東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
インターネット経由でMicrosoft(R) Excelのセル情報のリンクを可能とする遠隔データ集計ソフトMail de Cell Link(TM) の発売について

2003年5月28日

Mail de Cell Linkパッケージソフトイメージ図
Mail de Cell Linkパッケージソフトイメージ図

 当社は、複数のメンバーが個別に保有しているMicrosoft(R) Excelファイルについて、一人が行ったファイル内の数値やテキスト等のセル情報の変更を、電子メールを用いて他の全てのメンバーのファイルに自動的に反映させることを可能とするパッケージソフトウェア「Mail de Cell LinkTM 」(メールでセルリンク)を商品化し、本日から発売します。

 新製品は、インターネット経由でExcelファイルのリンクを実現したパッケージソフトウェアです。予め設定したメンバーのExcelファイルのセル情報を、電子メールの機能を使って自動的にリンクします。従来は、Excelファイルをメールの添付ファイルで送信し、メール受信者は添付ファイルを開封して必要なデータを指定されたセルに書き込むという手作業を実施していました。新製品はこの作業を自動化し、管理の省力化と最新のExcelファイル情報の共有化を実現します。
 リンクの流れとしては、Excelファイルを保存すると変更のあったセルが自動的にチェックされ、あらかじめ設定したメンバーに電子メールが自動送信されます。メール受信側では変更メールが自動開封され、Excelファイルのセル情報が更新されます。データの変更作業者は、自分自身のパソコン内のExcelファイルを変更・保存するだけで、全てのメンバーのExcelファイル情報を最新のものに更新することができます。

 本製品は、電力データや環境データなど工場やオフィスのユーティリティデータをインターネット経由で一括して自動集計するシステムや在庫管理システムなどに適しています。その他、生産管理、工程管理、工事業者の作業管理システム、団体の会員リスト管理システムなどにも適用拡大が可能です。
 まずは企業ユーザー向けを主体に販売を行います。その後、Web販売などによる一般ユーザー向け販売も実施します。

 本製品の販売目標は、初年度1500本、次年度に5000本を目指します。

新製品の特長

(1) 変更部分の自動送信・自動受信を双方向ででき最新のExcel情報の共有化を実現
 Excelファイルを保存すると変更のあったセルをチェックし自動送信します。メール受信側は変更メールを自動開封し、Excelファイルのセル情報を更新します。Excelファイルの変更側が送信側となり、双方向での自動送信・受信を実現しています。
 リンクはセルでもシートでもブックでも指定できます。また、一定周期でデータの変更状況をチェックすることもできます。さらに、送信内容はExcelファイルそのものではなく、変更部分の情報のみ送信しますので、ネットワークトラフィックへの影響も最小限にできます。
   
(2) ユビキタス・コンピューティングの実現
 いつでも、どこでも送信・受信が可能です。
 変更情報はメールサーバを経由するため、送り先の稼働状態を気にせず、いつでも送信できます。送り先のパソコンが立ち上がったとき、変更情報をメールサーバより受け取り、最新の状態に自動更新しますので、工場や本社など休日が異なる場合にも利用できます。
 また、インターネットに接続可能なモバイル機器と環境があれば、外出先から最新のExcelファイルのデータをチェックしたり、変更したりすることができますので、社内に居るときと同様に最新のデータを使ったタイムリーな情報管理を双方向で実現できます。
   
(3) セキュリティも確保
 信頼できる暗号化技術でデータの漏洩を防止します。また、メール機能を使っているため、新たにポートを開ける必要もなく、セキュリティポリシーを保ったままファイアウォールを通過できます。さらにExcelファイルの変更情報は、メールの添付ファイルという形では扱わないため、ウィルスソフトの混入による誤動作や悪影響も防止できます。
   
(4) 簡単な初期設定操作
 送信先のメールアドレス(送信先は複数指定可)、リンク先のExcelやセルの設定は環境設定ツールで簡単に設定できます。リンクの設定も、Excelファイル上の操作で指定できます。環境設定後は、いつものようにExcelを開いて、編集、保存するだけです。

商品化の背景と狙い

 これまで、工場やオフィスのプロセス監視や設備監視用途などでは、次のようなケースが多く見られました。

(1) データをMicrosoft Excelで管理
 データベースを使わずに手軽に利用できるExcelで、様々なデータを管理している。
   
(2) データ集計時の問題
 工場が複数あり本社でデータをまとめるような場合、Excelファイルをメールの添付ファイルで送信しているが次のような問題や不安がある。
手作業でメールを発信している。
本社担当者は各工場から送られてきた添付ファイルを開封後、Excel上でコピー&ペーストにより手作業でまとめている。
部門内であればExcelのリンク機能をそのまま使えるが、インターネット経由あるいは工場をまたがるケースではファイアウォールやネットワーク環境(ドメインなど)の違いにより、Excelのリンク機能がうまく動作しない。
変更量はわずかでも、メールに添付するExcelファイルのサイズが大きかったり、送信先が複数あったりすると、ネットワークトラフィックに影響を及ぼす場合がある。
Excelのマクロやメールの添付ファイルにウィルスが混入する場合がある。
   
(3) インターネットはセキュリティが不安
 インターネット経由の場合、第3者による傍受やなりすまし、不正侵入等様々なセキュリティ対策が必要になる。

 そこで今回、これらを解決するために、Excelファイルやネットワーク環境など既存の資産を活用し、新たなインフラ構築を必要としない、最新のExcel情報を共有化するための遠隔データ集計パッケージソフト「Mail de Cell Link」を開発・商品化しました。

動作環境

動作環境

Mail de Cell Link システム構成例

Mail de Cell Link システム構成例

Mail de Cell Link 設定画面例(送受信データ登録)

Mail de Cell Link 設定画面例(送受信データ登録)

お問い合わせ先

新製品に関するお客様からの
お問い合わせ先
株式会社 東芝  
電力・社会システム社
電機・計測事業部 新規事業開発部
TEL 03(3457)4724
新製品情報は、http://factoryview.jpで発表に併せて提供します。


  • Mail de Cell Linkは株式会社東芝の商標です。
  • Microsoft、Windows、Windows NTは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
  • その他、記載の商品の名称は、それぞれ各社が商標または登録商標として使用している場合があります。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright