東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
クラスタソフトウェア「(DNCWARE) ClusterPerfect」シリーズの機能強化について

2003年5月7日

高速な障害検出とOracle9i RAC対応により高速なデータベースサービス再開を実現

 当社は、サーバシステムの可用性を向上するクラスタソフトウェアのラインアップ強化として、高速な障害検出やポリシーベースのサービス実行管理といった高度なクラスタシステムを実現する機能を搭載するとともに、「Oracle9i Real Application Clusters (以下Oracle9i RAC)」に対応した「DNCWARE ClusterPerfect EX(ディーエヌシーウェア・クラスターパーフェクト・イーエックス)」を商品化し、本日より営業活動を開始します。

 新製品は、サーバの運用状態を単純なタイムアウトではなく当社独自のアルゴリズムにて監視しており、障害の検出を安全確実かつ高速に行うことができます。これにより、サーバ障害の発生から切り替え処理の開始までのタイムラグを短縮して、即座に切り替え処理を実行することができます。
 また、新製品はSolaris環境において「Oracle9i RAC」をサポートしており、新製品による高速な障害検出と「Oracle9i RAC」の高速なシステム再構成により、万一の障害発生時にも「Oracleデータベースサービス」の高速な再開が可能です。
 さらに、高度なクラスタシステムを組む際に必要な、複数のサーバやサービス間の依存・排他といった関係(ポリシー)の設定をGUIからの簡単な操作で作成することができる「ポリシーベースのサービス実行管理」機能を搭載しています。これにより、多数のサーバ、サービスを統合したクラスタシステムを組むことが可能で、待機系サーバの台数を削減しながら可用性の向上を図ることができます。(図1参照)。

 当社は、新製品の提供とともに、クラスタシステムの導入診断や構成設計、運用設計を行うコンサルテーションから、クラスタシステムの構築・展開、運用・保守まで、トータルに支援するサポートサービスも同時に展開し、「DNCWARE ClusterPerfect」シリーズ全体で2003年度に25億円の売上を目指します。

 なお、今回の発表に関して当社のビジネスパートナーである日本オラクル株式会社、サン・マイクロシステムズ株式会社より(別紙)のコメントをいただいています。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 近年、情報システムの障害停止は、ますます企業の業績や信用に直結する問題となっています。このため、システムに障害が発生した場合でも、すみやかに業務サービスを継続することができるクラスタシステムの市場が拡大しています。
 一方、現在の情報システムは、様々なサーバやサービスで構成され、利用プラットフォームも多岐にわたることが多く、クラスタシステムに対しても様々な要求が増えています。例えば、これまでは個々のサービス毎にクラスタシステムを構築する必要があるため、システムが増えるとサーバコストの増大や運用の煩雑さが問題になっており、その解決が求められています。また、さらに迅速な障害復旧やビジネスの規模に柔軟に対応するスケーラビリティなどが求められています。
 当社は、このようなニーズに応えるべく、長年にわたり蓄積したクラスタ技術を結集して開発した新製品「DNCWARE ClusterPerfect EX」を市場へ投入し、クラスタビジネスの適用範囲を広げ、さらなる拡販を図っていきます。

新製品の主な特長

 「DNCWARE ClusterPerfect EX」は、ネットワーク接続された複数のサーバを協調連携させることにより、障害発生時に、速やかにサーバを切り替え、業務サービスの継続を可能にしたクラスタソフトウェアです。

1. 高速な障害検出機能
クラスタシステムでは、サーバの状態監視にハートビート通信を行っており、相手系からハートビート通信の応答が途切れた場合に、相手系を障害と判断して、サービスの引き継ぎ処理を開始します。従来のクラスタシステムでは障害の誤検出を避けるために、ハートビート切れが一定時間以上続いたときに障害と判断しており、障害の検出が遅れるケースがありました。
新製品は、サーバの状態監視を複数のサーバ上で行い2/3の同意が得られた時点で障害を判定する当社独自の「2/3定足数アルゴリズム」を採用しており、障害検出を安全確実かつ高速に行うことができます。これにより、サーバ障害の発生から切り替え処理の開始までのタイムラグを短縮できるため、即座に切り替え処理を行うことを実現しています。
   
2. Oracle9i RAC対応
新商品は、Solaris環境において「Oracle9i Real Application Clusters (Oracle9i RAC)」に対応することにより、以下を実現しています。
(1) 高速なフェイルオーバを実現(高い可用性)
新製品が提供する高速な障害検出とOracle9i RACが提供する高速なシステム再構成により、Oracleデータベースサービスの高速な再開が実現できます。
(2) 動的な構成変更が可能(サーバ資源の有効活用)
複数のOracle9i RACおよびHAクラスタシステム間でサーバを動的に構成変更できるため、サーバ資源を効率的に使用できます。
(3) 複数クラスタを管理(管理負担の軽減)
Oracle9i RACシステムやHAクラスタシステムなどの複数のクラスタシステムを1つのコンソールから管理可能なため、運用管理者の負担軽減が可能です。
   
3.

無駄な冗長化を省きつつ高い可用性を実現(ポリシーベースのサービス実行管理機能)
クラスタシステムでは、1台の稼動系サーバに対して1台の待機系サーバを用意する構成(1対1バックアップ構成)に比べて、複数台の稼動系サーバに対して複数台の待機系サーバを用意する構成(N対Mバックアップ構成)の方が、可用性が向上します(図1参照)。
しかしながら、N対Mバックアップ構成ではサービスの引継ぎ先が多岐にわたるため、あるサービスはあるサーバでしか動作できない、あるサービスはあるサービスと一緒でないと動作できないなど、細かなポリシー定義が必要となります。従来のクラスタソフトウェアでは、このポリシー定義に複雑なプログラミングが必要で実現が難しかったため、個々のサービス毎に1対1バックアップの単純なクラスタ構成をとってきました。これに対して、新製品でサポートするポリシーベースのサービス実行管理機能では、GUIからの簡単な操作でポリシーを作成することができるため、多数のサーバやサービスを統合したクラスタシステムを組むことができ、結果として、待機系サーバの台数を削減しつつ可用性の向上を図ることができます(図1図2参照)。本機能で作成できるポリシーは次の通りです。

・サーバ排他   同一サーバ上で同時に稼動できないサービスを設定
・サーバ依存   サービスを起動するサーバ上で稼動している必要がある別のサービスを設定
・サービス依存   あるサービスが起動される前に、稼動している必要のあるサービスを設定
・サービス排他   あるサービスの稼動中には、起動できないサービスを設定
・サーバ限定   サービスが実行できるサーバを限定

図1:少ないノード(サーバ数)でより高い可用性を実現

図1:少ないノード(サーバ数)でより高い可用性を実現

図2:ポリシー作成のGUI画面

図2:ポリシー作成の GUI画面

お問い合わせ先

新製品に関するお客様からの
お問い合わせ先
e−ソリューション社 
プラットフォーム
ソリューション事業部
TEL 03(3457)2725
DNCWARE ClusterPerfect」ホームページ:http://clusterperfect.toshiba.co.jp/


(別紙)日本オラクル株式会社、サン・マイクロシステムズ株式会社より頂いた本発表に対するコメント


  • Oracle9iはOracle Corporationの商標または登録商標です。
  • OracleはOracle Corporationの登録商標です。
  • Solarisは米国Sun Microsystems, Inc.の登録商標です。
  • Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • Linuxは、Linus Torvals氏の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • ClusterPerfectは株式会社東芝の商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright