東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
DVDビデオレコーダー新製品「D-R1」の発売について

2003年10月1日

DVD-RAM/-R/-RWに対応するDVDマルチドライブ搭載モデルを全世界に投入

東芝DVDレコーダー「D-R1」

 当社は、DVDビデオレコーダーのラインアップ強化として、DVD-RAM/-R/-RWの3種類のメディアに対応するDVDマルチドライブを搭載するとともに、録画・再生に多彩で使いやすい機能を搭載した「D-R1」を商品化し、11月1日から発売します。新製品は、当社初のDVD単体ビデオレコーダーとなります。
 当社は、新製品を単体レコーダーの需要が見込まれる北米や欧州にも投入し、DVDレコーダー市場の拡大を図っていきます。また、国内においては、HDD&DVDビデオレコーダー「RDシリーズ」のラインアップを中心に据えつつ、新製品の投入により単体レコーダー需要も取り込むことで、さらなるシェアアップを目指していきます。

 新製品は、DVDマルチドライブを搭載しており、編集や保存に適したDVD-RAM(VRモード)をはじめ、DVDプレーヤーでの再生*1に対応するDVD-R(Videoモード)やDVD-RW(Videoモード)といった3種類のメディアの記録/再生*2が可能で、用途に応じた最適なメディアの選択を可能としています。
 また、DVDビデオを高精細に再現するプログレッシブ再生機能や、最新のMPEG2エンコーダー、3種類のノイズリダクション回路の搭載により、高画質な録画・再生を実現しています。
 さらに、お手持ちのデジタルビデオカメラで撮影した画像をDVDにダビングする際に便利な「DV連動録画」機能を搭載しています。本体前面にあるDV入力端子にデジタルビデオカメラを接続することで、本体の録画や一時停止の操作に連動して、デジタルビデオカメラを自動的に追従させることが可能で、繁雑な操作をすることなく、ダビングを行なうことができます。

 そのほか、新製品には、当社がHDD&DVDビデオレコーダー「RDシリーズ」の開発を通して培ったソフトウェア資産を活かした「録るナビ」、「見るナビ」、DVD-RAMの特性を利用した「追っかけ再生」、「1.5倍速早見早聞」といった多彩な機能の搭載に加えて、操作の手助けをする「クイックメニュー」ボタンを用意するなど、DVDビデオレコーダーならではの便利な機能を使いやすくする工夫を施しています。

*1 本機で録画されたディスクは、互換性のないレコーダー、プレーヤー(当社製品を含む)では再生できません。
*2 DVD-RW、DVD-RへはVRモードでの録画はできません。Videoモードのみとなります。

新製品の概要

新製品の概要

商品化の背景と狙い

 国内におけるDVD機器の市場は、DVDビデオレコーダーの登場とともに、爆発的な需要拡大期に入ろうとしています。レコーダーの種類もニーズに合わせて広がりを見せており、当社が2001年4月に世界で初めて製品化し市場の中心的存在となったHDD&DVDビデオレコーダーや、手軽な操作性が魅力のDVD単体レコーダー、VTRとの複合機など、バラエティに富んだ製品が市場に投入されています。
 今回当社は、HDD&DVDビデオレコーダー「RDシリーズ」で培った技術を活かし、便利で使いやすいDVD単体レコーダー「D-R1」を開発、市場に投入します。DVDビデオレコーダーのラインアップの強化により、市場におけるシェア拡大を目指していきます。

新製品の主な特長

1. 3種類のメディアに対応したDVDマルチドライブを搭載
 搭載するDVDマルチドライブは、DVD-RAM(VRモード)、DVD-R(Videoモード)、DVD-RW(Videoモード)の3種類の記録/再生に対応しており、用途に合わせてDVDメディアを選んで使用できます。カートリッジ付きのDVD-RAMにも対応しています。
DVD-RW、DVD-RへはVideoモードでの記録となります。
   
2. 録画、再生に高画質化技術を投入
(1) 新MPEG2エンコーダーを搭載
 録画の基本となるMPEG2エンコーダー部には、当社HDD&DVDビデオレコーダー「RD-XS41」で初搭載した「RDエンジン」と同等のものを搭載し、録画画質を改善しています。また、録画3D-DNRや簡易TBCなども搭載しており、たまったビデオテープのDVD化などに効果があります。
(2) アダプティブ・リアル・シアター・モード・プログレッシブ回路で高画質再生
 独自のアルゴリズムにより、フラグ検出と動き検出を組み合わせたプログレッシブ変換を行う「アダプティブ・リアル・シアター・モード・プログレッシブ回路」を搭載し、フィルムソースのDVDソフトはもちろん、録画したビデオ映像もより高品位な映像で楽しめます。
(3) 3種類のノイズリダクション回路を搭載
 3D-DNR(3次元デジタルノイズリダクション)、モスキートNR(モスキートノイズリダクション)、ブロックNR(ブロックノイズリダクション)の三つのノイズリダクション回路を搭載し、再生画質の向上をはかっています。
(4) 高画質再生を実現する10bit/54MHz映像DACの搭載
10bit/54MHz映像DACを搭載し、高画質再生を実現しています。
   
3. DV入力端子とDV連動録画機能
 DV入力端子と「DV連動録画」機能により、本機側でデジタルビデオカメラの連動操作が可能。本機の録画や一時停止に連動して、デジタルビデオカメラが自動的に追従します。さらに、「シーンの切れ目」もしくは「日付」の境界で自動的にチャプター分割を行うことも可能で、頭出しや編集を容易にしています。
対応したデジタルビデオカメラが必要です。一部のデジタルビデオカメラとは接続できない場合があります。また、デジタルCSチューナーやBSデジタルチューナー、D-VHSデッキ、DVDプレーヤー、AVアンプに搭載されているi.LINK端子など、やりとりする信号の種類が「D-R1」のDV端子(DVC-SD信号)と異なるものとは互いに接続して録画/再生することはできません。
   
4. DVD-R/-RW(Videoモード)録画も充実
 一般のDVDプレーヤーやDVDビデオ再生対応のゲーム機、カーナビ、パソコンなどとの再生互換性の高いDVD-R/-RWのVideoモード録画も充実させています。
(1) DVD-R/-RWの追記やDVD-RWのファイナライズ解除に対応
 DVD-R/-RWには追記が可能です。また、DVD-RWではファイナライズ解除も可能なので、一度ファイナライズして、ほかのDVDプレーヤーで再生した後に解除して追記するといった使い方もできます。また、「見るナビ」での表示にも対応しています。
(2) DVD-Video記録時画面比設定が可能
 録画予約時に録画する番組の画面比を設定することが可能です。デジタル放送などのワイド放送を高画質のスクイーズで記録する場合などに便利です。
   
5. 内容確認に便利な1.5倍速早見早聞機能
 録画された映像や市販DVDソフトの再生時などに、早送りボタンを一度押すだけで1.5倍速の早見早聞視聴することができます。急いで内容を確認したい場合に便利な機能です。
   
6. 時間を有効利用できるタイムシフト機能
 録画を続けながら、その番組を冒頭から再生できる「追っかけ再生」、そのディスクにすでに録画されている別のタイトルが再生できる「録画中別タイトル再生」、視聴中のテレビ放送をワンタッチでポーズやリプレイできる「TVお好み再生」といったタイムシフト機能を、DVD-RAMディスクを使うことで実現しています。
   
7. 使いやすさを追求した多彩なソフトウェア
(1) 録るナビ
 2カ月先32番組の録画予約機能や、ディスクの空き容量が不足していないかを確認できる「残量計算」機能などを搭載しています。また、画質は38段階、音質は3段階の組合せを録画時に選択でき、特に1.4 〜 8.0Mbpsまでどの画質レートとの組合せも可能な「リニアPCM音声記録」は音楽番組の録画に適しています。
(2) 見るナビ
 録画された番組はサムネイル表示入りの「タイトル一覧」や「チャプター一覧」で確認できます。「タイトル毎レジューム」機能によって、サムネイルを選択して再生するだけで、それぞれの番組ごとに最後に見ていた場面から、簡単に再生ができます。また、再生中に不要なシーンを飛ばす「ワンタッチスキップ」機能、再生時に見逃したシーンをリプレイする「ワンタッチリプレイ」機能も装備しています。
(3) ディスク一覧機能
 D-R1で録画してディスク登録したDVD-RAM(最大60枚)のディスク名と空き残量を一覧表示することができます。
(4) ディスク内ダビング機能 
 DVD-RAMに録画済みの番組を、同一ディスク内でダビングすることができます。チャプターをディスク内で別のタイトルにしたり、仮想タイトルであるプレイリストをオリジナルタイトルにすることもできます。

お問い合わせ先

新製品についての
お客様からの
お問い合わせ先
デジタルAV事業部
デジタルAV国内営業部
TEL 03(3257)6025
新製品についての
機能の詳細
東芝DVDホームページ URL http://www3.toshiba.co.jp/dvd/j/index_j.htm
 

D-R1 スペック表 (30KB/PDFデータ))


  • 本製品に搭載している著作権保護技術はDVDフォーラムで認定されたCPRM (Content Protection for Recordable Media)です。
  • 著作権保護技術の採用により、録画禁止のものは録画できません。
  • DVD-R/-RW(DVD-Videoモード)へは、コピーが禁止または制限されたタイトルやチャプターは、コピー管理システム適用の制限があるため記録できません。
  • ソフトウェアの仕様は原則としてDVD-RAMを対象として記載しています。
  • ディスクは、データの作りかた、ディスクの状態によって、再生または録画できないものがあります。
  • 本機で作成したDVD-R/-RWディスクはDVDビデオ規格に準拠していますが、すべてのプレーヤー等(当社・他社含む)での正常な再生については保証していません。DVD-R for Generalの4.7GBディスクまたは4.7GBのDVD-RWディスク (Ver1.1) をご使用ください。
  • 画像圧縮技術であるMPEG2の特性により、特にマニュアルモードの1.4Mbps時は明暗や模様、動きの激しい映像条件では画質が著しく低下します。大切なライブラリを保存する場合、最低3Mbps以上、先にあげたような映像条件の場合には6Mbps以上を推奨します。
  • 不連続なタイトルやチャプターの境界はMPEG2の特性により一瞬静止します。
  • 録画・録音したものは個人として楽しむなどのほかは、著作権法上権利者に無断で使用できません。
  • 本機は、複雑なソフトウェアで構成される「デジタルAV」製品です。本機のDVD-RAM/-RW/-RドライブはATAPI規格(パソコンで使われている内部接続の規格の一つ)で接続されており、パソコンのようにOS(基本ソフト)を介して、ハードウェアとソフトウェアが動作しています。このため電源を入れてから動作をするまでに時間がかかります。また、録画内容の削除等の操作でも、時間がかかる場合があります。
  • ドルビー、ドルビー・デジタルは、ドルビーラボラトリーズライセンシングコーポレーションの商標です。
  • DTSはデジタル・シアター・システムズ社の登録商標です。
  • Qサウンド技術はQサウンド社によって開発されたサラウンド音響技術です。
  • G-CODEは、ジェムスター社のライセンスに基づいて生産しています。
  • その他の社名や製品名は各社の商標または登録商標です。
  • 商品の仕様・外観は予告なく変更する場合があります。

PDFデータを表示・印刷するためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。右のボタンをクリックして、Reader(Windows, Mac OSに対応:無償提供)をダウンロードしてください。 Acrobat Readerダウンロードページ


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright