東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
新コンセプトデザインの液晶テレビの発売について

2003年1月20日

建築家と共同で商品開発した「液晶"FACE"」

液晶テレビ「液晶"FACE"17LS10」(左)/「液晶"FACE"14LS10」(左)/「液晶"FACE"17LS10」(右)
 

 当社は、液晶テレビをインテリアの一つとして捉え、「住空間との融合と調和」をデザインコンセプトに、建築家とのコラボレーションで開発した「液晶"FACE"17LS10」など2モデルを商品化し、3月中旬より発売します。

 新製品は、建築・デザイン事務所である「インテンショナリーズ」とのコラボレーションにより「住空間との融合と調和」をコンセプトに、液晶テレビを、リビングや寝室などをコーディネイトするインテリアの一つとして捉えて開発をしました。
 前面に、光沢仕上げのアクリルパネルを採用するとともに、全体に直線を多用したすっきりしたフォルムにするなど、リビングや寝室などに調和しやすいデザインに仕上げています。

 また、スタンドライトとして楽しめるインテリアライト機能を搭載することにより、テレビを見ていないときには、液晶画面にグラフィックを表示し、リビングやベッドルームのアクセントとしても使用できます。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 2002年度の液晶テレビにおける市場は前年度比で170%の伸長が見込まれており、2003年度も180%の伸長が予測され、薄型テレビの需要はますます高まりを見せています。
 これは、液晶テレビの「薄さ、軽さ」といった設置性の良さと同時に、液晶テレビ自体がリビングや寝室などをコーディネイトするインテリアの1つとしてユーザに認知されてきていることを示しています。
 このような中、当社は、リビングや寝室になじみ、調和しやすいデザインを採用するとともに、部屋のアクセントとして楽しめるインテリアライト機能を搭載した新製品を投入し、ラインアップを拡充することで、液晶テレビのシェアアップを図っていきます。

新製品の商品コンセプト

<全体コンセプト>
 「住空間に融合・調和するモノとして新しいリビングの在り方を追求する」

 テレビというものは、誰もが向き合い、ほとんどの人がその存在を必要としています。そして、20世紀においては、その存在感こそが豊さの象徴であり、リビングなどの住空間の中で特別な存在でした。
 しかしながら、ライフスタイルや価値観の多様化により、テレビに対するニーズが変わろうとしています。「テレビを見る」という機能性のみならず、「テレビのデザインやコンテンツ含め、テレビを通して住空間を楽しむ」という志向が強まってきています。
 今回の製品は液晶テレビの特長である「薄さや軽さ」に、「住空間に融合・調和したデザイン」というコンセプトを加えることで、新しいリビングの在り方を提案した製品に仕上げています。

新製品の主な特長

<「液晶"FACE"」の特長>

1. リビングや寝室などに調和しやすいデザインの採用
建築・デザイン事務所である「インテンショナリーズ」とのコラボレーションにより「住空間との融合と調和」をコンセプトとして開発をしました。
前面に、光沢仕上げのアクリルパネルを採用するとともに、全体に直線を多用したすっきりしたフォルムにするなど、リビングや寝室などに調和しやすいデザインに仕上げています。
   
2. ライトスタンドとして楽しめる、インテリアライト機能を搭載
液晶画面にグラフィックを表示し、スタンドライトとして楽しめる、インテリアライト機能を搭載しました。テレビを見ていないときには、グラフィックを表示して、リビングやベッドルームのアクセントとして楽しむことができます。
   
3.

高画質・高音質

(1) 高速液晶応答速度*116msでキレのある映像を再現
動きの速い映像もくっきりと表示する16msの高速液晶応答速度を実現したハイスピードレスポンスパネルを採用していますので、動きの速いシーンの多いスポーツ番組も切れのあるダイナミックな映像で楽しむことができます。
*1 映像を黒から白、白から黒に切り換えるのに要する時間の合計
   
(2) 高輝度と広視野角、高コントラストを同時に実現
高輝度450cd/mと上下・左右160度の広視野角を実現し、外光の映り込みを低減する「NEWブラックコート」を採用することで高コントラストを実現した液晶パネルを搭載し、自然で美しい映像を再現します。
   
(3) くっきりとした高画質を実現する「動き適応型液晶ピクチャープロセッサー」*2
動画映像の斜め線などのエッジ部分には、ジャギー*3が発生することがありますが、今回新たに、フィールド間の動きデータを演算して、中間位置に新たなパターンを生成する「動き適応型液晶ピクチャープロセッサー」を採用し、斜め線やエッジを滑らかにすることで、くっきりとした高画質を実現しました。
*2 17LS10で採用
*3 動画映像の斜め線などのエッジ部分に発生する階段状のギザギザのこと
   
(4) 映画フィルムの質感を再現する「3:2プルダウン」、CGやアニメーションの質感を再現する「2:2プルダウン」を搭載*4
映画フィルムなどの映像ソースの場合には3:2プルダウン、CGやアニメーションなどの場合は2:2プルダウンに対応した処理を行い、映像信号を最適なプログレッシブ信号へ自動変換します。動きの速いシーンでも映像本来の自然な質感を再現します。
*4 17LS10で採用
   
(5) 大口径スピーカーユニットを搭載
2つの大口径スピーカーを、モニター下部に配置しています。スリムな外観で、クリアな音声を楽しむことができます。

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様
*5 輝度が半減する時間の目安

<ご参考>

インテンショナリーズ:(有限会社)

代表取締役:鄭秀和 /1968年神奈川県生まれ。
/1994年 武蔵野美術大学大学院造形研究化建築コース終了

建築の枠を越えたモノづくりのレーベルとして1995年に設立。
家具デザインから建築設計まで幅広く手がけている。
代表作には「ストラスブルゴ」や「MOTION ELEMENT」などの店舗デザイン、音楽スタジオ「Form」などの空間デザインなどがある。
昨年、当社とのコラボレーションでキッチン家電製品「atehaca」を手がけるなど、新たな領域にも挑戦している。

お問い合わせ先

お客さまからの商品に関する
お問い合わせ先
映像ネットワーク事業部 TEL 03(3257)6028


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright