東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
SOHO/小規模事業者向けオールインワン・サーバ新製品の発売について

2003年5月6日

アプリケーション組み込みのためのインタフェースとネットワークセキュリティを強化

オールインワン・アプライアンスサーバ「MAGNIA(マグニア) SG30」

 当社は、SOHOや小規模の事務所を構える事業者向けに、ファイル/プリント共有、メールなどのイントラネット機能を1台に集約し、省スペースと高コストパフォーマンスを実現するとともに、ネットワークセキュリティ機能の強化を施したオールインワン・アプライアンスサーバ「MAGNIA(マグニア) SG30」を商品化し、本日から営業活動を開始します。

 新製品は、コンパクトな本体に有線LANのスイッチング・ハブ機能や無線LANのアクセスポイント機能(無線LANカードは別売)を搭載しており、この1台で小規模なネットワーク環境を構築して、情報の共有による業務の効率化を図ることができます。
 また、無線LANでの128ビットWEPに加えIPsecによる通信データの暗号化を可能としているほか、インターネットやイントラネットを介してネットワークにアクセスする際に盗聴から情報を守るVPN機能や、悪意ある攻撃からサーバを守るファイアウォール機能を強化し、無線LANやインターネット接続時にも安心してネットワークを利用できる環境を提供します。

 新製品を購入したシステムインテグレータやソフトウェア・ハウスが、ERPや給与計算といったアプリケーションを追加して独自の商品としてユーザに販売する場合には、当社からアプリケーション組込み開発のための技術情報を提供するほか、アプリケーションの移植等について支援サービスを行います。これによりシステムインテグレータやソフトウェア・ハウスは容易に独自の商品を企画することができます。また、様々な周辺機器の拡張や、アプリケーションの追加に対応しやすくするためにUSBやPCカードスロットといった充実したハードウェア・インタフェースを搭載しています。

技術情報の提供内容/方法等は当社までお問い合わせください。

新製品の概要

<MAGNIA SG30>
新製品の概要

商品化の背景と狙い

 近年、ADSLやFTTHといったブロードバンドの普及に伴い、SOHOや小規模事業者の構える事務所においてもサーバを設置して、業務の効率化を検討する事業者が増えています。しかしながら、実際にはコスト面等の理由でインターネットの接続やLANの管理などを行なう専門の技術者を置くことができない場合が多く、簡単な設定で使用可能で、ビジネスに必要な一通りの機能を備えたアプライアンスサーバに対するニーズが高まっています。
 当社は、このようなニーズに応え、簡単な設定でIT環境を構築することが可能で、コストパフォーマンスに優れた「MAGNIA SG30」を商品化し、アプライアンスサーバ市場の拡大とシェアアップを図っていきます。

新製品の特長

1. SOHO/小規模事業者/支社店・店舗に最適なオールインワンサーバ
多様な機能を実現するソフトウェアを予めインストールしています。
<主な機能>
ファイル/プリント共有機能
WEBキャッシュ機能
ファイアウォール機能、VPN機能
DHCP機能、DNS機能、NAT機能
ローカルメールや掲示板などのイントラネット機能
   
2. コンパクトで設置性に優れた本体
コンパクト(幅344mm奥行き264mm高さ68mm、重さ約5kg)な本体は設置性に優れています。また、オフィスに馴染む洗練したデザインを施しています。
   
3. ローカルネットワーク環境をこれ一台で構築
インターネット接続用のイーサネット・ポートの他に、LAN用ポート(7ポート)、無線LANアクセスポイント機能(無線LANカードは別売)を搭載していますので、有線/無線LANでパソコンを接続し簡単に小規模なネットワークを構築することができます。
   
4. 安全な無線LAN環境
128ビットWEPによる通信データ暗号化、MACフィルタリングによる不正アクセス防御といった機能に加えて、IPsecによりデータを暗号化する機能をサポートします。より一層安全に、盗聴や不正アクセスから大切な情報を守ることができます。
   
5. 安全にインターネット環境を利用
(1) インターネットを経由して遠隔地から「MAGNIA SG30」上のデータを参照する際、IPsecによる暗号化を施したVPN接続を行うことができ、盗聴から通信データを守ることができます。
(2) 各拠点に設置された「MAGNIA SG30」間を、IPsecによりデータ暗号化したVPN接続を利用することにより、安全にデータの交換を行うことができます。
(3) インターネットからの不正アクセスや攻撃からファイアウォール機能によりサーバやローカルネットワーク内の資産を守ります。
パケットフィルタリング機能を強化し、ポート番号/送信元・送信先IPアドレス/プロトコルによるアクセス制御を行うことができます。
ネットワークサービス・モジュールのバージョンを返却しないことなどにより、ネットワークから「MAGNIA SG30」の存在を隠し、悪意ある攻撃から守ります。
   
6. 安心・快適な運用をサポート
(1) クライアントPCから運用状況を監視
クライアントPCから「MAGNIA SG30」の運用状況を監視できます。万一、障害が発生した場合には、クライアントPCの画面から障害状況を確認することができます。また、同時に本体前面のLCDパネルにも障害発生を知らせるメッセージが表示されます。
(2) データのバックアップ機能
ハードディスク上のデータをUSBに接続したバックアップ装置や他のパソコンのハードディスクに保存することができます。スケジューリングや差分バックアップも可能です。
セカンドHDD(オプション)を追加することにより、プライマリHDDのデータを定期的にバックアップすることができます。万一、ハードディスクが故障した場合でも、直ぐにシステムを復帰させることができます。
(3) ソフトウェア・アップグレードサービス
搭載しているソフトウェアをより良い環境でご使用いただくために、オンラインでソフトウェアをアップグレードできるサービスを提供します。
   
7. システムインテグレータが使いやすいインタフェースとサービスを提供
 新製品を購入したシステムインテグレータやソフトウェア・ハウスが、周辺機器の追加やアプリケーションの組み込みを行ないやすいように、充実したインタフェースを設けています。
(1) 周辺装置を接続してシステムを拡張するためのハードウェアインタフェースを搭載。開発作業に必要な装置も接続できます。
<新製品にて新規搭載したインタフェース>
 USB1.12ポート、PCMCIA3スロット、シリアルインタフェース・ポート
(2) アプリケーションやサービスを追加して、独自システムとして商品化するための支援となる技術情報、ハードウェアの診断ツールやリカバリCDを用意しています。
(3) 他社が本商品にアプリケーションを追加し商品化するための技術支援、ならびに開発製品の製造支援といった要望に応えるサービスを用意しています。

お問い合わせ先

新製品に関するお客様からの
お問い合わせ先
サーバ・ネットワーク
事業部
TEL 03(3457)3019
E-Mail pcserver@ieg.toshiba.co.jp
MAGNIAシリーズ ホームページ URL http://www.magnia.toshiba.co.jp


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright