東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
IAサーバ「MAGNIA(マグニア)」のラインアップ強化について

2003年1月14日

「Intel Pentium(R) 4(2AGHz, 2.80GHz, 3.06GHz)」搭載の
1Wayスモールエントリサーバを追加

東芝IAサーバ「MAGNIA LiTE31S」

 当社は、IA(インテル・アーキテクチャ)サーバのラインアップ強化として、コストパフォーマンスに優れた1Wayスモールエントリーサーバ「MAGNIA LiTE31S」を商品化し、本日より営業活動を開始します。

 新製品は、エントリークラスながらインテル社の最新CPU「Pentium(R) 4 (3.06GHz)」搭載モデルを用意し、ハイパースレッディングテクノロジ対応による高い処理性能を実現しています。また、オンボードIDE RAIDを標準搭載し、低コストで可用性と信頼性の高いシステムを構築することができます。さらに、オプションのIDE RAIDカードとホットプラグケージを追加することで、IDEディスクの稼動中の交換も可能になります。
 運用面でも、Webベースで運用状況を見守るサーバ監視ソフト「HarnessEye/web」を標準で搭載し、遠隔地の管理者端末から複数の「MAGNIA」サーバをブラウザ上で監視するなど、システム管理者の負担を軽減することが可能です。

 当社は、新製品をファイル・プリントサーバ、メールサーバなど、小規模の部門内の情報共有、情報発信に最適なサーバとして拡販を図っていきます。

新製品の概要

<MAGNIA LiTE31S>
新製品の概要
*1 1GBメモリ使用時。1GBメモリは2003年3月発売予定。
*2 RAIDコントローラとホットプラグケージオプションが必要。

商品化の背景と狙い

 2002年度の国内IAサーバ市場では、1Way機のシェアが約30%と見込まれています。来年度も、企業内の部門サーバなど、中小規模の業務システムの需要に加えて、インターネットを利用した様々なネットビジネス向け需要により、より高性能で、高い信頼性を持ちながらコストパフォーマンスに優れた1Way機への安定した需要が見込まれています。
 当社は、こうした市場のニーズに対応し、インテル社製最新CPUを採用し、標準でIDE RAID、IDE HDDのホットプラグに対応(オプション)した1Wayサーバを、MAGNIAシリーズのラインアップに追加し、いっそうの拡販を図ります。

新製品の主な特長

<MAGNIA LiTE31Sの特長>

1. インテル社の最新CPU「Pentium(R) 4 (2AGHz, 2.80GHz, 3.06GHz)」を搭載。
インテル社の最新CPU「Pentium(R) 4(2AGHz, 2.80GHz, 3.06GHz)」を搭載可能で、ハイパー・スレッディング・テクノロジ*3、NetBurstTMマイクロアーキテクチャの採用と、533MHz*4のフロントサイドバスに対応したチップセットにより大量・高速なデータ処理が可能です。
*3 ハイパー・スレッディング・テクノロジは、「Pentium(R) 4 3.06GHz」のみ対応。
*4 フロントサイドバス533MHzは、「Pentium(R) 4 2.80GHz、3.06GHz」搭載時。
   
2. オンボードIDE RAIDを標準搭載
標準でIDE RAIDをオンボードで搭載。RAID 0、1のシステム構築が可能で、コストパフォーマンスに優れた中で高い可用性を提供します*5
*5 Linuxを使用する場合は、RAIDカードオプションが必要です。
   
3. 多様なRAIDに対応
標準搭載のIDE RAIDコントローラによるRAID 0,1構成の他、オプションのIDE RAIDカードもしくは、オプションのSCSI RAIDカードの追加により、RAID 0, 1, 5に対応可能です。
   
4. ホットプラグ対応IDE HDD
オプションのIDE-RAIDカードとホットプラグケージにより、IDE HDDのホットプラグにも対応します。これにより、SCSI HDDに比べて、低コストで、可用性と運用性の高いシステムを構築することができます。
   
5. 最大480GBのハードディスク容量
120GBのIDE HDDを最大4台で、合計480GBのディスクを搭載できます。また、Ultra320 SCSIに対応した73GBのHDDを最大4台まで搭載できます。
   
6. サーバ監視ソフト「HarnessEye/web」を標準装備。
遠隔地の管理者端末からWebベースで複数のサーバの障害監視やパフォーマンス監視をすることのできるサーバ監視ソフト「HarnessEye/web」を標準装備しています。情報はEメールでも送信可能で、携帯電話などでも通知を受けることができます。
   
7. インストールや初期設定が簡単。
「Windows(R) 2000 Server」といったOSのインストールや初期設定を画面に従って操作するだけで簡単に行うことができる「SetupInstructor」を標準で装備し、スムーズなセットアップが可能です。

お問い合わせ先

新製品に関するお客様からの
お問い合わせ先
PCサーバ事業部 TEL 03(3457)3019
E-Mail pcserver@ieg.toshiba.co.jp
MAGNIAシリーズ ホームページ URL http://www.magnia.toshiba.co.jp


  • MAGNIA、HarnessEyeは、(株)東芝の商標です。
  • Pentiumは米国Intel Corporationの登録商標です。
  • Microsoft ,Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright