東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
世界初の2段式集積部を採用した新型郵便物区分機をスウェーデン郵政公社より受注

2003年8月4日

欧州市場を中心に海外向け事業を強化

新型郵便物区分機

 当社は、スウェーデン郵政公社より、2段式集積部を採用して操作性を向上させた新型郵便物区分機8台を受注しました。受注金額は1億スウェーデンクローネ(約14億円)で、2004年6月から順次据え付けが開始されます。
 今回の受注を機に、当社は欧州を中心とした海外市場において、郵便物区分機を含む郵便物自動処理機の事業強化を図っていきます。

 受注した製品は、OCR技術を採用した当社郵便物区分機TT-1000シリーズの新製品です。本製品は、郵便物の住所を正確に読み取るためアルファベット筆記体認識機能や複数のアルゴリズムを組み合せた認識方式を搭載し、読み取り精度の向上を実現しています。
 また、製品設計段階で負荷分析シミュレーションを実施し、区分処理された郵便物の集積部分を2段式とすることで、操作者が楽な体勢で作業をすることを可能とし、作業効率の向上を図っています。郵便事業者向けに納入される製品としては、本製品が世界で初めて2段式集積部を採用した郵便物区分機となります。

 欧州連合(EU)諸国では郵便事業への民間参入が進んでおり、各国の郵便事業者は効率化の追求によるコスト削減の見地から、郵便物区分機等の新システムの導入を積極的に進めています。当社は、海外市場において、これまで10カ国にわたる郵便物自動処理機の納入実績を持ちますが、海外市場では欧州企業を中心としたメーカーが高いシェアを占めていました。
 当社は、日本国内において長年にわたり培った技術力と実績を活かし、また、海外の当社現地法人を販売・サービスチャネルとして活用しながら、今回の受注を機に欧州を中心とした海外市場での郵便物自動処理機の事業強化を図っていきます。2005年度には、海外事業での売上規模40億円を目指します。

*: Optical Character Recognition/光学式文字認識

本製品の特長

1. 区分処理後の郵便物の集積部に2段式を採用
 省スペースと操作者への負荷低減、作業効率の向上を達成するため、集積部を2段式に配置することへの要求が、世界的な潮流になりつつあります。本製品は、いち早くこの機構を実現しました。
   
2. 作業環境への配慮と人間工学に基づく設計により、操作者の作業負荷を低減
 騒音を低減(当社比、約5dB減)するとともに、郵便物の供給・抜き取り動作の負荷分析シミュレーションの結果を反映させた設計の採用により、操作者の作業負荷低減を図っています。
   
3. アルファベット筆記体認識機能等による読み取り精度の向上
 従来の方式は1文字づつ分離して認識する方式でしたが、この方式に追加して文字を1文字づつ分離しないで単語をひとかたまりとして認識する方式を組み合わせて認識精度向上をはかっています。

本製品の主な仕様

処理対象郵便物
長さ  135mm〜250mm
 85mm〜170mm
厚さ  0.15mm〜6mm
処理能力 36、000通/時
読取率
印刷活字  90%以上
手書き  50%以上
区分数 304口
騒 音 67dB(操作者の場所で)
外形寸法
7m X 37m X 1.7m
(幅)   (長さ)   (高さ)

お問い合わせ先

製品に関するお問い合わせ先 社会ネットワークインフラ社
システムコンポーネンツ事業部  
自動機器システム営業部
TEL 03(3457)2728


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright