東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
家庭用全自動洗濯機の新製品の発売について

2003年1月16日

「からりと脱水」機能により、衣類の脱水率を向上

東芝 全自動洗濯機「AW−703GP」

 当社は、家庭用全自動洗濯機の新製品として、風を洗濯槽内に取り込む送風技術によって衣類の表面を乾かしながら脱水するため、化繊の衣類であればほとんど乾かすことができる(脱水率97%)*1など、洗濯物の干し時間を短縮する「AW−703GP」などスタンダードモデル3機種を商品化し、2月1日から順次発売します。

 新製品は、洗濯蓋に多数の吸気口を採用することによって、脱水時に大量の風を洗濯槽内に送り込み、衣類の水分をとばす「からりと脱水」コースを採用しており、1時間設定で約90%の脱水率を実現しました*2。これにより、衣類が乾きやすく、干す時間を標準コースに比べて約50%短縮でき、室内干しをしたときには、部屋内への湿気の放出を防ぎます。また、化繊の衣類を3時間設定で脱水すると、脱水率97%を実現し、ほとんど乾いた状態となります*1
 さらに、「からりと脱水」コースで、衣類を入れずに運転することにより、洗濯槽に残っている水分が除去できるため、洗濯槽への雑菌やカビの発生も抑えることができます。
 加えて、洗濯水位のコントロールにより、洗剤濃度を上げて運転し皮脂汚れに効果のある「濃縮洗浄」*3や洗濯時の衣類のからみ具合をチェックする「からみまセンサー」を搭載しています。

*1 AW−703GP・603GP ポリエステル100%の衣類2Kg「からりと脱水(3時間)」運転時
*2 AW−703GP・603GP ポリエステル100%の衣類2Kgの場合
*3 AW−703GP・603GPのみ

新製品の概要

新製品の概要

開発の背景と狙い

 近年、女性の社会進出やシングル世代の増加に伴い、室内に衣類を干す、夜間に衣類を干すといった声が増えています。また、冬場や梅雨などには、干した衣類がなかなか乾かないといった不満や、翌日に利用する衣類をすばやく仕上げたいといったニーズもあがっています。
 今回当社は、このような洗濯機の課題の解決を図るため、スタンダードモデルながら、標準コースに対し脱水率を格段に向上させた「からりと脱水」コースを採用した全自動洗濯機の新製品を商品化します。

新製品の主な特長

1. 脱水率を格段に向上させた「からりと脱水」コース
洗濯蓋上の吸気口から大量の風を洗濯槽内に送り込むことで、衣類の水分をとばす遠心力脱水行程と、衣類のほぐし行程を交互に行うことにより*1、「からりと脱水」1時間設定で約90%の脱水率を実現しました*2。これにより、夜間や雨などの湿度の高い時には、洗濯物の干す時間を標準脱水と比較して約50%削減し、室内に干しても部屋の湿度の上昇を抑えます。さらに化繊の衣類を3時間設定で脱水すると、脱水率97%を実現し、ほとんど乾いた状態になります。*3
また、衣類を入れずに「からりと脱水」コース*4を運転することにより、脱水槽や水槽の側面の水分をほとんど除去できるため、洗濯槽のカビや雑菌の繁殖を抑えることができます。
なお、「からりと脱水」コースは、AW−703GP・603GPでは0.5時間から3時間まで5段階選ぶことができます。(AW−503Gについては1時間設定のみ)
*1 AW―703GP・603GP 「からりと脱水」運転時
*2 ポリエステル100%の衣類2Kgの場合
*3 AW−703GP・603GP ポリエステル100%の衣類2Kg
*4 AW−703GP・603GPは0.5H設定時
   
2. 「からりと脱水」を実現した新構造
洗濯槽内に風をスムーズに送りこむため、洗濯蓋に吸気口を設け、脱水時に外気を洗濯槽内に送り込むとともに、排気をするための排気口(洗濯蓋の一部に排気するため設けた切りかき)を採用し、常に湿度の低い外気を循環させることが可能です。

新製品の概要
   
3. 槽洗浄コース
槽の汚れ(カビや石鹸カス)に対応した槽洗浄コースを搭載しており、塩素系漂白剤を利用することにより、槽の汚れ(カビや石鹸カス)を除去できます。
   
4. 濃縮洗浄(AW−703GP・603GP)
洗濯の所定水位に達するまでの水位をコントロールすることで、標準洗剤量を増やすことなく、洗剤濃度を上げて運転する、皮脂汚れに強い「濃縮洗浄」機能を搭載しています。
「濃縮洗浄」を設定しない場合に対して洗剤濃度が約30%高い濃縮洗剤液を、衣類全体に浸透させる浸透攪拌を洗い行程初期に行うことにより、洗浄力を約10%向上させています。
「濃縮洗浄」設定時と非設定時との比較による。
   
5. からみまセンサー
衣類を攪拌するパルセーターにかかる負荷のバラツキをチェックすることにより、衣類のからみ具合を判断する「からみまセンサー」を搭載しています。衣類のからみ具合に応じたパルセーターの攪拌制御により、衣類のからみを抑えて洗うことができます。
   
6. 環境への配慮
電子ユニットの基板には鉛フリーはんだを全面採用し、環境へも配慮しています。
さらに、ポンプアップ節水槽により、大幅な節水・時間短縮を図り、9年前の当社同等機種と比較して「時間約半分・水約半分」の性能を実現。加えて、無段水位を採用し、衣類の容量に最適な水位で洗濯できるため、余分な水は使用しません。軽い汚れに対しては洗剤量が標準コースに対して約半分の「スピーディコース」を採用し、節洗剤にも取り組んでいます。
当社9年前 従来モデルAW−75G3とAW−703GP・603GPの比較

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様
外形寸法:左から幅(ホース含む)、奥行、高さの順

お問い合わせ先

お客様からの商品についての
お問い合わせ先
家電機器社
リビングソリューション部
TEL 03(3257)6100


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright