東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
東芝とオリックスが発電事業を検討する企画会社を設立

2003年4月15日

株式会社 東芝
オリックス株式会社

 株式会社東芝(社長:岡村 正 以下、東芝)とオリックス株式会社(社長:藤木保彦 以下、オリックス)は、山口県宇部市における石炭火力発電事業の検討を行なう企画会社「株式会社シグマパワー山口」を合弁にて設立し、具体的な検討を開始しました。

 新会社では、出力50万kW〜100万kWの石炭火力発電所を2008年度目標に建設して電力の卸販売を行なうことについて、事業性の検討と、環境への影響評価や対策の検討を行います。

 東芝は、新会社に対して、国内外における多数の火力発電プラント建設実績と、保守・サービスに関する高い技術力とノウハウを活かして、発電所の建設にかかる技術面、環境面の検討を支援します。オリックスは、リース、融資、投資銀行業務といった金融に関する幅広いノウハウと、風力発電事業会社などへの出資経験を活かして、本事業の財務面での検討を支援します。
 両社からそれぞれの強みを持ち寄ることで、より経済性の高い発電事業の構築が可能になると考えています。

新会社の概要

会社名 株式会社シグマパワー山口
社長 茂澄 孝(株式会社東芝)
所在地 東京都港区
資本金 1.75億円(設立当初)
出資比率 東芝:66.8% オリックス:33.2%
設立時期 平成15年4月1日
検討概要

発電事業の事業採算性
発電所建設に関する技術的企画検討
発電所建設に関する環境影響評価

検討する発電事業の概要

発電方法 石炭火力発電
発電規模 50万kW〜100万kW
燃料 石炭
設置場所 山口県宇部市西沖の山地区(宇部興産株式会社殿所有地)
事業開始 2008年度運転開始目標

両社のエネルギー供給事業への取組み

<東芝>

 東芝は、国内外に多くの納入実績を持つ、エネルギー機器における世界のトップメーカーの一つです。また、重電事業を安定事業領域と位置づけるとともに、新規事業の開拓を目指しており、昨年6月には定款を変更して営業目的に電力供給業を追加し、従来のハードウェア事業だけでなく、フロービジネスであるエネルギー供給事業へも積極的に取り組んでいます。現在、2004年春の運転開始を目指して、エネルギー機器の主力工場である京浜事業所内に出力5,750kWのガスエンジン発電設備2台を建設中であり、そのうち5,400kWを特定規模電気事業者へ卸販売する予定です。

<オリックス>

 多角的な金融サービスを展開しているオリックスは、日本における電力自由化の進展も新しいビジネスチャンスと捉え、幅広く収益機会をうかがっています。これまでも、他社との共同出資や業務提携により、省エネルギー対策支援のESCO事業や自家発電事業、風力発電事業などに参画、電力関連設備に対するファイナンスのアレンジメントといった、主に金融面における役割を担っています。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright