東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
個人・家庭向けノートパソコン新製品の発売について

2003年5月12日

ワイヤレスヘッドセットによる音声コマンド入力で操作できる
「DynaBook G8/X20PDEB」など

「DynaBook G8」
 
 

 当社は、映像や音楽、ゲームといったエンターテイメントを快適に楽しむための高性能、高画質、高音質を追求したハイクリエイティブノートPC「DynaBook Gシリーズ」の新製品として、BluetoothTM を利用して離れた場所から音声によりPCの操作や文字入力をすることができるワイヤレスヘッドセット「スピーチレコグナイザー SR-1」を付属した「DynaBook G8/X20PDEB」など4モデルを商品化し、5月24日より順次発売します。

 「DynaBook G8/X20PDEB」は、新開発の「スピーチレコグナイザー SR-1」を標準搭載し、見通し最大約10mのエリア内でPCのワイヤレス操作を行なうことが可能です。「SR-1」のマイク部に音声コマンドを入力することで、離れた場所から、DVDビデオや音楽CDの再生や停止、早送り、チャプター選択などの操作が可能です。また、「SR-1」は、ワイヤレスヘッドホンとしても利用できるほか、本体標準装備の音声認識・合成ソフト「LaLaVoice」を使ってキーボードを使わずに音声で文章を入力したり、音声チャットやインターネット電話をワイヤレスで楽しむことも可能です。

 「DynaBook G8シリーズ」の最上位モデルである「DynaBook G8/U25PDDW」は、「モバイルIntel(R) Pentium(R)4プロセッサ2.50GHz-M」を初め、DVD-R書き込み最大2倍速を実現したDVDマルチドライブ、15型UXGA (1,600X1,200ドット) Clear SuperView液晶ディスプレイ、harman/kardonのステレオスピーカとサブウーハースピーカといった、デジタルAVを楽しむための仕様を搭載しています。
 また、NVIDIA(R)社がノートPC専用に新開発した高性能グラフィックアクセラレータ「NVIDIA(R) GeForceTMFX Go5600」をいち早く搭載しているほか、IEEE802.11a/bの2つのワイヤレスLAN方式に対応するとともに、BluetoothTMも標準装備するなどワイヤレス機能も強化しています。タッチパッド部には「カレンダー」「電卓」「世界時計」「アニメーション」などの機能を切替えて利用できるバックライト付き「クリアパッド」を搭載しています。
 さらに、大容量80GBハードディスクを標準装備しており、オプションの「TVチューナ」と組み合わせることでハードディスクビデオレコーダーとしても利用できます。「TVチューナ」にはハードウェアMPEG2エンコーダを内蔵しており、高画質な記録・再生を実現しています。VHSビデオレコーダーのようにテープを巻き戻す必要がなく、録画・再生を瞬時に行うことができるほか、デジタルならではの長時間録画や、追っかけ再生機能を搭載しています。録画予約もインターネット上のTV番組一覧をクリックするだけで簡単に行うことができます。

 当社は今回、「DynaBook G8シリーズ」のほかに、CPUに「モバイルIntel(R) Pentium(R)4プロセッサ2GHz-M」を採用し、15型XGA Clear SuperView液晶、高音質harman/kardonステレオスピーカを搭載し、映像や音楽の鑑賞や、音楽の編集、CD作成などを快適に楽しむことができるスタンダードモデル「dynabook E8/520PME」や、高速CPU「Intel(R) Pentium(R)4プロセッサ 2.80GHz」を搭載するとともに、DVDマルチドライブ、15型SXGA+ Clear SuperView液晶、60GB大容量ハードディスクを標準装備することで、高性能を実現した「DynaBook P8/X28PDE」など3モデルを商品化し、併せて発売します。

新製品の概要

「DynaBook G8シリーズ」

新製品の概要「DynaBook G8シリーズ」

「dynabook E8シリーズ」

新製品の概要「DynaBook G8シリーズ」

「DynaBook P8シリーズ」

新製品の概要「DynaBook P8シリーズ」

新製品の主な仕様

<ハイクリエイティブノートPC「DynaBook G8シリーズ」>

1. ワイヤレスで音楽を聴いたりPCの操作が可能な「SR-1」を同梱*1
「DynaBook G8/X20PDEB」は、新開発のワイヤレスヘッドセット「スピーチレコグナイザー SR-1」を同梱し、BluetoothTM準拠のワイヤレス通信機能によりPC本体から離れた場所からでも音楽を聴くことができます。また、付属のマイク部に音声コマンドを入力することで、再生や早送り、チャプター選択などの操作も可能です*2。さらに、ヘッドホン機能とマイク機能を同時に使用することも可能で、音声チャットやインターネット電話もワイヤレスで楽しむことができます。
*1 「DynaBook G8/X20PDEB」
*2 プレインストールされている「WinDVDTM4」「BeatJam」「Windows MediaTM Player9」が音声コマンドに対応しています。
   
2. オリジナルDVDが作成できるDVDマルチドライブを搭載
DVD-RAM、DVD-R/-RWへの書込みが可能なDVDマルチドライブを搭載。デジタルビデオカメラの録画映像をDVD-RAMで編集してオリジナルDVDを簡単に作成できます。また最大2倍速でのDVD-R書込みに対応しており、従来モデルでは約1時間かかっていた書込み時間が半分の約30分に短縮されます。
約4.2GBのデータファイルを書き込んだ場合の所要時間。
   
3. 大画面・高画質・高音質で映像や3D映像を滑らかに再現
NVIDIA(R)社の最新高性能グラフィックアクセラレータ「NVIDIA(R)GeForceTMFX Go5600」と64MBのDDRビデオRAMの搭載により、株式会社スクエアエニックスの「ファイナルファンタジーX I」をはじめとしたオンラインゲームや3D映像などを、細部まで滑らかに表現することが可能です。また、内光の拡散を抑えて引き締まった黒とクッキリした色彩を実現するハードコート層と、外光の映りこみを軽減する低反射コーティング層の二層からなるダブルコーティング構造を採用した、15型「Clear SuperView液晶」を採用しています。UXGA(1,600X1,200ドット)またはSXGA+(1,400X1,050ドット)の高解像度で、DVD映像やデジタルカメラの画像などを、コントラストの高い、美しい画面で描画することができます。さらに、harman/kardonのステレオスピーカとサブウーハーを搭載し、澄んだ高音と深みのある中・低音を再生可能です。光デジタルオーディオ出力端子(S/PDIF)に5.1chスピーカシステムを接続することで、映画館のような音響効果を実現できます。
「G8/X20PDEW2」モデルは「NVIDIA(R)GeForceTM 460Go」と32MBのDDRビデオRAMを搭載しています。
   
4. ワイヤレス通信を実現するデュアルバンドのワイヤレスLANとBluetoothTMを搭載
最大54Mbpsの高速通信が可能なIEEE802.11aと、最大11MbpsのIEEE802.11bの双方に準拠したワイヤレスLANを搭載しています。インターネットへのブロードバンド接続を、ワイヤレスで快適に楽しむことが可能です。また、BluetoothTMを搭載し、「SR-1」をはじめとするBluetoohTM対応周辺機器と、ワイヤレスでデータ通信が行えます。
「G8/X20PDEW2」モデルはIEEE802.11aには対応しておりません。また、それぞれの通信方式に準拠したワイヤレスLANアクセスポイントが必要です。
   
5. 「モバイルIntel(R) Pentium(R)4プロセッサ 2.50GHz-M」搭載で、高いパフォーマンス
「DynaBook G8/U25PDDW」は、高速CPU「モバイルIntel(R)Pentium(R)4プロセッサ 2.50GHz-M」を搭載するとともに、512MBのDDRメモリを搭載することで、高いパフォーマンスを実現しています。またOSには「Microsoft(R) Windows(R) XP Professional」を搭載し、ネットワーク接続機能の拡充やセキュリティ強化を図っています。
   
6. TVチューナをはじめ自分のスタイルに合わせて入れ替えができるマルチスタイルベイ
マルチスタイルベイ構造を採用しており、ハードウェアMPEG2エンコーダを内蔵した「TVチューナ」(オプション)を装着することで、TVの映像を高画質で視聴・録画することが可能です。PC本体付属のリモコンを使うことで、操作も簡単です。また、オプションとして「DVDマルチドライブ」や「60GBハードディスクユニット」、スマートメディアTM/コンパクトフラッシュカード/メモリースティックの使用頻度の高い3つのメディアが直接挿入できる「ブリッジメディアスロット2」を用意しており、用途に合わせて選択することができます。
   
7. 充実したインタフェースと操作性
SDメモリカードをダイレクトに扱えるSDカードスロットや、最大転送速度480Mbpsとデータ転送を高速に行える3基のUSB2.0コネクタを標準で装備しており、デジタル機器と快適に連携できます。また電源ボタンとワンタッチボタンにはブルーに輝くイルミネーション付きボタンを採用。さらに「G8/U25PDDW」はタッチパッドを情報ウィンドウとして活用できるクリアパッドを搭載し、「カレンダー」「電卓」「世界時計」「アニメーション表示」などの機能を切り替えて使用することができます。
G8/X20PDEW2モデルを除く

<ハイスタンダードノートPC「dynabook E8」>

1. 「モバイルIntel(R)Pentium(R)4プロセッサ 2GHz-M」搭載で、高いパフォーマンス
「dynabook E8/520PME」は、高速CPU「モバイルIntel(R)Pentium(R)4プロセッサ 2GHz-M」(「dynabookE8/520CME」は、「モバイルIntel(R)Celeron(R)プロセッサ2GHz」)を搭載し快適なパフォーマンスを実現しています。
   
2. 15型TFT「Clear SuperView液晶」のハイコントラストで鮮明な映像
内光の拡散を抑え、引き締まった黒とくっきりとした色彩を実現するハードコート層と、外光の映りこみを軽減する低反射コーティング層の二層からなるダブルコーティング構造を採用した大画面15型TFT「Clear SuperView液晶」を採用。DVD映像やデジタルカメラの画像などを、コントラストの高い、美しい画面で再現することができます。
   
3. 「harman/kardonステレオスピーカ」で高音質サウンドを実現
harman/kardonのステレオスピーカを搭載し、澄んだ高音と深みのある中・低音を再生可能です。映画館のような音響効果でDVDムービーも再現できます。
   
4. 充実したインタフェース
最大480Mbpsの高速データ転送が可能な4基のUSB2.0コネクタのほか、i.LINK(IEEE1394)コネクタ、家庭用TVに接続できるS-Video出力端子やヘッドフォン端子、マイク入力端子など、映像・音楽を楽しむためのインタフェースのほか、プリンタと接続可能なパラレルコネクタ、RGBコネクタを備えています。また、「ピュアホワイト」のボディカラーと同色の外付けUSBフロッピーディスクドライブを標準同梱しています。さらに、PCカードスロット、SDカードスロットを搭載するなど拡張性にも優れています。
   
5. 優れた操作性
インターネットやメール、設定したアプリケーションをスピーディに起動できる「ワンタッチボタン」を装備し、指先ひとつで簡単に操作することができます。キーピッチ19mm、キーストローク2.7mmのキーボードはCaps LockやNum Lockが有効なときにはライトが点灯し、入力の操作性を高めます。指先の軽いタッチでマウスポインタ操作ができるタッチパッドの手前に上下スクロールに対応したスクロールボタンを装備。インターネットブラウザやワープロ機能などの大量の文章を見るときに便利です。
   
6. 「Microsoft(R) Office XP Personal」など多彩なソフトウェアをプレインストール
「Microsoft(R) Office XP Personal」をはじめ、DVD再生ソフト「WinDVDTM4」、オリジナルCDを作成できる「Drag'n Drop CD Ver3.0」、デスクトップアイコンや文字を拡大表示する「LiquidView(R)」、音声入力や音声操作ができる「LaLaVoice2001」、オンライン路線検索「ekitan Express Online」、ホームページ日英翻訳ソフト「The翻訳インターネットV7.0LE」、ホームページを簡単に作成できる「ホームページミックス/R.2」など多彩なソフトウェアをインストールしています。また、東芝オリジナルソフト「くるくる壁紙チェンジャー」を利用すると、季節や時間によって自動的に壁紙を変えたり、デジタルカメラなどで撮影したオリジナルデジタルフォトをデスクトップ画面にしたりといった楽しい壁紙を作ることができます。「ぱらちゃん」が画面上を楽しくアクションしながら動き回るアクセサリーソフトにより、毎日のPCライフを楽しいものにします。さらに、ランチャー機能を新たに搭載し、やりたいことをすばやく選んでアプリケーションを起動させることができる、自然言語検索で使い勝手の良い「CyberSupport for TOSHIBA」を搭載しています。

<ハイスペックノートPC「DynaBook P8」>

1. 「Intel(R) Pentium(R)4プロセッサ 2.80GHz」採用で、高いパフォーマンス
CPUにインテル社の高速CPU「Intel(R) Pentium(R)4 プロセッサ 2.80GHz 」を採用するとともに、256MBの高速DDRメモリ、大容量60GBハードディスクを搭載することで、高いパフォーマンスを実現しており、マルチメディア処理を快適に行います。
   
2. オリジナルDVDが作成できるDVDマルチドライブを搭載
両面で9.4GBの大容量のDVD-RAMが使えるDVDマルチドライブを搭載。デジタルビデオカメラの録画映像をDVD-RAMで編集してオリジナルDVDを簡単に作成できます。
   
3. 15型SXGA(1,400X1,050ドット)対応「Clear SuperView液晶」の高精細表示
15型SXGA対応「Clear SuperView液晶」を搭載し、高精細な表示を実現しています。また、NVIDIA(R)社のグラフィックアクセラレータ「NVIDIA(R) GeForce4TM 420 Go」を搭載し、グラフィックアクセラレータの持つ、高解像度アンチエイリアシング機能、画像処理エンジン(VPE)などにより、アプリケーションやゲームのパフォーマンスを落とすことなくエッジの滑らかな美しい画像描画や、DVD再生時にストレスのない再生画像を表示するなど、デジタル映像もスムーズに描写可能です。
   
4. 「harman/kardonステレオスピーカ」で高音質サウンドを実現
「harman/kardonステレオスピーカ」を搭載し、DVDや音楽CDなどの音声を、澄んだ高音質なサウンドで楽しむことができます。映画館のような音響効果でDVDムービーも再現できます。

お問い合わせ先

お客様からの製品についての
お問い合わせ先
東芝PCダイヤル
(http://dynabook.com/assistpc/index_j.htm)

なお、新製品情報は当社のPC総合情報サイト「dynabook.com」(http://dynabook.com/)でも提供します。


  • 本資料掲載の商品はそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。
  • Intel、Pentium、CeleronはIntel Corporationの登録商標または商標です。
  • Microsoft、Windows、は米国Microsoft Corporationの米国及び他の国における登録商標です。
  • Windowsの正式名称はMicrosoft Windows Operating Systemです。
  • CyberSupportは、株式会社ジャストシステムの商標です。
  • Liquid ViewはPortrait Displaysの登録商標です。
  • Drag'n DropCDはEasy Systems JapanとDigiOn,Incの商標です。
  • i.Linkとi.Linkロゴは商標です。
  • スマートメディアは、株式会社東芝の登録商標です。
  • Bluetoothは、その商標権者が所有しており、東芝はライセンスに基づき使用しています。
  • ファイナルファンタジーは、株式会社スクエアエニックスの登録商標です。
  • ハードディスクの容量は1GBを10億バイトで算出しています。

 


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright