東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
フライパンを振りながら炒め物も手早く調理できるIHクッキングヒーターの発売について

2002年11月28日

業界初のDSPインバータを搭載

IHクッキングヒーター BMP−M46PS

 当社は、ビルトインタイプの家庭用IHクッキングヒーターの新製品として、マイコンの処理スピードを従来の約20倍*1に高速化した業界初の「DSP(デジタル・シグナル・プロセッサー)*2インバータ」により、フライパンをプレートにのせたり離したりと、振りながら調理してもヒーターをリアルタイムに制御でき、炒め物も手早くできる「BHP−M46PS」など5機種を商品化し、1月上旬から順次発売します。

 IH方式では、フライパンを振って調理する際、フライパンがプレートからの加熱が停止するとヒーターが切れ、戻ると再加熱というように制御しますが、従来の製品ではプレートに置いて加熱が再開するまで数秒かかるので、加熱がとぎれていました。
 新製品は、DSPの内蔵などによりマイコンの処理スピードを従来の約20倍に高めた業界初の「DSPインバータ」を搭載し、温度や電圧の小さな変化もリアルタイムに制御できるため、フライパンを振って調理しても加熱の途切れがほとんどありません。そのため、炒め物なども水分を逃がさず手早く調理し、シャキッと仕上げることができます。
 また、業界トップクラスの3kWの高火力ヒーターを採用するとともに、インバータによる火力調節の精度も向上し、業界初の270degree「高温炒め物機能」や、沸騰時にヒーターを停止する「自動湯沸し機能」を搭載するなど、調理性能を高めています。

 火力の調節は、プレート上の火加減表示のランプを見ながらガス火の感覚でダイヤル操作でき、ランプとともに「とろ火」「弱火」などの目安も新たに表示し、使い勝手を高めています。さらに、焼き魚などに使用するロースターと排気口は取り出して丸洗いできる構造としています。

*1 当社従来製品BHP−M46Jとの比較による。
*2 温度変化などのひとつながりのデータをデジタル信号に変換して処理する回路。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景とねらい

 火を使わずに磁力線で鍋を発熱させるIHクッキングヒーター市場は、98年度市場規模が約5万台であったものが、毎年150%を越える伸張率で2002年度は50万台を越えるのが確実視されており、急成長をしています。
 この要因は、第一に、IHクッキングヒーターを購入されたユーザーの満足度が非常に高いことが挙げられます。当社が実施したアンケートによれば、使用前は不安視された「火力が弱いのでは」「燃費が高いのでは」といった課題が使用後は払拭され、さらには「掃除のしやすさ」「安全性」という項目に対しては期待以上との評価を得ています。この顧客満足度の高さが市場やユーザーの間で認知されたことで、市場は飛躍的に伸長を果たしました。
 第二には、高齢化社会に対応した商品であるということです。火を使わないことや、消し忘れ防止機能、空焼き防止機能など安全機能が充実しているため、高齢者が安心して使用できるという特長が認められたことによります。他にも、オール電化住宅の伸長や電気熱源のクリーンさなどの要因があります。
 このような中、当社は、さらに顧客満足度を高めるために、従来製品を使用されているユーザーとガスコンロを使用されているユーザーの声を分析し、「鍋振り時の加熱がとぎれる」、「ロースターが清掃しにくい」といった不満点を解消した新製品を発売するものです。

新製品の主な特長(BHP−M46PS)

(1) 業界初の「DSP(デジタル・シグナル・プロセッサー)インバータ」を搭載
従来製品のインバータ制御用マイコンは、温度変化などの条件に対応した簡単なパターン処理が中心だったこともあり、高度な演算能力は不要と考えられてきました。しかし、パターン処理では、微妙な火加減の設定や様々な変化に即応した火力調節などに対応できず、これが調理の質や仕上がりに不満を残す一因ともなっていました。こうしたことを受け、当社は、調理性能の向上を図るため、業界初のDSPインバータを搭載しました。
DSPインバータは、温度変化などの動きをデジタル処理するDSPを内蔵し、演算能力もパソコン並みに高めた32ビットのマイコンを採用しています。演算能力は従来の約100倍、処理速度は従来の約20倍に高めています。このDSPマイコンを用い、3kW高火力インバータを組み合わせることで、制御能力が飛躍的に向上しています。
   
(2) “丸洗いロースター内箱&排気口”採用の両面自動焼きロースター
ロースター内箱を取外しが出来るようにして、シンクや食器洗い乾燥機での丸洗いを可能にしました。さらにロースターの排気口部分も取外して丸洗いができるので、清掃性が格段に向上しています。また、裏返さなくても両面をこんがりおいしく焼き上げる両面焼きロースターを採用したほか、焼き加減を最適にコントロールする自動焼き機能を搭載しています。
   
(3) シルバーフェイストッププレート採用
システムキッチンに組み込んだときに統一感を出しやすいシルバー色を基調としており、本体とトッププレートもメタリック感あるシルバー色を採用しています。
   
(4) 火力が見えてガス火感覚“New光る火加減ナビ”
トッププレート下面に組み込まれた高輝度発光ダイオードにより、IHの通電状態や火力を鍋底の周囲に表示し、ガス火の感覚で火力調節ができます。
   
(5) 業界トップクラスのハイパワー3kW
ガスコンロの5,400kcal/hに相当する3kWのハイパワーインバータを搭載し、強火が決め手の中華料理もシャキッとおいしく仕上げることができます。さらに左右どちらの加熱部でも3kWの高火力を使うことができ、使い勝手を向上しました。
   
(6) その他の特長
高効率インバーターと加熱コイルの改良により90%の熱効率を実現(日本電気工業会自主規制に基づく測定方法による当社実測値)
270degreeの高温の炒め物機能、自動湯沸し機能、天ぷら油温度自動調節機能
20段階火力調節
切り忘れ自動停止機能、鍋無し自動停止機能

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様

お問い合わせ先

お客様からの商品に関する
お問い合わせ先
HAクリエーション部 TEL 03(3457)3541


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright