東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
シームレスなワイヤレスオフィス環境を実現するソリューションソフトウェア「Seamless Office(TM)」機能強化版の発売について

2002年11月11日

 当社は、ノートパソコンのワイヤレスLAN接続性を飛躍的に高め、シームレスなワイヤレスオフィス環境を実現するソリューションソフトウェア「Seamless OfficeTM」について、当社製ポケットPC、タブレットPCにも対応した機能強化版を商品化し、本日より営業活動を開始します。

 「Seamless OfficeTM」は、ワイヤレスLAN環境における通信データの安全性を確保*1しながら、ノートPCを自由に持ち歩くことを可能にしています。モバイルIP技術により、ノートPCを持ってフロアや部署を移動しても、面倒な接続設定の変更を行わずに、移動先のワイヤレスLAN環境で自席にいるのと同じ執務環境を実現可能で、業務効率を飛躍的に高めることができます。さらに、移動中も通信が途切れることのない快適なネットワーク環境を実現します。「Seamless OfficeTM」と当社IAサーバ「MAGNIATM Z310/Z500」、ノートPC「DynaBook Satelliteシリーズ」との組合せにより快適で安全なワイヤレスLANシステムが構築できます。

 今回の機能強化版では、当社製ポケットPCとタブレットPCをサポート*2することで、ビジネスマンの機動性をより広げています。また、ワイヤレスLANのセキュリティを確保するサーバのインストールや設定を容易にするセットアップツールを同梱し、管理者の負担を軽減しています。さらに、より高速のワイヤレスLAN規格であるIEEE802.11aについてもサポート*3しています。
 これらの強化により、オフィスでの業務効率を飛躍的に高めるワイヤレスソリューションをより広く提供していきます。

*1 IEEE802.1xによるユーザ認証及びWEPとIpsecを用いた二重のデータ暗号化を行います。
*2 ポケットPC:東芝Pocket PC e740Wをサポートしています。
タブレットPC:東芝 DynaBook SS 3500をサポートしています。
*3 実際の使用にあたっては2003年1月上旬に発売予定のIEEE802.11a準拠のカードが必要になります。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 企業内でノートPCやポケットPCを使用する環境においては、LANケーブルにとらわれることなく、ノートPCやポケットPCを自由に持ち運べるワイヤレスLANの特長が広く認められ、さらに自席のみならずいつでもどこでも特別な接続作業なしにネットワークにアクセスして仕事がしたいというニーズが高まっています。
 一方、ワイヤレスLANを使用する場合、不正アクセスに対して必ずしも万全ではないというセキュリティ不足の認識が広まり、セキュリティの強化が求められています。
 また、企業でワイヤレスLAN通信を行うためには安全な経路を確保してデータの漏洩を防ぐ必要性が認識されています。しかしながらワイヤレスLAN環境で広範囲の移動をした際に、ネットワーク設定変更や、企業ネットワークへのログオンし直しなどの手操作により再び経路を確保し直す必要があり、このことが移動先でのスムーズな端末の利用を妨げています。

 当社では、このような移動性の問題とセキュリティ不足を解消すべく、一度確立したネットワーク設定を変更することなく継続して使えるシームレスなワイヤレスLAN環境を、MobileIP技術とセキュリティ技術を駆使したソリューションソフトウェア「Seamless OfficeTM」によって実現しています。
 今回、「Seamless OfficeTM」の機能強化版では、ノートPCだけではなくモビリティをより高める当社製ポケットPCやタブレットPCをサポートすることで、ワイヤレスソリューションの適用範囲を広げ、オフィスの業務効率をより一層向上することを図っています。「Seamless OfficeTM」と、世界最小クラスのコンパクトIAサーバ「MAGNIATM Z500」、IEEE802.1x対応アクセスポイント「無線LANルータ(WRC−1000)」を組み合わせることにより、快適で安全なワイヤレスLAN環境を構築できます。

LANでのネットワークアクセスを許可するユーザの認証と暗号キーの動的自動配布機能

新製品の主な特長

1. モビリティ(サブネットを越えたローミング)
(1) Mobile IP技術により、接続されるアクセスポイントやサブネットを意識する必要のないシームレスローミングを実現しています。
(2) ノートPCに加えてポケットPC 「Pocket PC e740W」、タブレットPC「DynaBook SS 3500」 をサポートします。
(3) シームレスローミングによりノートPCやポケットPCをフロア内や部門外へ持ち出しても接続が途切れることのないネットワーク環境を実現します。
   
2.

強固なセキュリティ
(1) 当社「MAGNIATM Z310/Z500」に標準添付されているソフトウェアアクセスポイントにはIEEE802.1x準拠の機能が搭載されており、これを使ってユーザ認証、不正アクセス防止の強化を図っております。
(2) WEPとIPSecでそれぞれ暗号化することで強力なセキュリティを実現します。

   
3. システムへの容易かつ柔軟な適用
(1) 簡単なシステムのセットアップ
容易に環境構築を行うことができるセットアップツールにより、ユーザ認証等のセキュリティ情報を短時間かつ確実に設定することができます。また、サーバ側の設定をリモートから実施することができ、環境構築にかかる手間や時間を大幅に削減することができます。
(2) 多様なクライアントOS
Windows(R)OSを幅広くサポートしており、多くの既存OSを導入したクライアント環境にも導入できます。
サポートOS: Windows(R) XP Professional / Windows(R) XP Tablet PC Edition, Windows(R)98SE, Windows(R) Me, Windows(R) 2000 Professional
(3) 多様なクライアント機器
ノートPCをはじめ、ポケットPC、タブレットPC、アクセスポイントを同時にサポートします。
(4) 多彩なネットワーク環境に対応
DHCP環境をサポートしています。
高速ワイヤレスLANの標準規格であるIEEE802.11aをサポートしています(IEEE802.11a準拠カードは2003年1月上旬発売予定)。さらに、「MAGNIATM Z500」をアクセスポイントとして使用した場合、IEEE802.11a/11bそれぞれに準拠したワイヤレスLANカードを装着することで各ワイヤレスLAN環境を同時に構築できます。

お問い合わせ先

新製品に関するお客様からの
お問い合せ先
PCサーバ事業部 TEL 03(3457)3019
MAGNIAシリーズ ホームページ URL http://www.magnia.toshiba.co.jp


  • 対応可能な無線LANは、当社無線LAN内蔵PC/PDA、当社検証済無線LANカードが対象となります。
  • 対応クライアントOSはWindows(R) 98SE/Me/2000 Professional/XP Professional/XP Tablet PC Editionです。
  • 対応サーバOSはWindows(R)2000サーバとなっております(.NET Server 2003は対応予定)
  • サポートサーバはMAGNIATM Z310/Z500です。
  • サポートクライアントはDynaBookシリーズです。
  • ポケットPCは東芝Pocket PC e740Wをサポートしています。
  • タブレットPCは東芝DynaBook SS 3500をサポートしています。
  • MAGNIA、Seamless Office、WirelessServ、HarnessEyeは(株)東芝の商標です。
  • Microsoft ,Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
  • その他掲載されている商標名、製品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright