東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
着脱式書画カメラを搭載したデータプロジェクターの新製品の発売について

2003年7月23日

東芝データプロジェクター「TLP−T71M」
 
東芝データプロジェクター「TLP−T71M」

 当社は、データプロジェクターの新製品として手書き資料や商品サンプルなどの立体物をプロジェクターの近くや離れた場所で投写することができる着脱式書画カメラを搭載した「TLP−T71M」など6モデルを商品化し、8月中旬から順次発売します。

 新製品の「TLP−T71M」は2.8kgのコンパクトサイズながら、2,000ルーメンの高輝度を実現しています。また、書画カメラを搭載しているため、商談などのビジネスの場において、手書き資料や商品サンプルなどの立体物を投写することができます。さらに、書画カメラは着脱できるため、専用ケーブルで接続して、プロジェクター本体から離れた場所で投写することができます。 
 書画カメラには手元を写す場合と広い範囲を写す場合の切り替え操作により、写したい対象物をすばやく捉えることができる「パンフォーカス機能」を搭載しているため、面倒なピント合わせが不要です。

 今回、当社は輝度や解像度などの仕様が異なる「TLP−T61M」、「TLP−S41」や書画カメラを搭載しない「TLP−T70M」といった6モデルのラインアップを取り揃えることにより、多様なユーザーニーズに応え、売上拡大を目指していきます。

新製品の概要

新製品の概要
TLP-T70M,TLP-T60M,TLP-S40には書画カメラは搭載しておりません。

商品化の背景とねらい

 データプロジェクターの国内市場は、2003年から2005年までの間に約1.5倍の市場拡大が見込まれており、その内7割が重さ3kg以下のマイクロポータブルタイプになると予想されています。
 一方、商談などビジネスの場や学校などの文教市場において、プレゼンテーションを効率よく実施するために、パソコンに接続してデータを映し出すだけではなく、立体物や書籍の中の文書もプロジェクターで映し出したいというニーズが増えてきています。
 当社は、こうしたニーズに応え、着脱式書画カメラを搭載した新製品「TLP−T71M」などを商品化することで、さらなるプロジェクター市場の拡大を図っていきます。
 また、多様なユーザーニーズに応えるために書画カメラを搭載しない「TLP−T70M」などのラインアップを取り揃え、売上拡大と市場でのシェアアップを目指します。

新製品の主な特長

1. 着脱式書画カメラの搭載(TLP-T71M,TLP-T61M,TLP-S41)
 本体側面の折りたたみアームの先端部に装備しているCCDカメラ(書画カメラ)で捕らえた映像を直接プロジェクターから投写できるため、OHP感覚での使用、会議や発表の場で試作品を大画面に投写するなど、分かりやすい説明が可能になります。
 更に着脱も可能で、付属の専用ケーブルを使って、プロジェクター本体から離れた場所で、手元にある資料や立体物などをそのまま投写することができ、多様なプレゼンテーションが可能となります。
   
2. パンフォーカス機能搭載(TLP-T71M,TLP-T61M,TLP-S41)
 書画カメラには、「パンフォーカス機能」を搭載しており、手元を写す時は「NEAR」を、遠景などの広い範囲を写す時は「FAR」に切り替えを行なうだけで、写したい対象物をすばやく捉えることができ、面倒なピント合わせが不要となります。また、高画質処理技術により(最高30フレーム/秒)スムーズな動画の撮影を実現しました。
   
3. 静音設計(TLP-T60M、TLP-T61M、TLP-S40、TLP-S41)
 ランプ切り替えモード採用により、33db(ローモード)の静音を実現しています。
   
4. 短焦点レンズ搭載(TLP-T60M、TLP-T61M、TLP-S40、TLP-S41)
 スクリーンから3.3mの位置で100インチ(幅約2m)の短焦点距離を実現。投写に必要なスペースを削減でき、小さな会議室でのプレゼンテーションや授業での使用に最適です。
   
5. 多彩な入力端子を搭載
 RGB入力端子を1系統、ビデオ入力端子を2系統、音声入力端子を1系統搭載。
 プロジェクターで投写している画像の別モニターへの出力も可能です。
   
6. レーザーポインター付マウスリモコンを同梱(TLP-T70M、TLP-T71M、TLP-T60M、TLP-T61M)
 レーザーポインター付マウスリモコンを同梱していますので、プレゼンテーション時のパソコン操作もリモコンで簡単に行なえます。
   
7. 自動設定(オートセット)入力
 「オートセットアップボタン」を押すだけで、入力の種類に応じて必要な調整を簡単に行うことができます。画像のちらつき、にじみ、表示位置のずれなどが自動的に補正され、最適な状態に設定することが出来ます。
   
8. 自動台形歪み補正回路(オートキーストン)
 「キーストンボタン」を押せば、設置角度を変えて投写した時に生じる台形歪みを角度センサーが感知し自動的に補正します。
   
9. デジタルズーム対応
 設置状態などで光学ズームで対応できない場合などは、本体操作ボタンまたはリモコン操作によるデジタルズームで画面全体の縮小・拡大も可能です。(100%〜80%)
   
10. リサイズ機能
 映像の一部分を拡大表示することが可能です。
 拡大部分を任意の位置に移動することもできます。

製品の主な仕様

新製品の主な仕様
明るさは当社が測定した本製品の代表的な値です。
型名の(J)は日本国内識別記号です。本体に識別記号は記載されておりません。
仕様については予告なく変更する場合がございます。

お問い合わせ先

お客様からの商品に関する
お問い合わせ先
映像システム事業部 
プロジェクション・ディスプレイ部
TEL 03(3457)8428


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright