では、高機能化や高速処理化の進展にともない、制御用プロセッサの高性能化が求められています。
 当社は、このようなニーズに対応し、当社の「TX49/H3」をコアに、内蔵キャッシュメモリの大容量化や周辺回路の内蔵などにより、処理速度の高速化や機器の小形化などを実現できる製品を商品化するものです。

新製品の主な特長

1. 米国MIPSグループのRISCアーキテクチャをベースに、独自に開発した最新の64ビットオリジナルプロセッサ(TX49/H3コア)を搭載しています。
   
2. 動作周波数300MHzを実現しています。
   
3. キャッシュメモリの容量を大容量(命令キャッシュ・32Kバイト、データキャッシュ・32Kバイト)にした4ウェイセットアソシエイテイブ方式のキャッシュを内蔵しています。これによりキャッシュのヒット率が向上し、機器の高速処理化、高性能化を図ることができます。
   
4. PCIコントローラやDMAコントローラを内蔵することにより、今まで複数のチップを用いて構成していた回路を1チップで実現できます。このため、部品コストの削減や機器の小形化が可能です。
   
5. SDRAMコントローラ、UART、タイマ、割り込みコントローラなどを内蔵し、シングルチップソリューションを実現できます。
   
6. DSU(デバックサポートユニット)を内蔵することにより、各種ブレイクポイントの設定やリアルタイムな解析が可能です。
   
7. 評価用のリファレンスボードをあわせて商品化する予定です。

新製品の主な仕様

お問い合わせ先

新製品についてのお客様からの
お問い合わせ先

セミコンダクター社
MPU営業推進担当
TEL 03(3457)3491


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright