東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
クラスタソフトウェア「DNCWARE ClusterPerfect」の「IBM(R) BladeCenter(TM)」連携製品の発売について

2003年7月16日

東芝と日本IBMが自律型コンピューティング協業の成果を商品化

株式会社 東芝
日本アイ・ビー・エム株式会社

 株式会社東芝(本社:東京都港区 代表執行役社長:岡村 正)は、日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:港区 代表取締役社長:大歳 卓麻)と4月に合意したオートノミック・コンピューティング(自律型コンピューティング)における協業の成果として、クラスタソフトウェア「DNCWARE ClusterPerfect(R)」の「IBM(R) eServer BladeCenterTM」連携製品を商品化し、本日から提供を開始します。
 今後、両社は、それぞれの顧客に対して、IBMのブレード・サーバー「IBM BladeCenterTM」と東芝のクラスタソフトウェア「DNCWARE ClusterPerfect(R)」を組み合わせて、オートノミック・コンピューティングを実現するサーバーシステムを販売していきます。

 今回、東芝が商品化するのは「DNCWARE ClusterPerfect(R) EX BladeCenterオプション」と「DNCWARE ClusterPerfect(R) EX for BladeCenterパッケージ」です。新製品を日本IBMのブレード・サーバー「IBM(R) eServer BladeCenterTM」と組み合わせることで、サーバ管理ソフト「IBM Director(R)」が持つシステム監視・分析機能と、新製品が実現する計画・実行機能(ポリシーベースのサービス実行管理機能)により、監視・分析・計画・実行のループを作り、ブレード・サーバーが自ら障害を事前に予測・察知して、対応方法を計画・実行し、システム運用を続行可能にすることができます。
 これにより、システム・ダウンを回避する一連の作業を、人手を介すことなくサーバ自身が行う高レベルのオートノミック・コンピューティングを実現し、運用管理コストの低減を図ることができます。

 IDCによると本年1〜3月期、日本および世界のブレード・サーバー市場において、IBMはシェア1位*1(出荷金額)でした。両社は、東芝のクラスタソフトウェア「DNCWARE ClusterPerfect(R)」と「IBM(R) eServer BladeCenterTM」を組み合わせ、オートノミック・コンピューティングを実現する強力なソリューションとして幅広い顧客に提供し、オートノミック・コンピューティングの普及を促進していきます。

*1 出典はIDC 1Q03 Worldwide Quarterly Server Trackerによります。

新製品の概要

新製品の概要

新製品の主な特長

(1) 障害予測にもとづく自動スイッチオーバー
 「IBM BladeCenterTM」内のブレードに障害がおきる予測されるとき、「DNCWARE ClusterPerfect(R) EX」がそのブレード上で動いているサービスを他のブレードに退避させます。これにより、運用管理者がアクションを起こすことなく、障害を事前回避します。従来のHAシステムでは、障害発生後の対処しかできないのに対し、本機能は障害発生前に対処できるので、サービスへの影響を小さくできます。
   
(2) 予備ブレードを使った自動ブレード代替
 ブレードに障害が起きた/起きそうなときに、「DNCWARE ClusterPerfect(R) EX」が予備ブレードを代替ブレードとして立ち上げ、事前に退避させていたサービスを代替サーバに復帰させます。本機能により、運用管理者がアクションを起こすことなく、ブレードを自動代替できます。

参考資料

東芝 『統合クラスタソフトウェア DNCWARE ClusterPerfect』について
DNCWARE ClusterPerfect」は、ネットワーク接続された複数のサーバを協調連携させることにより、万一サーバシステムに障害が発生した場合にも速やかにサーバを切り替え、業務サービスの継続を可能にするハイアベイラビリティ・クラスタソフトウェアです。「DNCWARE ClusterPerfect EX」は「DNCWARE ClusterPerfect」の上位モデルであり、4ノード以上から成る多ノード向けクラスタソフトウェアです。N対Mバックアップ構成やポリシーベースのサービス実行管理機能をサポートしており、サーバコンソリデーションに最適なクラスタウェアです。
(製品ホームページ:http://clusterperfect.toshiba.co.jp)
   
『IBM(R) eServer BladeCenterTM』、『IBM Director(R)』について
ブレード・サーバーと呼ばれる小型の基板ボード上にCPUやメモリーなどの機能を搭載した高密度サーバー「IBM(R)eServer BladeCenterTM」は、インテルXeonプロセッサーを搭載し、ファイバー・チャネルのサポートによるSAN環境への対応などの拡張性やChipkillメモリーの採用などによる高信頼性の実現など、Web環境だけでなくHPC(ハイ・パフォーマンス・コンピューティング)環境や汎用IAサーバーとしても利用可能な製品です。『IBM Director(R)』は、IBMのIA(インテル・アーキテクチャー)サーバー「xSereiesTM」や「BladeCenterTM」のシステム管理ソフトウェアで、多数のブレード・サーバーを容易に導入・構成・管理が実現します。
(ブレード・サーバーの詳細については、 http://www.ibm.com/jp/gto/par/feature/bladecenter/をご覧ください。)

お問い合わせ先

お客様からの
お問い合わせ先
株式会社 東芝
e-ソリューション社
プラットフォームソリューション事業部
TEL 03(3457)2725


  • DNCWARE ClusterPerfectは、株式会社東芝の商標です。
  • IBM、e-businessロゴ、eServer、BladeCenter、IBM Directorは、IBM Corporationの商標です。
  • その他の社名、製品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright