東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ホームシアター用DLP(TM)プロジェクターの新製品の発売について

2002年11月6日

 当社は、ホームシアター用DLPTMプロジェクターの新製品として、BSデジタルハイビジョン番組などのコンテンツを高画質で投写することができる「TDP-MT8J」を商品化し、11月下旬から発売します。

 新製品は16:9ワイドHD2 DMDTMパネル*1 を搭載したDLPTM方式を採用するとともに、高画質輪郭補正技術「DCDiTM」を搭載したFaroudja社(ファロージャ社)の画像処理IC*2やCarl Zeiss(カールツァイス)光学レンズを採用し、BSデジタルハイビジョン番組やDVDといった高画質コンテンツを高コントラスト・高精細・高品質に再現することができます。

 また、2系統のコンポーネント信号入力用3RCA端子、DVI信号入力端子、PC入力端子、加えてD端子など、多彩な入力端子を装備し、DVD、BSデジタルチューナーをはじめパソコンやデジタルビデオなど、さまざまな機器との接続を可能としています。

*1: 米国テキサス・インスツルメンツ社が開発した半導体型投写デバイス
*2: 高画質なI/P変換を行う画像処理IC。輪郭のギザギザなどをスムーズな線に変換、処理します。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景とねらい

 ホームシアター用プロジェクターの国内市場は、2002年度から2004年の間に約3倍の市場拡大が見込まれています。そのような中、DVDやデジタルハイビジョン放送の普及により、高画質のコンテンツを、家庭内において大画面で楽しみたいといったニーズが高まりをみせています。
 当社は、このようなニーズに応えて、高画質を追求したホームシアター用プロジェクターを商品化し、さらなる市場拡大とシェアアップをめざします。

新製品の主な特長

1.

高画質設計
(1) 最新のDMDTMパネル採用により高コントラストを実現
最新のDMDTMパネルHD2(0.8型)を採用することで、1400:1の高コントラストを実現しました。反射角を従来の±10度から±12度に変更することにより光漏れ量を低減、より黒の沈みが得られ、高コントラストな映像を提供します。
(2) 最新のDCDiTM新開発信号処理回路を搭載
最新のFaroudja社製 DMDTM新開発信号処理回路により、プログレッシブ変換時に起きるジャギーを大幅に削減し、スムーズで自然な線に処理します。
今回採用のDCDiTM新開発信号処理回路は従来の回路に加え、新たに、スケーラー機能および、輝度及び色の詳細をそれぞれ独立して調整できるメニューを搭載しており、より高品位の映像を提供します。新たに搭載したスケーラーはユーザーがオン/オフ選択可能で、インタレース信号の場合は今回のFaroudjaによるスケーラー、プログレッシブ信号には従来のスケーラーを選択可能で、入力信号に最適な処理回路を選択することが可能です。
更に、3−2プルダウン、2−2プルダウンにも対応し、映像ソースにあった最適な映像を提供します。
(3) Carl Zeissレンズを搭載
投写レンズにはCarl Zeissレンズを採用し、高画質映像をそのまま投写することが可能です。

   
2. 詳細な画像調整機能
(1) 色温度切替
3つのプリセットモード(6500K、8200K、9300K)に加え、RGB独立の調整も可能です。
(2) ガンマ設定
映画、ビデオ、明るい部屋、PCの各モードを装備しています。
(3) スケーラー選択機能
インターレース信号には新しい信号処理、プログレッシブ信号には従来からの信号処理を選択できます。また、新スケーラーを選択時はさらに色および輝度の詳細調整を行うこともできます。
(4) ノイズリダクション
ノイズリダクション量を自動のほかマニュアルでも調整可能です。
また、肌色に関してはその調整の対象外にするバイパス機能も備えています。
(5) クロスカラー処理オンオフ機能
クロスカラーを低減する処理のオンオフ機能を装備。コンポジット信号およびS信号に対し、オンオフを選択できます。
(6) ランプハイパワーモード装備
より明るいモードとより動作音の静かなモードの二つを選択できます。
   
3. 多彩な入力端子を搭載
コンポーネント3系統(3RCAX2,D端子X1)、S端子2系統、コンポジット1系統、 PC入力1系統を搭載し、DVDプレーヤー、BSデジタルチューナーなどをセレクター不用で直接接続可能です。また、DVIのデジタル信号入力にも対応しています。
さらにスクリーントリガを2系統装備。スクリーンの上げ降ろしとアスペクト変更の2通りに対応します。

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様

*1: 「ANSI IT7.228」に規定される測定法に基づく測定値。画面全体を白表示し画面を9分割したそれぞれの中心の明るさの平均値をとるもので、画面の平均的明るさの指標です。
(ANSI : American National Standards Institute)

お問い合わせ先

新製品に関するお客様からの
お問い合わせ先
映像ネットワーク事業部
映像システム部
TEL 03(3457)8428


  • DLP(Digital Light Processing)及びDMD(Digital Micromirror Device)は米国テキサス・インスツルメンツ社の商標です。
  • DCDi(Directional Correlational De-Interlacing)は米国Sage社の商標です。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright