東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
世界初、スポーツ中継などに利用できる自動追跡カメラ技術の開発について

2003年9月22日

産業用、家庭用の幅広い分野に応用可能

世界初、スポーツ中継などに利用できる自動追跡カメラ技術

 当社は、イメージセンサーの高感度化技術と高速度画像を用いた高精度な動き解析技術により、高速で動く物体をカメラが自動追跡できる技術を開発しました。スポーツ中継でボールや選手を追うカメラなど、産業用、家庭用の幅広い分野に応用できます。
 今回開発したのは、物体の輪郭や模様に着目して動きを認識する技術です。従来は、暗幕のような背景を準備したり、物体に強い照明を当てるなどして物体を見分けやすくしないと動きをとらえられませんでしたが、今回、世界で初めて、背景に関係なく高速な動きにも対応できる技術を実現しました。

 これまで、自動追跡技術においては、高速で動く物体をとらえるためイメージセンサーの画像取り込みスピードを高めると、光量が不足して感度が低下してしまう問題がありました。
 新技術では、イメージセンサーで取り込んだ画像をフィルター処理によって明るく変換することにより、背景の条件などに関係なく物体の動きを追跡することが可能です。
 また、画像の取り込みのスピードを1秒間に1000回と高速化し、独自に開発した高精度な動き検出技術により、例えばカメラから15mの距離であれば時速100km程度の速さで移動する物体をとらえることができます。

 新技術は、例えば、家庭用のロボットやビデオカメラに自動追跡機能を持たせたり、人間の手の動きで家電を操作するリモコンシステムとして用いるなど、幅広い用途に応用できます。
 当社では、新技術の実用化に向け、複雑な動きの中でも物体を見分けられるようにするなど、さらに技術の改善を進め、2006年頃までに高速動画像処理LSIとして製品化する計画です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright