東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
サイクロン方式のクリーナーの新製品発売について

2003年8月20日

サイクロン方式として業界トップクラスの吸込仕事率560Wを実現

サイクロンクリーナー「VC−R14C」

 当社は、クリーナーの新製品として、ダストカップの構造を見直し、サイクロン方式で業界トップクラスの吸込仕事率560W*1を実現した「VC−R14C」など2機種を9月1日から順次発売します。

 新製品は、従来機種に比べモーター部分へより多量の空気をスムーズに流せるように、ダストカップ内の空気の流れの構造を見直し、サイクロン機種で業界トップクラスの吸込仕事率560Wを実現しました。
 クリーナーヘッドには、回転ブラシ用に従来比約3倍のパワーの強力モーターを搭載*2しているので、摩擦力の強いじゅうたん上でからみついた毛ごみをかきだす性能を向上させています。また、DSP(デジタル・シグナル・プロセッサ)制御機能を搭載*3しており、ブラシと床面の摩擦力をすばやく検知して、ブラシの回転数を自動制御します。これによって、摩擦力の弱いフローリングの上ではブラシを高速回転させるので、目地まで効率よくしっかりと磨けます。
 ヘッドは分解できるため、水洗い可能で、清潔さを保てます。また、回転ブラシには光触媒加工をしており、ヘッド上部のスケルトン部分から光を取り入れることで常に抗菌されます。さらに、抗菌機能を強化するために、吸着した菌やカビの胞子の繁殖を抑える酵素フィルターを採用するとともに、ダストカップの材料には銀イオンを添加したものを用いています。

*1 2003年8月20日現在
*2 当社従来機種 VC−R12Cと比較(入力電力)
*3 VC−R14Cのみ

新製品の概要

新製品の概要

開発の背景と狙い

 クリーナー市場は年間560万台の規模で安定的に推移しており、2003年度も同水準で推移するものと推測されます。その中で、紙パックを使わないサイクロン方式のクリーナーは急速に伸長しており、2002年度はクリーナー全体の約30%、2003年度は約40%程度の構成比になるものと予測されています。
 サイクロンクリーナーのユーザーニーズとしては、吸込み力の強さや排気の清潔さがあげられます。こうしたことから、当社では、より高い吸込み力を実現するとともに、床ブラシの機能を向上し、また掃除の際に付着した菌の繁殖を抑制するカップやフィルターを備え清潔さを向上させた新製品を商品化するものです。

新製品の主な特徴

1.

新「エアロサイクロン」方式でさらなるパワーと持続力を実現
 エアロサイクロン方式では、集塵室までの導入管の一部を網状にし、塵やほこりなどの微細なごみは網を抜けて直進気流に乗って、ポリエステルフィルターで空気と分離します。大きなごみは、集塵室で旋回し、空気と遠心分離させます。今回は、導入管から集塵室まで空気がより直線的に流れるようにダストカップの構造を変更しました。また、大きなごみと微細なごみを分離させる集塵室内に、従来比約2.5倍の面積のネットフィルターを設置しました。これらにより、モーター部分へ多量の空気をスムーズに流入させることができ、サイクロン機種で業界トップクラスの吸込仕事率560Wを実現しました。
 また、細塵を吸着するフィルターとコードリールとが連動した自動塵落とし機構により、ポリエステルフィルターの清掃頻度は年2〜3回ですみます。(標準的家庭での試算)

自動塵落とし機構
   
2. クリーナーヘッドにDSP制御機能を搭載 (VC−R14C)
 ヘッドからの信号に連動して、高速制御を行うDSP制御機能を搭載。床面(じゅうたん、フローリング等)の摩擦力を検知し、回転数を自動でコントロールします。特に摩擦力が弱いフローリング上では回転数を毎分約6000回転まで上げて、磨き効果を実現しています。
ワックスがけのような効果はありません
   
3. クリーナーヘッド部の回転ブラシ用に強力モーターを搭載
 従来比約3倍のパワーの強力モーターを採用、数種類のブレードを力強く回転させ、ゴミをかき取る性能を向上しています。摩擦力が強いじゅうたんの上でも、ブラシを深くもぐりこませ、からみついたごみをかきだします。
   
4. ヘッドもダストカップもフィルターも清潔
 ヘッド部の回転ブラシには、光触媒ブラシを採用。ヘッド上部がスケルトン構造のため、日光にあたる場所に置いておくだけで、お掃除の際に付着した菌やカビの胞子を分解できます。
 また、ヘッドを分解して丸洗いでき、清潔さを保てます。回転ブラシも水洗いできます。(モーター他電装部品組込み部を除く)
 抗菌機能を強化のために、吸着した菌、カビの胞子の繁殖を抑える酵素フィルターを新たに採用するとともに、ダストカップの材料には銀イオンを添加したものを用いています。消臭用には、従来から竹炭と光触媒を用いたフィルターを採用しています。
   
5. その他の特長
本体ボディには傷がつきにくいUVコートを採用
3段伸縮できるすき間ノズルを付属(VC−R14C)
壁際まで届く回転ブラシによる「前取りかき出し機能」ですき間ノズルへの付替不要
ワンタッチ式ごみ捨て機能を採用

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様
*1 吸込仕事率とはJIS規格に定められている吸込力の目安で、最大(〜最小値)を表示しています。使用時の吸塵力は吸込仕事率以外に吸込み具の種類、ごみのたまり具合や床材の違いなどによって異なります。お掃除の際は、ふさわしいポジションをお選びください。
*2 「運転音」の測定法は、JIS C9108によるものです。

お問い合わせ先

お客様からの新製品に関する
お問い合わせ先
家電機器社 
クリーンソリューション部
TEL 03(3257)5864


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright