東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
光ディスク装置事業に関する事業の統合について

2003年9月22日

株式会社 東芝
サムスン電子株式会社

 株式会社 東芝(取締役 代表執行役社長:岡村 正)とサムスン電子株式会社(代表取締役副会長 尹鍾龍(ユン・ジョンヨン))は、両社の光ディスク装置事業を統合することで基本合意しました。 
 今後、両社にて事業統合における詳細検討をおこない、日本に統合新会社を、韓国に新会社の事業子会社を設立する計画です。

 統合新会社(出資比率 東芝:51% サムスン電子:49% 東芝連結子会社)は、パソコンなどコンピューター機器用のCD−ROMドライブやDVD−ROMドライブなどの光ディスク装置の事業企画、商品企画、製品開発、資材調達、営業などを担当します。また、統合新会社は韓国に同国内の事業運営を統括する事業子会社(出資比率 統合新会社 100%)を設立します。
 事業統合により統合新会社は全体として売上高2,000億円を超える世界でトップクラスの事業規模を持つ光ディスク装置専業会社となります。

 光ディスク装置事業においては、市場の伸長とともに、ドライブの高速化や超薄型化といった顧客ニーズの多様化や中心製品の変化(DVD記録型への移行)など事業環境が大きく変化してきています。また、市場価格の下落や競合メーカーの提携などにより、企業間の競争が激化してきているため、今後は技術力、価格競争力、製品開発力のあるメーカーのみが生き残る厳しい市場になっていくことが予想されます。
 そのような中、今後、さらに光ディスク装置事業を発展させ、収益源としていくためには、両社の事業を統合することにより、技術力、価格競争力、製品開発力の強化や経営資源の効率化を実現していくことが不可欠であると判断し、今回の基本合意に至ったものです。

 統合新会社は今後、さらなる競争の激化が予想される世界市場で勝ち残る事業推進体制の構築と、事業統合による経営体質の強化や経営資源の効率化を図り、世界的なリーディングカンパニーを目指していきます。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright