東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
オブジェクト指向型CPCシステム構築ソリューション「RFW(TM)」販売開始について

2003年3月3日

 当社は、製造業における製品開発リードタイムの短縮を可能にするコラボレーション型設計/開発環境(CPC:Collaborative Product Commerce)を短期間に構築できる、オブジェクト指向型CPCシステム構築ソリューション「RFWTM」(ラピッド・フレームワークの頭文字)を商品化し、本日より販売します。

 「RFWTM」は、業界トップクラスのCPCソリューションであるPTC社製「Windchill」を用いてシステム構築を検討している企業に、標準ソフトウェア部品とその実行環境を提供する開発支援ソフトウェアです。
 「RFWTM」では、CPCシステムに必要とされる機能(ドキュメント管理、製品構成管理、ワークフロー及びそれらに関するGUI等のアプリケーションソフト)のうち、利用頻度の高い機能を当社の今までの納入事例から抽出し、標準化してソフトウェア部品としています。これらを組み合わせてシステムを構築することで、個別にアプリケーションソフトを開発する場合と比べて、低コストでのシステム構築が可能です。
 また、ソフトウェア部品の呼び出し順序や条件を、対話型で定義することができるので、システムの要件定義期間の短縮を実現します。

 当社は、CPCの導入に関する業務革新のコンサルティングから「RFWTM」を核としたシステム構築、運用サポートまでのトータル・ソリューションの提供を行います。
 「RFWTM」の価格は1システム350万円から(最小構成)です。当社は、「RFWTM」を含むCPCソリューション事業で、2003年度に年間150億円の売上を目標としています。

商品化の背景と狙い

 現在、製造業においては、世界規模の競争の中で、競争力のある商品をいち早く市場へ投入することが求められています。そのため、SCMやCRM、ERPと連携し、製品プロセスライフサイクル全般に渡って、インターネット上での顧客、パートナー企業、部品サプライヤ企業などのコラボレーション(情報の共有、協業)と、グローバルな物づくりを実現するCPCソリューションが注目されています。
 しかしながら、企業競争力強化へ向けたCPCソリューションを導入する際、従来の様に個別にアプリケーションを開発していては、システム構築に長時間を要するだけではなく、後々の修正にも大きなコストがかかるなど、急速に変化するビジネス環境へ追従することはできません。
 当社は、このようなビジネス環境を考慮し、主なアプリケーションを機能単位にソフトウェア部品化することで、CPCシステムの早期構築を可能にするオブジェクト指向型CPCシステム構築ソリューション「RFWTM」を商品化し、販売を開始します。

新製品の主な特長

1. システム開発コストの低減と期間を短縮
CPCシステムとして業界トップクラスのPTC社製「Windchill」をベースとしたシステム構築において、標準化されたソフトウェア部品を使用することで構築に関する期間短縮と、コスト削減を実現します。
   
2. 業務要件定義を効率化
「RFWTM」は業務要件に合わせた業務フローをビジュアルに定義できます。
そのため、業務要件をその場で確認しながら、要件定義を進めていくことができるほか、システム要件をその場で修正するなど、従来の開発環境と比べて、要件定義における後戻り作業を削減できます。
本製品はWebアプリケーションの業界標準技術であるJ2EEを採用している為、特別な開発スキルを必要とせずにお客様自身でシステム構築が可能です。
また、汎用的な技術であるため、既存Webアプリケーションとの統合が容易です。
*J2EE: Java 2 Enterprise Edition

RFWの構造

RFWの構造

RFWの制御イメージ図

RFWの制御イメージ図

システム構築の進め方と導入効果

 「RFWTM」によるシステム構築では、システム開発をユースケース(利用方法)単位に分割し、要件定義から検証までのサイクルを繰り返しながら、システムの完成度を高めていく方法を採用しています。
 開発工程は、以下の4つのフェーズから構成され、1サイクルを3ヶ月単位で実施します
(1) 要件定義
(2) プロトタイプ作成
(3) デモ
(4) 検証

 「RFWTM」は、前記の通りシステム構築期間の短縮と、業務フローの変更に伴うシステム変更期間・コストの削減に効果があります。また、システム設計における方式統一、ソフトウェア部品の再利用によるシステム品質向上にも貢献します。
 今後は現在の基本部品(構成管理・ドキュメント管理・部品管理・ワークフロー)に加え、プロジェクト管理や変更管理といったオプション部品を整備し、より多くの顧客に提供していく予定です。

お問い合わせ先

本センターおよび
ソリューションに関する
お問い合わせ先
e−ソリューション社
eネット事業部
TEL 03(3457)2629


  • WindchillはPTC社の商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright