東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
洗濯乾燥機の発売について

2003年7月15日

ユーザのニーズに対応した「標準」「仕上げ6kg」「温風OFF」乾燥機能を装備

「AW−D853XVP」

 当社は、縦型の洗濯乾燥機として、3つの温度センサーで温度分布をチェックしながら、全ての衣類に温風が行き渡るように洗濯槽の回転を制御するDSI(デジタル・シグナル・インバータ)コントロールを搭載することにより、衣類の乾燥不足や加熱しすぎによる縮みの発生を抑えることのできる「AW−D853XVP」を商品化し、8月21日から発売します。

 新製品は、3つの温度センサーを温風吹出し口・洗濯槽・排気口に配置し、乾燥時に温風の温度差を常にチェックしながら、洗濯機の駆動部であるDDインバータモーターをきめ細かに制御し、洗濯槽の回転や、衣類の攪拌を行います。これにより、全ての衣類にまんべんなく温風が行き渡るため、衣類の乾燥不足や加熱しすぎによる縮みの発生を防ぐことができます。
 また、乾燥だけを行う場合として、乾燥の精度を高めていることによって、生乾きの衣類6kgまでを自動で仕上げることが可能です(「仕上げ6kgコース」)。
 さらに、電気代が気になる方や室内干しの時間を短くしたい方の要望に対応し、化繊系の衣類であればほとんど乾かすことのできる送風運転「温風OFFコース」も搭載しています。
 なお、温風乾燥運転により衣類を除菌*1することもできます。

 新製品は、すばやく洗剤を溶かし、洗剤液を直接衣類に吹きかけるジェットパワー水流に加え、洗濯水位のコントロールとDDインバータによる押し洗い水流によって、洗剤濃度を上げて皮脂汚れをおとす「濃縮ジェットパワー洗浄」を搭載し、当社従来機種に対して約10%*2洗浄力を向上させています。さらに、洗濯槽内の温度センサーにより水温が低い場合は洗濯時間を延長することなどにより洗浄力を補正し、水温低下により洗浄力が弱まることを防止しています。

*1 乾燥時の温風による衣類の除菌について
*2 当社従来全自動洗濯機「AW−D802VP」と新製品「AW―D853XVP」との比較による

新製品の概要

新製品の概要

開発の背景と狙い

 洗濯乾燥機は洗濯から乾燥まで一気にできるため、家事労働を大幅に軽減する利点があることから市場が急速に拡大し、2003年度は約70万台まで伸びると予測しています。この洗濯乾燥機には、現在、本格的な乾燥を実現するドラム式洗濯乾燥機と、全自動洗濯機と同じ方式で洗濯から乾燥まで一気にできる縦型のタイプが販売されています。
 当社は、既にドラム式洗濯乾燥機を販売しており、毎日乾燥までお使いのユーザを中心に好評を得ていますが、一方で今までの全自動洗濯機と同じ方式で洗濯から乾燥まで一気に使いたいとの要望もあるため、今回、全自動洗濯機と同じ形、同じ洗い方で洗い8kg・乾燥4.5kgの洗濯乾燥機を商品化します。

新製品の主な特長

1.

DSI(デジタル・シグナル・インバータ)コントロール制御による洗いから乾燥までの最適な全自動運転
 3つの温度センサーを温風吹出し口・洗濯槽・排気口に配置し、乾燥時の温風の分布を常にチェックしながら、洗濯機の駆動部であるDDインバータモーターをきめ細かく動かすDSIコントロール制御を採用し、乾燥時の衣類の攪拌や洗濯槽の回転をおこなっています。これにより、衣類の一部のみに温風があたるのを防ぎ、全体にまんべんなく温風が行き渡るため、衣類の乾燥不足や加熱しすぎによる縮みを抑えた乾燥ができます。また、衣類の除菌をすることもできます。

DSIコントロール制御

*乾燥時の温風による衣類の除菌について
乾燥時の温風による衣類の除菌について

   
2. 業界初「仕上げ6kg乾燥コース」
 「乾ききらなかった衣類をまとめて乾燥したい」「シーツなどの大物衣類が乾ききらなかった場合は干す場所がない」といった声に対応し、6kg容量の生乾きの衣類であればまとめて仕上げ乾燥ができる「仕上げ6kg乾燥コース」を採用しました。
 また、仕上げ乾燥をするときに今までできなかったオートストップも可能となりました。
2003年7月15日現在 洗濯乾燥機において
   
3. 「温風OFFコース」
 電気代を抑えたい時、衣類の室内干しする時間を短くしたい場合などは、ヒーターをオフにして運転する「送風乾燥」を利用することにより、化繊系衣類2kgであればほとんど乾く「温風OFFコース」を採用しました。
   
4. 濃縮ジェットパワー洗浄(温度センサー付き)
 洗濯槽壁面に配置された洗剤ケースに洗剤を入れることにより、洗剤がスムーズに洗濯液内に投入され、さらにパルセーター裏側の大型羽根で洗剤をすばやくとかすことができるため、洗剤の効果を早い段階から発揮できるようになりました。また衣類に直接洗剤液を吹きかけるジェットパワー水流で、衣類への洗剤液の浸透力を高めるとともに、洗濯の所定水位に達するまでの水位をコントロールすることで、標準洗剤量を増やすことなく、洗剤濃度を上げて運転する、油脂汚れに強い「濃縮ジェットパワー洗浄」機能を搭載し、当社従来機種に対し洗浄力を約10%向上させています。
 また、温度センサーが槽内についており、水温が低い場合などは洗濯時間を延長する等により補正し、水温低下により洗浄力が弱まることを防止しています。
従来の当社全自動洗濯機「AW−D802VP」と新製品「AW−D853XVP」との比較による。
   
5. ダブルクリーンシステム
(1) カビクリーンコース
「カビクリーンコース」の槽乾燥運転を当社従来モデルに対して約半分の約15分とすることにより、運転時の電気代を減らすとともに、手軽に利用できるようになりました。
(2) 槽洗浄コース
槽洗浄コースを搭載しており、塩素系漂白剤を使用することにより、簡単に槽の汚れ(カビや石鹸カス)を除去できます。
従来の当社全自動洗濯機「AW−D802VP」と新製品「AW−D853XVP」との比較による
   
6. 低騒音低振動化設計
 DDインバーターモーター採用による低騒音低振動化設計で、洗い時29dB、脱水時40dBを実現しました。

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様
外形寸法:左から幅(ホース含む)、奥行、高さの順

お問い合わせ先

お客様からの商品についての
お問い合わせ先
家電機器社
リビングソリューション部
TEL 03(3257)6100


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright