東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
記録型DVDの普及拡大を目指し、「WinHEC2003」に5社共同ブースを開設
(2003年5月6日〜8日、米国・ニューオリンズ)


2003年4月24日

株式会社 東芝
株式会社 日立製作所
株式会社 日立LGデータストレージ
パイオニア株式会社
松下電器産業株式会社

 DVDフォーラムのメンバーである、株式会社 東芝、株式会社 日立製作所、パイオニア株式会社、松下電器産業株式会社と、株式会社 日立LGデータストレージの5社は、きたる5月6日からニューオリンズ(米国・ルイジアナ州)で開催される、Windows関連のハードウェア開発者向けカンファレンスである「WinHEC 2003」(マイクロソフト コーポレーション主催)にて、DVDフォーラムの主要メンバーとして記録型DVD規格を推進してきたメンバーを中心に、共同プロモーションを目的とした出展を行います。
 これは、DVDフォーラムで策定された記録型DVD規格(DVD−RAM、DVD−R、DVD−RW)ならびにアプリケーション規格であるDVD−VR規格(DVD Video Recording Specification)の普及活動の一環として行うものであり、各社が製品を展示すると共に、DVDフォーラムで策定された記録型DVD規格のコンセプト紹介、ならびに製品の具体的な特長についてのデモンストレーションを行う予定です。
 また、「WinHEC2003」のメインイベントであるカンファレンスにおいて、5月8日に予定されているパネルディスカッション 「The WinHEC2003 Writable DVD Panel」 に、アンディー・パーソンズ (Pioneer Electronics USA)ならびにトニー・ジャシオノウスキー (Panasonic Technologies Company) がパネリストとして参加します。

WinHEC2003について

 WinHEC(Windows Hardware Engineering Conference)はマイクロソフト コーポレーションによって毎年開催される、主にWindowsに関連するシステムや周辺機器の技術者のための重要なイベントです。会期中に開催されるキーノートスピーチ、セッション(新しい技術を解説するプレゼンテーション)ならびにエキジビション(関連機器メーカー、ソリューションベンダーの展示会場のブース)で構成され、Windows関連のシステム、周辺機器技術者にとって最大のイベントとなっております。
 今年は5月6日から5月8日の会期で、米・ニューオリンズにて開催されます。

共同ブースについて

 ブース名称は「DVD Recordable Special Interest Group」。
 DVDフォーラムの主要メンバーとして記録型DVD規格を推進してきたメンバーを中心に、WinHEC2003会場において共同プロモーションを目的とした出展を行います。

DVDフォーラムについて

 DVDフォーラムは、DVD規格の策定およびDVD規格の普及促進を図る世界的な組織であり、世界中のエレクトロニクスメーカー、ソフトウェアメーカー、メディアメーカー等が会員として登録しています。
 会員数は215社(2003年3月18日現在)。そのうちの17社が幹事会社で、株式会社 東芝、株式会社 日立製作所、パイオニア株式会社、松下電器産業株式会社は幹事会社です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright