東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
普及モデルのデータプロジェクター新製品の発売について

2003年8月20日

東芝データプロジェクター「TLP−S10(J)」

 当社は、データプロジェクターの新製品として、1,200ルーメンの高輝度、自動設定入力、台形歪み補正回路といった基本仕様を2.2kgのコンパクトな筐体に搭載した普及モデル「TLP−S10」を商品化し、9月22日から発売します。

 新製品は、スタンダードモデルの「TLP−S30」の後継機として商品化しており、データプロジェクターに必要な基本仕様をコンパクトな筐体にまとめることで、初めてプロジェクターを購入するユーザーにとって扱いやすいエントリーモデルに仕上げています。

 当社は、新製品を会議やプレゼンテーションなどのビジネス向けに販売し、新たなユーザーを掘り起こすことで、プロジェクター市場のさらなる拡大とシェアアップを図っていきます。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景とねらい

 データプロジェクターの国内市場は、2003年から2005年までの間に約1.5倍の市場拡大が見込まれており、その内7割が重さ3kg以下のマイクロポータブルタイプになると予想されています。
 このような中、これからプロジェクターを購入すると見込まれるユーザー層においては、高機能のハイエンドモデルだけではなく、購入しやすいエントリーモデルのラインアップを取り揃えて欲しいというニーズが増えてきています。
 今回、当社は、高輝度、自動設定入力、歪み補正回路といったマイクロポータブルタイプに必要な基本仕様のみを搭載した、エントリーモデルを市場に投入することにより、プロジェクター市場のさらなる拡大を図っていきます。

新製品の主な特長

1. 軽量(2.2kg)で、1,200ルーメンの高輝度
 持ち運びやすい2.2kgのコンパクトサイズながら、1,200ルーメンの高輝度を実現しました。
   
2. 静音設計
 ランプ切り替えモード採用により、32dB(ローモード)の静音を実現しています。
   
3. 多彩な入力端子を搭載
 RGB入力端子を1系統、ビデオ入力端子を2系統、音声入力端子を1系統搭載しています。
プロジェクターで投写している画像の別モニターへの出力も可能です。
   
4. 自動設定(オートセット)入力
 「オートセットボタン」を押すだけで、入力の種類に応じて必要な調整を簡単に行うことができます。画像のちらつき、にじみ、表示位置のずれなどが自動的に補正され、最適な状態に設定することが出来ます。
   
5. 台形歪み補正回路
 設置角度を変えて投射した時に生じる台形歪みを補正する回路を搭載しています。
   
6. デジタルズーム対応
 本体操作ボタンまたはリモコン操作によるデジタルズームで画面全体の縮小・拡大が可能です。(100%〜80%)
   
7. リサイズ機能
 映像の一部分を拡大表示することが可能です。
 拡大部分を任意の位置に移動することもできます。

製品の主な仕様

新製品の主な仕様
明るさは当社が測定した本製品の代表的な値です。
型名の(J)は日本国内識別記号です。本体に識別記号は記載されておりません。
仕様については予告なく変更する場合がございます。

お問い合わせ先

お客様からの商品に関する
お問い合わせ先
映像システム事業部 
プロジェクション・ディスプレイ部
TEL 03(3457)8428


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright