東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
北九州工場における開発・評価センターの竣工について

2003年6月20日

 当社は、アナログIC*1、光半導体*2事業の開発体制強化を図るため、北九州工場内に「北九州開発・評価センター」棟の建設をすすめておりましたが、このたび完成し、本日、竣工式を行いました。

 当社では、北九州工場をアナログIC・光半導体の開発・製造をスルーしたハブ拠点と位置付けています。本センターの完成に伴い、横浜・川崎からアナログICのプロセス開発機能の一部を移管し、プロセス開発機能と製造機能を集約することによって、アナログ半導体製品の開発から市場投入までの期間短縮を図り、開発効率の向上をめざします。また、工場内にある光半導体の開発機能も本センターに集結します。

 半導体では、デジタル化が進行し、LSIの高集積化に伴って一つのシステムが1チップ上に搭載されるSoC(システム・オン・チップ)へのニーズが高まっています。一方、SoCのデータ入出力のインターフェイスを担うアナログICの重要性が高まっており、アナログ技術は重要性を増しています。当社はSoCとアナログIC両分野の優位性を維持向上させていくことにより、SoCを核としたソリューションビジネスを推進し、半導体市場におけるさらなる競争力向上を図ります。また、今後さらなる市場拡大が予想される光半導体においても一層の競争力強化を図り、北九州から世界に向けて技術情報を発信していきます。

*1 アナログIC:テレビ、DVD、CDや携帯電話などの民生機器や産業機器など、様々な機器でデータの入出力などでアナログ信号処理を行う半導体
*2 光半導体:自動車用ハイマウントストップランプ、携帯電話液晶表示画面のバックライトなどとして使用されるLEDなどの発光素子や、家電製品、AV機器などでスイッチング素子として用いられるフォトカプラ(電気信号を発光素子で光信号に変換し、受光素子で再び電気信号に戻すスイッチング素子)などの半導体

本センターの概要

建家面積 約2,400m2
延床面積 約7,200m2
着工 2002年11月
竣工 2003年 6月

北九州工場の概要

所在地 北九州市小倉北区下到津1−10−1
設 立 1920年
工場長 谷 敬造
従業員数 1,350名
事業内容 アナログIC・光半導体の開発、製造


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright