東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
診療所向け医事会計一体型電子カルテシステム「TOSMEC DRCORE plus(TM)」の発売

2003年7月15日

受付・診察から会計までの業務を一つのシステムで実現

医事会計一体型電子カルテシステム「TOSMEC DRCORE plus(TM)」

株式会社 東芝
東芝メディカル株式会社

 株式会社東芝は、電子カルテシステムに医事会計ソフトを一体化して搭載することにより、診療所内の受付・診察から医事会計までの業務を、一つのシステムで行うことができる医事会計一体型電子カルテシステム「TOSMEC DRCORE plusTM(トスメックドクターコアプラス)」を商品化し、本日より販売を開始します。

 新製品は、診察室での診療業務に使用される電子カルテシステムと、窓口での受付・会計業務に使用される医事会計システムとを一体化しました。これにより、医師が記入した患者カルテを受付窓口で再入力する作業が不要となり、窓口業務の効率化と入力ミスの低減が図れます。また、窓口で受付を行った患者情報が、自動的に診察室の電子カルテシステムに送られ、過去の診療履歴の参照等が容易に行えます。
 電子カルテシステムと医事会計システムを一つのサーバで共有できるため、設置スペースに制限のある診療所での導入が容易になります。
 機能面では、手書き入力エリアの採用や、当社独自のショートカットボタン*1及びカルテの変更履歴の表示等により、少ないペンタッチ回数での入力や一目で理解し易い画面表示を実現しています。カルテ記録の負担を低減し、入力された診療情報を医事会計システムへ自動的に送ることで、操作時間の短縮と使いやすさを実現しました。

 新製品は、日本国内を対象とし、東芝メディカル株式会社を通じて販売致します。なお、同製品は7月16日から18日まで、東京ビッグサイトで行なわれる「国際モダンホスピタルショウ2003」に出品されます。

*1: 医師が、事前に所見、シェーマ、薬剤処方、病名等をカルテに一括入力できるように、任意に設定が行える機能です。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 電子カルテシステムは、医療の世界にIT技術を導入することにより、医療機関の情報共有化、業務と経営の効率化、医療の質の向上を実現し、患者さんへの診療情報開示(インフォームド・コンセント)を支援するものとして期待されています。また、厚生労働省の「保険医療分野の情報化にむけてのグランドデザイン」*2によると、2006年度に400床以上の病院と診療所の60%以上に導入されることが目標とされています。
 1999年4月にカルテの電子保存が認められて以来、市場も拡大し、今年度は約25億円(当社予測)、今後年率30%の市場成長が期待されています。

 電子カルテの最も期待されている部分は、カルテの電子化による医療情報のデータベース化および診療情報から得られる会計事務の効率化と言われています。その際、医事会計システムは不可欠なものとなります。
 当社は、受付から診察までの電子カルテ診療情報と医事会計業務までをスムーズに行う事ができる診療所向けの省スペース一体型電子カルテシステム「TOSMEC DRCORE plusTM(トスメックドクターコアプラス)」を商品化しました。

*2: 平成13年12月26日 保険医療情報システム検討会にて取りまとめられた。

新製品の主な特長

1. 電子カルテシステムに医事会計ソフトを一体化することで、省スペースで設置が可能となります。
   
2. 窓口で受け付けた患者の情報を診察室の電子カルテに表示すると共に、電子カルテの診療情報を用いて会計業務を行い、院内業務をスムーズに行う事ができます。
   
3. 1台のサーバで受付業務からカルテ入力、会計業務、レセプト発行までを行えるシステムです。
   
4. 一度確定したカルテを変更、修正、削除した場合、カルテ画面上で履歴が表示され、その内容を確認する事ができます。
   
5. 診療録の電子保存の条件(真正性・見読性・保存性の3原則)*3を満たすために、パスワード入力による操作者認証、ハードディスクのミラー化による二重化、DVDドライブによるバックアップを用意しました。
(注意:診療録を電子保存する際には、ユーザによる運用管理が必要です。)
   
6. ショートカットボタン、手書き入力エリアを備える事で、簡単で少ないペンタッチ回数でカルテ入力可能な画面になり、操作時間の短縮と使いやすさを実現しました。
   
7. 参照画像表示と検査結果グラフ表示機能を用い、患者への診療結果の説明(インフォームドコンセント)をより有効に行うことができます。

*3: 平成11年4月22日付、厚生省(当時)健康政策局長、医薬安全局長、保険局長連名の通知「診療録等の電子媒体による保存について」による

新製品の仕様

標準構成仕様

PC本体
 
筐体 マイクロタワー型
CPU intel Pentium4 2.0AGHz
メモリ 1GB
HDD 80GBX2機(RAID)
外部記憶媒体 DVD-RAM 4.7GB
CD-RW
OS Windows(R)2000 Professional
筐体寸法 W181XD389XH363mm
   
液晶ペンタブレット
 
液晶駆動方式 カラーTFT方式
液晶表示サイズ 15型
タブレット読取方式 電磁誘導方式
寸法 W405XD340XH52.5mm(スタンド除く)
   
レーザプリンタ
 
解像度 2400dpi相当X600dpi
寸 法 W373XD383XH310mm

オプション

クライアント端末 (コンパクトディスクトップ型−最大3台接続可能)
MOドライブ装置 (サーバ外付け用)
HD増設用ドライブ装置 (サーバ外付け用)
TFT液晶ディスプレイ
など
 

お問い合わせ先

お客様からの
お問い合わせ先
東芝メディカル株式会社 
システム事業本部トスメック担当
TEL 03(3818)2175


  • この仕様は諸般の事情により、予告なく変更する場合がありますので、ご了承ください。
  • Microsoft Windowsは、米国及びその他の諸国における登録商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright