東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
「Xeon(TM) 2.80GHz」を搭載したコンパクト2wayサーバの新製品について

2002年11月5日

SOHO向けオールインワンサーバのソフトウェア強化版についても発売

コンパクトIAサーバ「MAGNIA Z500」
 
オールインワンサーバ「MAGNIA SG20」

 当社は、インテル社の最新CPU「XeonTM 2.80GHz」を最大2つ搭載可能(2way)なコンパクトIAサーバ「MAGNIA Z500」を商品化するとともに、SOHO/小規模事業者向けオールインワンサーバ「MAGNIA SG20」について機能強化を行い、本日から営業活動を開始します。

 「MAGNIA Z500」は、徹底した高密度設計により、オフィスに置いても大きな場所をとらないコンパクトな筐体(幅233mmX奥行479mmX高さ99mm)に、インテル社の最新高性能CPU「XeonTM」(最大2つ)、高速で信頼性の高いDDR200メモリ(最大4GB)、Ultra320対応SCSIハードディスク、ホットプラグ可能なIDE−RAID、1000BASE−TのLANインタフェース(2ポート)などの高性能と信頼性を備えており、部門サーバとして最適です。
 また、オプションのワイヤレスLANカードを装着することで、IEEE802.11bだけでなくIEEE802.11a*1のワイヤレスLAN環境を構築することができるワイヤレスLANアクセスポイント機能を備えています。
 「MAGNIA Z500」と、当社独自のワイヤレスソリューションパッケージ「Seamless OfficeTM」(別売り)を組み合わせることで、ワイヤレスLANユーザの利便性を高めるモビリティとワイヤレスLANの高セキュリティ化を実現し*2、快適なワイヤレスソリューションを提供します。

 「MAGNIA SG20」は、SOHOや小規模事業者向けに、ネットワーク環境を簡単に構築できるよう、1つの筐体にネットワーク機能をまとめたオールインワンサーバです。
 「MAGNIA SG20」のワイヤレスLANアクセスポイント機能を利用した、オフィス内のワイヤレスLAN通信においては、パソコンとのデータ通信にIPsecを用いたVPN(Virtual Private Network)接続を行なうことで、通信データの安全性を確保することができます*3また、「MAGNIA SG20」間の通信も、IPsecによるVPN接続にてデータを盗聴などから守ることを可能にしています。

 また、システムインテグレーターが「MAGNIA SG20」に独自のアプリケーションやサービスを搭載して販売することをサポートするために、本機の技術情報をシステムインテグレーター向けに公開していきます。当社は、システムインテグレーター各社と協業することで、SOHOや小規模事業者向けのソリューションビジネスを強化していきます。

*1 IEEE802.11a準拠カードは、2003年1月に発売予定です。
*2 「Seamless OfficeTM」を使用しているサーバ間ではネットワーク設定を変更せずに、PCを移動して使うことができます。
また、WEPとIPsecを組み合わせた暗号化によりセキュリティ強化を実現しています。
*3 本機能については、2003年3月から提供予定です。

新製品の概要

<MAGNIA Z500>
<MAGNIA Z500>

<MAGNIA SG20>
<MAGNIA SG20>

商品化の背景と狙い

 昨今、ブロードバンドの普及が著しく、容易に高速なインターネット・インフラを利用できる環境に対するニーズが高まりを見せています。加えて、企業内におけるワイヤレスLANの導入だけでなく、アクセスポイントなどの公共の場におけるワイヤレスLAN接続サービスが普及するなど、ユビキタスで、且つ安全なワイヤレスLAN環境の構築が望まれています。
 当社は、このようなニーズに応えて、コンパクトな筐体にワイヤレスLANアクセスポイント機能を内蔵し、インテル社の最新CPU「XeonTM」を搭載するなど、高性能と高信頼性を両立したコンパクトサーバ「MAGNIA Z500」を商品化するとともに、SOHO/小規模事業者向けオールインワンサーバ「MAGNIA SG20」には、セキュリティ機能を向上するソフトウェアの強化を行い、市場に投入することで、MAGNIAシリーズの一層の拡売を図ります。

新製品の主な特長

<MAGNIA Z500の特長>
1. インテル社の最新CPU「XeonTM」を最大2つまで搭載可能(2Way)。
インテル社の最新CPU「XeonTM」を最大2つまで搭載可能で、ハイパー・スレッディング・テクノロジ、NetBurstTMマイクロアーキテクチャの採用と、400MHzのフロントサイドバスに対応したチップセットにより大量・高速なデータ処理が可能です。
   
2. 複数ビット障害を自動的に修正するChipkillTM機能を搭載。
1GB以上のメモリユニットにはメモリの複数ビット障害を自動的に修正するChipkillTM機能を搭載。メモリの信頼性を格段に向上しました。また最大4GBの高速DDR200メモリをサポートしており、大規模なアプリケーションにも余裕をもって対応します。
   
3. 世界最小クラスの2wayコンパクトサーバです。
筐体サイズは、幅233×奥行479×高さ99mmと世界最小クラスです。本体のみで、CPUを最大2つ搭載可能なほか、IDE−RAIDコントローラ、ホットプラグ対応ディスク、1000Base−T LANインタフェース2ポートなど、部門サーバに求められる高性能と高信頼性を実現しています。ラインアップとしてマイクロタワータイプとラックタイプの2タイプを用意しています。マイクロタワータイプは縦置き・横置きが可能で、ラックタイプは標準2Uの高さに本体を2台並列搭載する事ができます。
   
4. PCMCIAスロットを2機搭載し、IEEE802.11a/11bに同時対応。
IEEE802.11a、IEEE802.11bそれぞれに準拠した無線LANカードを装着することで各ワイヤレスLAN環境を同時に構築できます。128ビットWEPに対応し高いセキュリティを実現しています。
IEEE802.11a準拠カードは、2003年1月末に発売予定。
   

5.

最大824GBの大容量ハードディスク
120GBのIDEハードディスクを最大2台、Ultra320 SCSIに対応した146GBのハードディスクを最大4台の合計6台まで搭載でき、824GBの大容量を実現できます。
   
6. AFT/ALBに対応したギガビットイーサネット対応LANを2ポート標準装備。
1000BASE−TのLANポートを2つ標準で装備しています。
AFT(Adapter Fault Tolerance):LANカードの二重化
ALB(Adaptive Load Balancing):複数のLANポートを使用して送信帯域幅を向上させる機能
   
7. 拡張I/OスロットでPCI−Xに対応。
拡張I/OスロットではPCI−Xに対応。64bit/100MHzで動作し、最大800MB/sの高速データ転送を実現します。
   
8. サーバ監視ソフト「HarnessEye/web」を標準装備。
遠隔地の管理者端末からWebベースで複数のサーバの障害監視やパフォーマンス監視をすることのできるサーバ監視ソフト「HarnessEye/web」を標準装備しています。情報はEメールでも送信可能で、携帯電話などでも通知を受けることができます。また、ハードディスク障害予知などができ、十分なシステムの可用性を備えています。
   
9. インストールや初期設定が簡単。
「Windows2000 Server」といったOSのインストールや初期設定を画面に従って操作するだけで簡単に行うことができる「SetupInstructor」を標準で装備し、スムーズなセットアップが可能です。

<MAGNIA SG20の特長>
1.

セキュアなネットワーク環境
(1) インターネット網を介して各拠点の「MAGNIA SG20」間でデータ通信する際、データの暗号化により、盗聴などから情報を守ることができます。暗号化のためのプロトコルとしてIPsecを用い、「MAGNIA SG20」間のVPN通信を実現しています。
(2) クライアント・パソコンとワイヤレスLANで通信する際、IPsecによるVPNでデータを暗号化し、盗聴などから情報を守ることができます
本機能については2003年3月から提供予定です。

   
2. 既設ネットワークへの導入の親和性向上
(1) プライベートLANにネットワーク型プリンタを追加し印刷できるようになります。
(2) お客様のネットワーク環境にあわせて自由な構成で設置できるように、プライベートLANに接続されているパソコンに配布するIPアドレスの範囲の設定、変更が容易に行えます。
(3) 既に設置してあるDHCPサーバから付与されるIPアドレスをプライベートLANに接続されているパソコンに設定することが可能です。
   
3. カスタマイズし易いプラットフォーム
(1) アプリケーションやサービスを追加し、製品をカスタマイズして販売、サービスするための、HWインターフェース情報、SWコンフィギュレーション情報、マスタディスクの作成方法等の技術情報を公開します。
(2) HW診断するためのツールを用意します。

お問い合わせ先

新製品に関するお客様からの
お問い合せ先
PCサーバ事業部 TEL 03(3457)3019
MAGNIAシリーズ ホームページ URL http://www.magnia.toshiba.co.jp


  • MAGNIA、Seamless Office、HarnessEyeは、(株)東芝の商標です。
  • Xeonは米国Intel Corporationの登録商標です。
  • Microsoft ,Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
  • Chipkillは米国IBM Corporationの商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright