東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
世界初(*1)のDVDマルチドライブ搭載HDD&DVDビデオレコーダーの発売について

2003年6月16日

DVD−RAM、DVD−RW、DVD−Rの3種類のメディアに対応

東芝 HDD&DVDビデオレコーダー「RD−XS31」

 当社は、HDD&DVDビデオレコーダーの新製品として、世界で初めてDVDマルチドライブを搭載し、DVDフォーラムで規格化された全ての記録用DVDメディア(DVD−RAM,DVD−RW,DVD−R)を、用途に合わせて使い分けることができる「RD−XS31」を商品化し、7月中旬から発売します。

 新製品は、当社独自開発のDVDマルチドライブを搭載しており、番組録画や保存版作成に優れたDVD−RAM(DVD−VRモード)、オリジナル作品の配布用途に便利なDVD−R(DVDビデオモード)、DVD−Rの試し焼きに便利なDVD−RW(DVDビデオモード)といった3種類のメディアの記録/再生に対応しています*2。記録型DVDメディアを目的に合わせて選択することが可能で、より効率的にDVD録画を楽しむことができます。

 また、外出先からのパソコンや携帯電話によるメール録画予約、インターネットテレビ番組表(iEPG)のサイトを利用した録画予約、パソコンからの文字入力や本体の操作などを可能にする便利で使いやすい「ネットdeナビ」機能を搭載しているほか、HDDは大容量80GBを搭載しており、HDDに最大約104時間*3の長時間録画が可能です。

*1 2003年6月16日現在、HDD&DVDビデオレコーダー市場において。
*2 DVD−RW、DVD−Rへは直接録画することはできません。HDDからのダビングになります。
DVD−RWへはDVD−VRモードでの録画はできません。DVDビデオモードのみとなります。
*3 画質1.4Mbps、音声DD1時、連続録画は9時間まで

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 2001年4月に当社が世界ではじめて製品化したHDD&DVDビデオレコーダーは、いまやDVDレコーダーの主流となり、VTRに置き換わって、爆発的な普及の兆しを見せています。
 このような中、当社は、HDD&DVDビデオレコーダーの持つ多彩な機能と使い勝手の良さをさらに強化するべく、DVDフォーラムで定められた全ての記録型DVDメディアに対応するDVDマルチドライブを業界に先駆けて搭載した「RD−XS31」を商品化します。
 当社は、新製品の投入によりHDD&DVDビデオレコーダー市場のさらなる拡大とシェアアップを図っていきます。

新製品の主な特長

1. 3種類の記録メディアに対応、DVDマルチドライブの搭載
 DVD−RAM(DVD−VRモード)、DVD−R(DVDビデオモード)、DVD−RW(DVDビデオモード)の記録と、DVD−RAM(DVD−VRモード)、DVD−R(DVDビデオモード)、DVD−RW(DVD−VRモード,ビデオモード)の再生に対応、用途に合わせてDVDメディアを選んで使用できます。
DVD−RW、DVD−Rへは直接録画できません。HDDからのダビングになります。
DVD−RW、DVD−RへはDVD−VRモードでの記録は出来ません。
   
2. PCとの連動により快適操作を実現する「ネットdeナビ」機能
 外出先からのパソコンや携帯電話によるメール録画予約や、インターネットテレビ番組表(iEPG)のサイトを利用した録画予約、パソコンからの文字入力や本体の操作などを可能にする便利で使いやすい「ネットdeナビ」機能を搭載しています。
 新製品では、iEPGによる連続予約の実現や、アップルコンピュータ社のマッキントッシュからの操作も正式にサポートしています(Mac OS Xに対応)。
「ネットdeナビ」機能に関する注意、制限事項はRD-Style from TOSHIBA ホームページをご参照ください。
   
3. 当社製テレビD4000シリーズとの連携で、BSデジタル放送のiEPG連動予約が可能
 LAN端子を搭載した当社製テレビ「D4000シリーズ」と新製品をLAN環境で接続することにより、BSデジタル放送の番組をiEPG連動予約することが可能です。録画実行時には本機よりD4000の電源制御やチャンネル切換などを自動で行ないますので、テレビ側に別途予約をする必要がありません。
iEPGはソニー株式会社が提唱するインターネットでのテレビ番組録画予約方式の名称です。
本機能を使用するために必要なテレビ側の設定、該当するテレビ等の詳細は後日RD-Style from TOSHIBAホームページ(www.rd-style.com)にて情報を公開します。
本機能をお使いいただくには本機と対象テレビがLAN環境で接続されている必要があります。
テレビ側の番組表で予約録画をしても本機側には予約設定されません。また番組情報を引き継ぐこともできません。
テレビには初期出荷状態では同機能を実行するソフトは入っていませんが、2003年6月30日以降衛星放送にてダウンロードされる予定です。同機能を使う場合はテレビの側で7月中旬以降に公開する設定を行う必要があります。
BSデジタルのラジオ放送、データ放送等、テレビ放送以外には対応していません。
   
4. RD−Styleの魅力、多彩なソフトウェア
(1) 録るナビ
 2ヶ月先32番組の録画予約機能やディスクの空き容量が不足していないかを確認できる「残量計算」機能などを搭載しています。液晶リモコンを確認しながらのGコードによる録画予約も可能です。また、画質は38段階、音質は3段階の組み合わせを録画時に選択でき、特に1.4 〜 8.0Mbpsまでどの画質レートとの組み合わせも可能な「リニアPCM音声記録」は音楽番組の録画に適しています。
(2) 見るナビ
 録画された番組はサムネイル表示入りの「タイトル一覧」や「チャプター一覧」で確認できます。「タイトル毎レジューム」機能搭載なので、サムネイルを選択して再生するだけで、それぞれの番組ごとに最後に見ていた場面から、簡単に再生ができます。また、再生中に不要なシーンを飛ばす「ワンタッチスキップ」機能、再生時に見逃したシーンをリプレイする「ワンタッチリプレイ」機能も装備しています。
(3) 編集ナビ
 フレーム単位での詳細設定が可能な「チャプター作成」、タイトルやチャプターを集めたシーン編集も容易な「プレイリスト編集」、サムネイル入りタイトル&チャプターメニューも作成できる「DVD−Video作成」などDVDに残すための豊富な機能を用意しています。
(4) ダビング
 HDD⇔DVD−RAM双方向の「高速ダビング(プレイリストやチャプター単位でも高速ダビング可能)」、複数タイトルをまとめての「一括高速ダビング」、不連続なタイトルのシームレス接続も可能な「レート変換ダビング」、DVD−R→HDDへのダビングも可能な「ラインUダビング」など多彩な機能を取り揃えています。
(5) ライブラリ
 DVD−RAMディスクを本体に挿入せずに、どのディスクにどのビデオクリップやドラマ、スポーツの名場面が入っているかを一覧で確認できます。番組名の一覧は、並べ替えや絞込み検索ができるばかりでなく、その先頭文字からの検索やページのジャンプも可能です。さらに、新たに録画した番組をダビングする際、どのディスクに空き容量があるかを一覧で確認できる「DVD全ディスク番号一覧」など、RDシリーズならではの充実なソフトウェア機能を搭載しています。

お問い合わせ先

新製品についての
お客様からのお問い合わせ先

東芝DVDインフォメーションセンター
TEL 0120(96)3755
携帯電話からは 0570(00)3755
新製品についての機能の詳細 RD-Style from TOSHIBA URL http://www.rd-style.com/


RD-XS31 スペック表(一部仕様変更を反映:7月16日)(30KB/PDFデータ))


  • 本製品に搭載している著作権保護技術はDVDフォーラムで認定されたCPRM (Content Protection for Recordable Media)です。
  • 著作権保護技術の採用により、録画禁止のものは録画できません。録画1回可のものは録画できますが、ダビングはHDDからDVD-RAM方向で、元の内容が削除される「移動」のみ可能です。
  • DVD−R/RW(DVDビデオモード)へは、コピーが禁止または制限されたタイトルやチャプターは、コピー管理システム適用の制限があるため記録できません。
  • ソフトウェアのスペックは原則としてHDD、DVD−RAMを対象として記載しています。
  • ディスクは、データの作りかた、ディスクの状態によって、再生または録画できないものがあります。
  • 本機で録画したDVD−RAMは互換性のないDVDプレーヤー等では再生できません。
  • 本機で作成したDVD−RディスクはDVDビデオ規格に準拠していますが、全てのプレーヤー等(当社・他社含む)での正常な再生については保証していません。再生が可能なDVDプレーヤー(当社製): SD-3500, SD-5500, SD-9500, SD-1900, SD-200J, SD-B200, SD-V200, SD-V250, MED900J
  • DVD−R/RWの作成では、DVD−Video規格の制限により、異なる音声モード、スクィーズ記録されたタイトルの混在は許されません。また、規格の制限により、音多形式が二カ国語を含むタイトルは記録することができません。複数のタイトルを記録すると、プレーヤーによってはスキップ操作ができない場合があります。本機で録画されていないタイトルやチャプターは規格で必要な情報がないため、DVD互換モードを「入」にしてレート変換ダビングしないとDVD−R/RWの作成はできません。DVD−R/RWディスクへは直接録画することは出来ません。DVD−Video作成には、DVD−R for Generalの4.7GBディスクまたはDVD−RWの4.7GBのディスク (Ver1.1) をご利用下さい。
  • 画像圧縮技術であるMPEG2の特性により、特にマニュアルモードの1.4Mbps時は明暗や模様、動きの激しい映像の圧縮には適しておりません。大切なライブラリを保存する場合、最低3Mbps以上、先にあげたような悪条件の場合には6Mbps以上を推奨します。
  • 不連続なタイトルやチャプターの境界はMPEG2の特性により一瞬静止します。
  • 録画・録音したものは個人として楽しむなどのほかは、著作権法上権利者に無断で使用できません。
  • 本機は、従来の家電製品と異なり、複雑なソフトウェアで構成される「デジタルAV」製品です。本機の内部は、DVD−RAM/RW/RドライブとハードディスクドライブはATAPI規格(パーソナルコンピューターで使われている内部接続の規格の一つ)で接続されており、コンピュータのようにOS(基本ソフト)を介して、ハードウェアとソフトウェアが動作しています。したがって、電源を入れてから動作をするまでに時間がかかります。また、録画内容の削除等の操作においても、時間がかかる場合があります。
  • HDDはその部品の特性のため、ご使用状況に応じて次第に消耗し、不自然なブロックノイズの発生回数が増えていきます。消耗がひどくなり、使用に際して支障のある場合には、HDDの交換(有償)が必要となります。
  • ドルビー、ドルビー・デジタルは、ドルビーラボラトリーズライセンシングコーポレーションの商標です。
  • DTSはデジタル・シアター・システムズ社の登録商標です。
  • スペシャライザーN−2−2デジタルバーチャルサラウンドシステムは、デスパー・プロダクツ・インコーポレイテッドからの実施権に基づき製造されています。SPATIALIZER及びシンボルマークはデスパー・プロダクツ・インコーポレイテッドの登録商標です。
  • G−CODEは、ジェムスター社のライセンスに基づいて生産しています。
  • Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国及び他の諸国における登録商標です。
  • Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
  • Apple、Mac、Macintosh は米国 Apple Computer, Inc. の商標または登録商標です。
  • その他すべてのブランド名または製品名はそれらの所有者の商標もしくは登録商標です。
  • 商品の仕様・外観は予告なく変更する場合があります。

[商品仕様・概観について]

  • ソフトウェアのスペックは原則として HDD 、DVD-RAM を対象として記載しており、DVD-R,DVD-RWなど他の記録メディアでは機能は制限されます。
  • 商品の仕様・外観は改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 商品の色は画面の具合で実物と若干異なる場合があります。

[著作権保護技術について]

  • 本機には合衆国特許権と知的所有権上保障された著作権保護技術 (マクロビジョン方式) を搭載しています。
  • 本機に搭載された著作権保護技術は DVD フォーラムで認定された CPRM (Content Protection for Recordable Media)です。
  • 著作権保護技術の採用により、録画禁止のものは録画できません。録画1回可のものは録画できますが、ダビングは HDD から DVD-RAM 方向で、元の内容が削除される「移動」のみ可能です。
  • DVD-R,DVD-RW へは、コピーが禁止または制限されたタイトルやチャプターは、コピー管理システム適用の制限があるため記録できません。
  • 市販されている DVDビデオディスクの内容を複製しても、コピー防止機能により、複製した画像は乱れます。
  • 個人で録画、録音したものは、個人として楽しむなどのほかは著作権法上、権利者に無断で、複製、放送、上映、有線放送、公開演奏、レンタル(有償、無償を問わず)することは法律により禁止されています。この商品の価格には、著作権法の定めにより私的録画補償金が含まれております。
  • 本機は著作権保護技術を搭載しているため、DVD-RAMの「このディスクは、1回コピーが許可された映像の記録にも対応しています。」等の表示がされたディスクを使用すれば、1度だけコピーが許可された映像の録画も可能です。また「ライブラリ機能」をご利用になるには、ディスクを一枚ずつ管理するために、同様な表記のあるDVD-RAMディスクが必要となります。

[取り扱いディスクについて]

  • 本機で再生可能なディスクは、DVD-Video LogoマークのついたDVDビデオディスクとDVD-RAM 4.7GB LogoマークのついたDVD-RAMディスク、DVD-R 4.7GB Logoマークのついた DVD-R ディスク、DVD-RW LogoマークのついたDVD-RWディスク、Compact Disc Digital Video LogoマークのついたビデオCD ディスク、Compact Disc Digital Audio Logoマークのついた音楽用 CD ディスク、および CD-DA フォーマットの CD-R/CD-RW ディスクのみです。
  • ディスクによっては、対応マークが付いていても、データの作りかた、ディスクの状態によって、再生または録画できないものがあります。
  • DVD-RAM の記録方式は、業界標準の DVD VR (Video Recording) 規格に準拠しています。
  • 本機で録画した DVD-RAM ディスクは互換性のない DVD プレーヤー等では再生できません。
  • 本機は PBC (Playback Control) 付きビデオCD (ヴァージョン2.0) に対応しています。
  • このレコーダーのプレーヤー機能部分のリージョン番号 (再生可能地域番号) は「2」です。ディスクに再生限定地域を表わすリージョン番号が表示されている場合には、そのリージョン番号の中に「2」が含まれていないと、本機では再生できません。
  • 本機は NTSC テレビに適合したレコーダーです。他のテレビ映像方式 (PAL、SECAM) 表示のディスクは使用できません。
  • DVDビデオディスクでも正式な販売地域以外のディスクや業務用ディスクの中には、本機での再生が禁止されているものもあります。正式な販売地域以外のディスクは再生できません。
  • 上記以外で再生できない場合は、東芝家電修理ご相談センター「0120-1048-41」までご相談ください。

[放送方式について]

  • 本機は NTSC テレビに適合したレコーダーです。他のテレビ方式 (PAL、SECAM) による録画や、表示のディスクには使用できません。
  • 本機は MUSE-NTSC コンバータは内蔵しておりませんので、内蔵チューナーによるアナログBSハイビジョンの受信および録画はできません。また、外部機器の接続によるハイビジョン品質での録画はできません。

[DVD-R 作成について]

  • 本機で作成した DVD-Rディスクは DVDビデオ規格に準拠していますが、全てのプレーヤー等(当社・他社含む)での正常な再生については保証していません。再生が可能なDVDプレーヤー(当社製): SD-3500, SD-5500, SD-9500, SD-1900
  • DVD-RへのDVDビデオ作成では、DVDビデオ規格の制限により、異なる音声モード、スクィーズ記録されたタイトルの混在は許されません。また、規格の制限により、音多形式が二カ国語を含むタイトルは記録することができません。複数のタイトルを記録すると、プレーヤーによってはスキップ操作ができない場合があります。本機で録画されていないタイトルやチャプターは規格で必要な情報がないため、DVD互換モードでレート変換ダビングしないと DVD-RへのDVDビデオ作成はできません。DVD-R ディスクへは直接録画することは出来ません。

[DVD-RW 作成について]

  • 本機で作成した DVD-RWディスクは DVDビデオ規格に準拠していますが、全てのプレーヤー等(当社・他社含む)での正常な再生については保証していません。
  • DVD-RWへのDVDビデオ作成では、DVDビデオ規格の制限により、異なる音声モード、スクィーズ記録されたタイトルの混在は許されません。また、規格の制限により、音多形式が二カ国語を含むタイトルは記録することができません。複数のタイトルを記録すると、プレーヤーによってはスキップ操作ができない場合があります。本機で録画されていないタイトルやチャプターは規格で必要な情報がないため、DVD-R 互換モードでレート変換ダビングしないと DVD-RWへのDVDビデオ作成はできません。また、DVD-RWディスクへは直接録画することは出来ません。

[デジタルAV機器について]

  • 本機は、従来の家電製品と異なり、複雑なソフトウエアで構成される「デジタル AV」製品です。本機の内部は、 DVD-RAM/R/RW ドライブとハードディスクドライブ (以下HDD) は ATAPI 規格 (パソコンで使われている内部接続の規格の一つ) で接続されており、コンピューターのように OS (基本ソフト) を介して、ハードウエアとソフトウエアが動作しています。したがって、電源を入れてから動作をするまでに時間がかかります。また、録画内容の削除等の操作においても、時間がかかる場合があります。
  • HDD はその部品の特性のため、ご使用状況に応じて次第に消耗し、不自然なブロックノイズの発生回数が増えていきます。消耗がひどくなり、使用に際して支障のある場合には、HDD の交換(有償)が必要となります。
  • 万一、何らかの不具合が発生した場合でも、録画・編集ができなかった内容の補償、録画・編集されたデータの損失、およびこれらに関わるその他の直接・間接の損害につきましては、当社は責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。(以下のような場合も含まれます。本機で録画した DVDディスクを他社の DVDレコーダーやパソコンの DVDドライブにて動作(挿入、再生、録画、編集等。以下同様)させた場合。前述の動作を行なった DVDディスクを、再び本機で動作させた場合。他社の DVDレコーダーやパソコンの DVDドライブで記録したDVDディスクを本機で動作させた場合。
  • 内蔵HDDに故障などのトラブルが発生した場合、HDDに記録されている録画内容が消失してしまう恐れがあります。HDDは一時録画または作業用としてのスペースであり、二度と録画機会がないような大切な映像は、速やかにDVD-RAMにダビングして保存しておくことをおすすめします。

[商標、ライセンスについて]

  • ドルビー、ドルビー・デジタルは、ドルビーラボラトリーズライセンシングコーポレーションの商標です。
  • DTS はデジタル・シアター・システムズ社の登録商標です。
  • スペシャライザーN−2−2デジタルバーチャルサラウンドシステムは、デスパー・プロダクツ・インコーポレイテッドからの実施権に基づき製造されています。SPATIALIZER及びシンボルマークはデスパー・プロダクツ・インコーポレイテッドの登録商標です。 
  • G-CODE は、ジェムスター社のライセンスに基づいて生産しています。
  • Windows(R) は、米国 Microsoft Corporation の米国及び他の諸国における登録商標です。
  • Windows(R) の正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。

[「ネットdeナビ」機能に関する注意事項]

◎ご購入の前に

 ご購入前に、利用できる推奨環境に該当するか必ずご確認ください。また、設定に際しては、接続の環境に応じてIPアドレスの指定あるいはDHCPによる自動指定などの設定をしていただく必要があります。

◎使用環境について

  • 本機能のすべてをご利用いただく場合は以下の動作環境が必要です。
    1. パソコンとOS(オペレーションシステム):Windows(R) 98SE/Me/2000(SP3)/XP(いずれも日本語版で、Internet Explorer 6.0以降、または、Netscape7.02以降のWebブラウザが必要)、MacOS X 10.2.4 (日本語版でNetscape Navigator 7.02以上、 Internet Explorer 5.2.2 以上のWebブラウザが必要)
    2. LANコネクタ内蔵、または市販品LANコネクタが必要
    3. インターネット常時接続環境(ブロードバンド接続を推奨)
    4. 設置場所からパソコンで受信可能なEメールアカウント
    5. HUB機能を持ったブロードバンドルーター(DHCP機能搭載を推奨) 
  • 上記において、タイトル名などの文字入力、ライブラリの管理、DVD-Video ユーザ・メニューテーマ設定、ネットリモコンの利用だけを行なう場合は、1から2の環境だけで利用可能です。また、iEPG予約をするには、インターネット常時接続である必要はありませんが、本機と接続したパソコン側からモデム等によるインターネット接続ができる環境が必要となります。
  • ご家庭内での配線引回しが困難な場合に、無線LANネットワークで接続するには、別途、ルーター内蔵無線L A Nアクセスポイント(市販品)、および本機とつなぐための無線LANイーサネットアダプタ(市販品)が必要となります。
  • 前述の使用条件にすべて合致していても正常に動作しなかったり、何らかの不具合が発生する可能性があります。
  • 本機の通信機能は、米国電気電子技術協会IEEE802.3に準拠しています。
  • 本機とパソコン間の通信状態によっては、表示が遅くなったり、表示や通信にエラーが発生する場合があります。
  • インターネット接続するには、インターネットプロバイダーとの契約が別途必要となります。また、常時接続するには、ADSLなどによるブロードバンド接続サービス等が必要となります。その際、電話通信事業者およびプロバイダ−との契約費用および通信に使用される通信費用(携帯電話によるメール予約の送受信に掛かる費用も含む)等は、お客様のご負担となります。
  • ADSLでご利用いただくには、ADSLモデム(市販品)が必要です。なお、プロバイダ−指定の回線接続機器に10BASE-Tまたは100BASE-TXのLANポートがない場合は接続できません。また、電話通信事業者およびプロバイダ−が採用している接続方式・契約借款等により、モデムをご利用いただけない場合や同時接続する台数に制限や条件がある場合があります。(接続が1台に制限されている契約では、既にパソコンが接続されていると、本機を2台目として接続することが認められていない場合があります)
  • プロバイダ−によっては、ルーターの使用を禁止あるいは制限している場合があります。詳しくは、ご契約のプロバイダ−にお問合せください。
  • PCメール予約、携帯メール予約の機能をご利用になるには、POP3またはAPOPに対応したご家庭から接続可能なEメールのアカウントが別途必要となります。携帯電話などのメールアドレスのようにご家庭のパソコンからアクセスできないEメールのアカウントはご利用になれません。本機が同ネットワーク経由でのインターネットプロバイダーのメールサーバーにアクセスできるよう、常時接続されている必要があります。なお、本機とプロバイダ−のメールサーバーの接続に際し、パソコンの電源を入れておく必要はありませんが、パソコン側で自動的にインターネットプロバイダーのメールサーバーからメールを受信してサーバー側のメールを受信時に削除されるように設定している場合は、本機側で予約メールを受信する前に予約用メールが消えてしまう場合がありますのでパソコン側の設定の変更が必要となります。
  • ポータルサイトのwebメールはメール予約の設定には使用できません(録画予約完了通知のアドレスには設定できます)。

◎注意事項

  • 本機能は、本機が動作状態の時のみ使用が可能です(電源オフ状態からのメール予約確認機能は除く)。また、本機能で本機側電源を入/ 切することはできません(録画予約機能や終了後電源切るを設定した場合を除く)。
  • 本機能は、パソコン上で録画予約を設定/変更したり、タイトル名/チャプター名/番組情報等のテキスト情報の編集や各種設定の変更、サムネイル表示、DVD-Rメニューの背景データの取込みはできますが、それ以外の情報の取得や変更/追加はできません。
  • 同梱のL A N 用ケーブル(クロスケーブル)は、本機とパソコンを直接接続(ピア・ツー・ピア接続)するためのものです。HUBやルーターなどの機器との接続には、通常のLAN用ケーブル(ストレートケーブル・市販品)が別途必要となります。
  • インターネットプロバイダー側の設定や制限によっては、本機能の一部が使用できない場合があります。
  • 本機とインターネット環境の接続に際しては、基本的にはカテゴリー5と表示された10BASE-T/100BASE-TXのLANケーブルをご使用ください。ただし、接続機器がすべて10BASE-Tの場合はカテゴリー3のケーブルも使用が可能です。
  • セキュリティソフトウエア自体やその設定によっては、本機能の一部が使用できない場合があります。

PDFデータを表示・印刷するためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。右のボタンをクリックして、Reader(Windows, Mac OSに対応:無償提供)をダウンロードしてください。 Acrobat Readerダウンロードページ


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright