東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
デジタルカメラ新製品の発売について

2003年9月30日

コンパクトで使いやすい500万画素モデル「Allegretto(アレグレット)5300」

東芝デジタルスチルカメラ「Allegretto(アレグレット) 5300」

 当社は、本体質量178gのコンパクトなボディに509万画素CCDと光学3倍ズームレンズを搭載するとともに、マニュアル撮影時の設定操作が簡単なサーチダイヤルを本体側面上部に配置することで、高画質と使いやすさを両立したデジタルカメラの新製品「Allegretto 5300(型名:PDR-5300)」を商品化し、10月10日から発売します。

 新製品は、高精細・高画質を実現する有効画素数509万のCCDと、沈胴式光学3倍ズームレンズを、幅93mm、高さ59mm、奥行34mm、本体質量が178gとクラストップレベルの小型軽量ボディに搭載しています。ボディ正面のサイズは名刺とほぼ同じで、ポケットに入れて気軽に持ち歩くことができます。ボディ素材には、キズがつきにくいステンレス鋼板を採用し、堅牢性と高い質感を実現しています。
 また、マニュアル撮影における絞り値、露出補正値、シャッター速度の設定や、再生画像の切り換えを、指先でダイヤルを動かして軽快に行なうことができるサーチダイヤルを搭載し、操作性を向上しています。
 さらに、早送りやコマ送りも可能な音声付動画撮影をはじめ、ベストショットを撮影後に選んで保存することができる最大3枚の連写撮影機能、最長1時間の間隔で撮影する定点観測に便利なインターバル撮影機能といった多彩な撮影機能を搭載しており、デジタルカメラならではの楽しさを実現しています。

 新製品は、携帯に便利なハンドストラップや、SDメモリカード(16MB)、AVケーブル、パソコン接続用USBケーブル、撮った画像をPCへ自動転送する画像管理ソフトなど、必要なアクセサリーを本体に同梱しており、買ったその日から高画素モデルならではの高画質撮影を楽しむことができます。

2003年9月30日現在、500万画素クラスのデジタルスチルカメラとして。(当社調べ)

新製品の概要

新製品の概要

開発の背景と狙い

 デジタルカメラ市場においては、日常のスナップ撮影から本格的な作品作りまで幅広く対応できるコンパクトサイズのカメラのニーズが強く、とりわけ、価格が手頃になってきている500万画素クラスの高画質モデルを求める声が高まりを見せています。
 当社は、こうしたニーズを捉えて、携帯性に優れたコンパクトボディと、高画質撮影を両立するとともに、多彩な撮影機能を搭載したエントリーモデル「Allegretto 5300」を商品化します。

新製品の主な特長

1. 500万画素の高精細・高画質で、最大12倍ズーム撮影
 画像を取り込む撮像素子には、有効画素数509万画素の高密度CCDを搭載しており、忠実な色再現性や、きめ細かな描写を実現し、A3サイズの大判プリントにも対応しています。また、目的に応じて5Mサイズ(2,560X1,920ピクセル)から0.3Mサイズ(640X480ピクセル)まで四つの画像サイズ*1の撮影が可能で、それぞれの解像度においてファイン、ノーマル、ベーシックの三つの画質モード*2を選んで設定できます。さらに、レンズ部には描写力に優れた非球面レンズ2枚を含む5群6枚構成の沈胴式光学3倍ズームレンズ(35mm〜105mm[35mmフィルムカメラ換算値])を搭載し、広角から望遠、望遠から広角、どちらのズームもわずか1秒と、撮りたい構図にすばやく移動でき、シャッターチャンスを逃しません。デジタル4倍ズームと併用すれば、広角から12倍の望遠まで自在なズーム撮影が可能です。
*1 5M(2560X1920)、3M(2048X1536ピクセル)、1.2M(1280X960ピクセル)、0.3M(640X480ピクセル)の記録画素サイズから選択が可能。
*2 付属の16MBのSDメモリカードを使用した場合の撮影可能枚数はファインモードで約6枚、ノーマルモードで約10枚、ベーシックモードで約20枚です(5Mサイズの場合)。別売品の256MBのSDメモリーカード使用時では、ファインモードで約105枚、ノーマルモードで約177枚、ベーシックモードで約331枚(5Mサイズの場合)。但し、被写体や撮影条件、カードメーカーなどにより保存できる撮影枚数は多少の増減があります。
   
2. 携帯性を追求した高品位な軽量・コンパクトボディ
 500万画素クラスのデジタルカメラとしてはトップレベルのコンパクトなボディを実現し、本体正面のサイズは名刺と同等(幅93mm、高さ54mm、奥行34mm)で、質量もわずか178gに抑えています。また、ボディ素材には堅牢性に優れた高級感のあるステンレス素材を採用しています。
バッテリー、SDメモリカード含まず。[約204g(バッテリー、SDメモリカード含む)]
   
3. マニュアル撮影を軽快にするサーチダイヤル操作
 本格的なマニュアル撮影時に必要となる、6段階の絞り値や、42種類のシャッター速度、13段階の露出補正値といった詳細な設定を本体側面に設けたサーチダイヤルの操作により、スピーディーに行なうことが可能です。また、再生画像の切り換えもサーチダイヤルで操作可能で、閲覧も容易に行なうことができます。
   
4. オート撮影とマニュアル撮影モードを集約したモードダイヤル操作
 オート、人物、スポーツ、夜景、といった四つのオート撮影モードのほか、絞り優先、シャッター速度優先など多彩な撮影を可能にする四つのマニュアル撮影モード、そして音声付動画撮影モードを加えた9種類の撮影モードの切り換えを本体上面に設けたモードダイヤルに集約しています。メニュー画面からのわずらわしい操作設定をすることなく、すばやくモードを切り換えて撮影することができます。
   
5. 暗い場所でもピントが合わせられるAF(オートフォーカス)補助光機能
 暗い場所での撮影でも、被写体にAF補助光を当てて距離を測定するため、正確なピント合わせが可能です。
有効範囲:約0.3m〜約3.0m
   
6. 多彩な撮影・再生モードを搭載
(1) 最長1時間のインターバル撮影が可能
 植物の開花や天体観測など、一定間隔で撮影したいときに活躍する機能です。
間隔は、1分、3分、10分、1時間から選択
(2) 撮影した画像に最長10秒のボイスメモを入力可能
 撮影した画像(静止画)に最長10秒までの音声を入力するボイスメモ機能を搭載しています。撮影した状況をメモしたり、メッセージを添えた写真を作ったり、楽しみが広がります。
(3) 記念撮影に便利な2段構えのセルフタイマー撮影
 2秒、10秒の設定のほかに、10秒タイマーで撮影した後、さらに撮影準備(SDカードへの書き込みとフラッシュの充電)が完了してから2秒後にもう一度撮影される「10秒+2秒」のセルフタイマー機能を搭載しており、集合撮影など連続して撮影したいときに便利です。
(4) 音声付き長時間動画撮影と充実した再生機能
 動く被写体を音と映像で残す、音声付き動画撮影機能を搭載しています。目的に応じてQVGAサイズ(320X240ピクセル)、QQVGAサイズ(160X120ピクセル)の撮影が可能で、それぞれのサイズでファイン、ノーマル、ベーシックの三つの画質モードを選んで設定できます。QVGAサイズの場合最大1分、QQVGAサイズの場合最大3分の連続動画撮影が可能です。(ベーシックモード時)
記録ファイル:AVI形式(画像はMotion-JPEG)
(5) 撮った画像をすばやくチェックできるズーム&高速スクロール再生
 撮影画像の細かい部分をチェックしたいときに有効なズーム再生機能を搭載しています。方向キーの操作でスムーズに見たいところへ高速にスクロールします。
再生時のズーム倍率は、2倍、4倍。
(6) さらに便利な撮影/再生機能
 オート、人物、スポーツ、夜景の四つのオート撮影モードと、マクロ、無限遠のフォーカス設定の組み合わせで、シャッターを押すだけできれいなデジタル写真撮影が可能です。また、マニュアル撮影モードには、プログラムAE、絞り優先、シャッター速度優先、フルマニュアル撮影、7種類のホワイトバランス設定、+-2.0EV(1/3EVステップ)の露出補正、露出を変えた3枚の連写ができるAEB機能など、被写体の状況に応じた多彩な機能を搭載しています。再生メニューも、スライドショーやプロテクト、9画面サムネイル表示、画像の回転(-90度、+90度)など、多彩な機能を搭載しています。また、表示言語が日本語のほか英語/フランス語/ドイツ語/スペイン語/中国語(簡体字)/中国語(繁体字)の7言語から選択することもできます。
   
7. 必要なアクセサリーに加えて撮影の楽しさを広げる充実した付属品
 SDメモリカード(16MB)、携帯に便利なハンドストラップや、リチウムイオン充電池(1本)、AVケーブル、パソコンと接続する専用USBケーブル、画像管理ソフト「ACDSeeTM」などを付属しており、買ったその日から500万画素モデルならではの高画質撮影を楽しむことができます。
   
8. PCにつなぐだけで撮った画像を自動保存する画像管理ソフト(ACDSeeTM)を付属
 パソコンへの画像取り込みも、付属の専用USBケーブルでパソコンと接続するたけで、撮った画像をPCに自動転送できます。また、はがき、A4サイズ等の用紙に合わせた豊富な出力フォーマットでプリントが楽しめます。
「Windows(R)98/2000/ME/XP」プレインストールパソコン、USB搭載のMacintosh(Mac OS9.0/Mac OSX10.1.3〜10.1.5/10.2/10.3)に対応。但し、すべての機種での動作を保証するものではありません。Macintoshの場合は、画像管理のみに仕様が限定されています。

新製品の主な仕様について
仕様は予告なく一部変更になる場合があります
カメラ部有効画素数 500万画素
撮像素子 509万画素 1/1.8型CCD
レンズ レンズ構成 5群6枚(非球面2枚)
光学ズーム倍率 3倍
開放F値 F2.8 (W) 〜F4.7 (T)
焦点距離(f=mm) 7.2 〜 21.6mm (35mm フィルムカメラ換算値: 35 〜 105mm)
撮影
距離
標準 約 80cm 〜∞(W/T)
マクロ 約 9cm(W)/約 30cm (T)〜∞*1
ズーム 最大12倍(光学3倍 X デジタル4倍)
記録 メディア SD メモリカード(512MB まで対応 *2 、 SD 規格 Ver.1.01)
記録
方式
静止画 JPEG (Exif Ver.2.2)、 DCF 準拠、 DPOF 準拠
動画 AVI 形式(Motion − JPEG)
静止画 記録画素数 2560X1920 、 2048X1536 、 1280X960 、 640X480
動画 記録画素数 320X240 、 160X120
記録時間 最長1分 (320X240 、 BASICモード時) 、最長3分 (160 X 120 、 BASIC モード時)
フレームレート 15 フレーム/秒
ファインダー 実像式光学ズームファインダー(視度調整付き)
液晶モニター 1.5型カラー TFT 液晶(約13万画素) *3
シャッター シャッター方式 電子シャッター、メカニカルシャッター併用
シャッタースピード 1/2秒〜1/1500秒
長時間撮影 最長8秒
フォーカス フォーカス方式 TTLコントラスト検出方式(AF)
フォーカスモード オート、マクロ、1m固定、3m固定、無限遠
静止画 露出モード プログラム、絞り優先、シャッター優先、マニュアル
シーンプログラム オート、人物、スポーツ、夜景
AEB 3枚
フォーカス、露出合わせ シャッター半押し
測光方式 中央部重点平均測光、スポット測光
露出補正 +- 2.0 EV(1/3 EV ステップ)
絞り F2.8〜F6.7自動切替、マニュアル切替可能(6段階)
感度 ISO100 / 200 / 400 / AUTO (ISO100 〜 200 相当)
ホワイトバランス オート、晴天、曇り、蛍光灯1(昼光色)、蛍光灯 2 (昼白色)、白熱灯、プリセット
撮影機能 撮影モード 1 コマ撮影、連写、シーンモード撮影、マニュアル撮影、絞り優先撮影、シャッター速度優先撮影、動画、 AEB 撮影
インターバル撮影 1分、3分、10分、1時間
セルフタイマー 2秒、10秒、10秒+2秒 *4
連写 スピード 2コマ/秒
枚数 3枚
フラッシュ フラッシュ方式 内蔵式画像検出自動調光フラッシュ
発光モード オート、赤目軽減、強制発光、発光禁止
有効範囲 約0.8m〜3.0m
再生機能 静止画 再生方式 1枚再生、スライドショー、サムネイル(9画面)、画像回転(−90度、+90度)
ズーム再生 2倍、4倍
動画 再生 音声付再生、逆再生、2倍速早送り/早戻し再生、4倍速早送り/早戻し再生、一時停止、コマ送り/逆コマ送り再生
ボイスメモ機能 最長10秒(静止画)
表示言語 日本語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語 (簡体字) 、中国語 ( 繁体字 )
入出力端子 DC IN 端子(DC5V)、 AV 出力/ DIGITAL 端子(専用ジャック):NTSC/PAL、 USB (マスストレージクラス)
動作温度 〜+40
外形寸法 (W XX D) 93mm X 59mm X 34mm(突起部含まず)
質量 (本体のみ) 約178g
*1 マクロ撮影範囲:約7.6cmX約10.3cm(ワイド端)、約8.6cmX約11.5cm(テレ端)
*2 すべてのSDメモリカードの動作を保証するものではございません。
*3 液晶モニターは非常に高精度の技術で作られておりますが、微細な斑点が現れることがありますが、故障ではありません ので、そのままお使いください。
*4 10秒後の撮影後、さらに撮影準備(SDカードへの書き込みとフラッシュの充電)が完了してから2秒後にもう一度撮影。

お問い合わせ先

お客様からの商品に関する
お問い合わせ先
モバイルAVサポートセンター TEL 0570(05)7000


  • 本製品で記録された画像ファイルは、電子情報技術産業協会で制定されたデジタルカメラ統一規格「DCF(Design Rule for Camera File system)」に準拠しています。
  • Exif Ver.2.2は、詳細な設定情報などをプリント画質に反映できる規格です。ただし、Exif対応の機器で機能が制限されるものがあります。
  • デジタルカメラで撮影した画像の中からプリントしたい枚数等の指定情報を直接記録メディアに書き込むための規格「DPOF(Digital Print Order Format)」に準拠しています。
  • Windows(R)は、米国Microsoft Corporationの米国その他の国における登録商標または商標です。
  • Macintoshは米国Apple Computer社の商標です。
  • ACDSeeTMは、カナダACD System社の商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright